こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

IMG_0611

今朝の朝刊に掲載されていましたね。

地震保険が再来年の2021年から

全国的に値上げとなります。


地震発生確率の高まりから

3段階での値上げを2015年に決定し

今回が3回目になりました。



一般的に地震保険は火災保険とセットでの加入となっており

その保険金額は火災保険の50%が上限。


そこへ地震が発生して一部損壊となれば

契約保険金の5%しか支給されません。


仮に火災保険を2000万掛けられているお宅では

地震保険はMAX1000万円ですから

中・小規模の地震で一部損壊となれば

僅か50万円程度しか保険金は下りません。


これじゃ屋根が一部ズレたり壊れたりしても

修理出来る金額ではありませんね・・・


被災地域では大なり小なり屋根を損傷している

家屋は何万棟もあります。

(昨年の大阪北部地震では約56000棟)


仮に費用は全く問題が無いお宅でも

今度は修理対応出来る業者が全くいませんので、

修理どころか、

仮養生もできない状態が長く続きます。


そこへ雨が降れば・・・


想像通りの「非日常」になるのです。



雨のシーズンや台風シーズンに起こる地震は

2次被害が大きくなります。


大阪北部地震は2018618

関西地方の梅雨入りから2週間後でした。
 

IMG_0610

大きな損害は少しでも小さく、

小さな損害は出来れば無災害に、、、


それには定期的な屋根の点検が必須ですよ!


では、また明日!


金属屋根への葺き替えで地震に強く
遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。