こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

shutterstock_1358751074

元号が変わって早くも10日。


アチラコチラで

「平成最後の・・・」と呪文のように

叫ばれてた日から

随分経った様な気がするのは

自分だけでしょうか?


パソコンや見積もりソフト

印刷物やハンコ等・・・

もう幾分落ち着いてきた今日この頃です。


ウチは元号変更に

対応が少々面倒はモノは

この際、西暦表示にしました。


なぜなら・・・

元号表示の変更だけなら

全く問題はないのですがね・・・


データーベース化してあるものは

新元号がチョイとニガテ。


要するに、検索時に「令和元年」の元年が

1」対応が出来ずに

処理結果が変テコリンになるんですよ。


その他、統計等を行っても

人間と違って上手く

数字上で平成との関係性が保たれないので

未だに西暦という数字カウントを「裏」では利用して

データーベース上の処理を行っています。


西暦と和暦

人間の頭では理解できても

機械は違いを識別できない・・・


そういえば、表記は和暦でも

データーベース上では西暦管理をしている

モノって結構あるんだな!と思った次第。


チャンチャン。


 〜ドローン屋根調査始めました〜

金属屋根への葺き替えで地震に強く
遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。