こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

ダウンロード

子供の頃によく連れて行ってもらった

比島の交通公園。


ウチの長男次男も小さい頃

よく連れて行きましたね。


ゴーカートをじゃんじゃか乗り回していましたが

実は、お目当てはそっちじゃ無く

SL(蒸気機関車)でしたがね。


自分は、、、


子供の頃も、親になってからも・・・(笑)



因みに、ココのSL

実際に土讃線で貨客列車として牽引していた

C58335号機です。
 
 


さて、昨日の高知新聞朝刊。

全国各地で屋外展示している蒸気機関車(SL)の

処分に自治体が悩んでいるそうです。
 

IMG_1831

長い間メンテを怠ったため、塗装を始め

車体の老朽化が酷くなっており、

維持費も捻出できず、また譲渡先もなく放置。


解体処分するにも

ボイラーにアスベスト(石綿)が使われているため

その解体や撤去、処分には費用と手間が掛かり

前にも後ろにも進めなくなってます。
 

それに対し一部の団体では

SLを欲した自治体が安易に処分するのは無責任。

 機関車は産業遺産として知恵を絞り、保存するべきだ!」と

苦言を呈しています。



大正、昭和・・・

人と産業背負ってきたSL

高度成長期に無煙化となり

ディーゼルと電車にバトンタッチ。


そして、昭和後期から平成には各地で展示され

多くが子供達の遊具となったSL


令和になり、お役目ごめんで処分。


んーーー。



確かに時代も変わりましたし、

人々の生活も大きく変わりました。


そして、維持費も処分にもたくさんの費用が掛かるのは

確かに財政的には厳しいでしょう。


でもね・・・

戦前、戦中、戦後と日本経済を支えてきたんですよ。

決してエネルギー変換効率が高い機関車ではありませんでしたし

超アナログな機関車です。


その故動き方が

何故か人間っぽい生き物のような機関車なんですね。


あの当時、日本中の全ての人が

何らかで利用、または

携わった国産型蒸気機関車。


ですから個人的にも何らかのカタチで

文化財・産業遺産として残して欲しいと強く願います。

(場所とお金さえあれば、

  個人的に引き取りたいくらいですわ。笑)


おっと!

小笠原のマニア話になっちまったので、

この辺で失礼・・・


では、また明日!


金属屋根への葺き替えで地震に強く
遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。