こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

shutterstock_164018978


自分達の屋根板金業界では

建築板金1級技能士という資格がありましてね


先日、平成最後(今、流行)の

技能検定申し込みが終了しました。



この検定、

我らの職種は真夏に行われますので

GWが明けると検定課題の練習がスタートします。


暑くなるそ時期、

日々の現場仕事が終わってから

毎夜毎夜の練習は正直、キツイです。


それでも一端の職人になるためには

その技能検定に合格しなければなりません。



さて、その1級技能検定に

スタッフの一人が

鼻息荒く受検しようとしましてね

申し込んだんですが


なんと!!! 


受験資格が無い




というのも実は、2級技能検定合格後、

一定の年数を経過しなければ

1級の受験資格はないのです。


それです。あちゃ~です(笑)


勢いが先走ってましたね。


でもこの気持ちが大事なんです。


彼はこれから結婚して、家庭を持ち

将来は家も持ちたい希望があるんですよ。


その為に、稼ぎたい。。。


そりゃぁ 鼻息も荒くなりますよ。



でもこれが・・・いやぁ実に素晴らしい!!!



しっかりと会社は、彼の人生伴走者をして

ピカイチに育てますよ。




現在、世間の仕事はどんどんIT化され、

これからはAIも導入されます。


しかし、自分たちの屋根仕事は

まだまだ職人さんの「腕」=技能がなければ

成り立ちません。


コレには講習や訓練はモチロン必要ですが・・・

一番大事なのは、、、


本人の人一倍の取り組みと失敗です。


要するに経験が必要なんです。



処理作業じゃ無い、職人仕事。


失敗する実践が絶対必要なんです。



定時で始まり、定時で終わり

土日祝日は全て休み。


年間休日は有給を入れて150日以上。


ハイ。よろしいじゃないですか♪


このような働き方改革はとても素晴らしいです。


でも、、、これじゃとても・・・


技能と技術の、ある一定以上の向上は難しいでしょうね。


自分のスキルを上げるには

やはり、人より努力をしなければ無理ですよ。


残念ながら。。。


ボクは人より少しだけ努力をして、

スキルアップを続け・・・

そこに自分の時間と少しのお金を自己投資して

挑戦し続ける人生が好きですね。


モチロン・・・


人には様々な生き方がありますので

どれが正解かはわかりませんがね。


〜ドローン屋根調査始めました〜
金属屋根への葺き替えで地震に強く
遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。