こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


須崎市の店舗さんから雨漏りのご相談がありました。

PB120205

昨年から雨漏りが度々起こりだし、

その都度修理をしていますが

一向に止まらん!とのことで

オガサに修理の依頼がありましたんですね。

PB120214

室内側の天井もジョイント部分がめくれていて

そのひどい状況が一目で分かります。



年間に3桁数もありませんが、

それに近い数十件の雨漏り調査に出向きます。


何回修理をしても雨漏りが止まらない屋根って

いつもそうですが、、、


最終的に原因が分からないまま、

手当たり次第にシーリングを打ちまくっています。

PB120207

祈るような心境なのでしょうか・・・

数打ちゃ当たる思いでしょうか・・・


関係ないところも

充填しちゃイケないトコも、

関係なく塗りまくり!


もうヤケクソですね。



そんなんで止まるモノですか!



雨漏りしている「結果」があるのならば

その入水箇所、すなわち「原因」が必ずあります。


それを確実に突き止め

そこをツブさないと雨漏りは絶対に止まりません。

単純なことですが・・・


その原因を突き止めるには知識と経験、

そして雨漏りをさせない技術が必要です(ここ重要!)


そうなんです!


パッキンやシーリングに頼らず、

形状や仕組みで雨漏りさせない技術が

結果的に雨漏りを直せる技術なんですね。

PB120210

パパッとシーリングで・・・は、直んないですよ。


雨漏りは。

では、また明日!


金属屋根への葺き替えで地震に強く
遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。