こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


来年5月に高知で開催される板金大会

正式名称は全国建築板金業者大会です。


金属屋根と建築板金の従事者が一同に集まり

式典を開催します。


主催は全日本板金工業組合連合会でして、

各都道府県に加盟登録している事業者が参加します。


で、今回の第71回は高知県の輪番です。

全国から約3000人もの同業者が

この高知市くろしおアリーナに集結いたします。

IMG_7511

その開催県スタッフの一員として

昨日は会場でセクションリーダーが

運営の事前打ち合わせがありました。



さて、この運営スタッフの打ち合わせですが

毎年行っているとはいえ、数時間の式典に

3000人もの参加者が一斉に入場してきます。


その安全で迅速な参加者の誘導は

念入なシュミレーションが必須です。


それも自分達が想定する数段上のレベルで。


何とかなるろう?なんて絶対にありませんからね!


広告代理店や旅行会社、

イベンターのプロ集団が本部の専属スタッフと共に

プランの確認をしていきますが、

各県の開催場所によりその条件は様々です。


そこで、その道のプロと

地元事情を熟知している我々県内スタッフが

意見を出し合い、最善の方法を見いだしていきます。


自分も要所のセクションリーダーとして

念入りな打ち合わせを行ってきました。


高知と会場事情にあまり詳しくない

県外業者や本部のスタッフさん。


さすがっすね~


打ち合わせがスムーズであうんの呼吸。

何と言いますかねぇ、、、

さすがプロ!って感が半端ないんですよ。


コチラに確認してくるコトも

表層だけでなく、その奥まで突いてきます。


またコチラからの質問にも、う~ん???

なんてありません!

プロ集団と本部スタッフが見事な連携プレーで

即決定!

持ち越し事項があってもスケジューリングから担当まで即決。


このスピード感がなんとも心地い~


やはりプロって、こうじゃなきゃね~と

気合いが入った次第。


では、また明日!


金属屋根への葺き替えで地震に強く
遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。