こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

P1230374

先日の突然起こった大雨で、

瓦屋根から雨漏りが発生し

今、葺き替え工事を行っています。


40年以上のお住まい。


最初は大分古くなっているので

もう耐久性は限界かも?と

心配ながらのお問い合わせでしてね、、、


現地に伺って

屋根と屋根裏を確認させて頂いたところ

しっかりと雨漏りの原因を確認できました。
 

P1230380

このタイプの瓦屋根は

ひと昔前に一世風靡した

セメント瓦屋根です。


重ね部分の水切りリブも

劣化により痩せてしまって

防水機能はほぼありません。


そこへ塵やホコリ、コケが溜まると

吸い込みが加速して「雨漏り全開」になります。


またこのお宅では

塗り替え時の塗膜が剥がれて重ね部分に堆積し

吸い込みを加速させている現状です。

P4220021

瓦を撤去し、防水シートを撤去すると

屋根全体に水がしみ込んでおり

アチラコチラで雨漏りしているのが

ハッキリと確認できます。
 

DSCF4705

また、この頃の防水シートは

現在のゴム系アスファルトルーフィングでは無く

「アスファルトフェルト」が防水シートとして

施工されているので、40年も経つと

防水性は全く無くなっています。


瓦は重ね部分(継ぎ目)から少量の雨が必ず入ります。


室内への雨漏りは

この防水シートの性能に一存ですから

その性能は通常の結露と瓦の隙間からの入水との

ダブルの機能性を求められます。


強いて言えば、瓦屋根は

防水シートの性能がそのまま屋根防水の性能となるのです。


ですから、、、

瓦自体の劣化が見た目ではそれほど酷くなくても

雨漏りが発生するのはもしかして?


下葺している防水シートの劣化が

原因かもしれません。


これからの雨が多い季節には

こういったトラブルが結構な割合で増えてきます。



 〜ドローン屋根調査始めました〜

金属屋根への葺き替えで地震に強く
遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。