こんにちは!


オガサ製工の小笠原孝彦です。

IMG_2039

5時過ぎのNHKラジオで

健康ライフ・イタ~い通風ご用心!

がやってまして、、、


通風のワタクシ朝から耳がダンボ。


今日は「予防はまず食事から」

思ったとおり、アレもダメこれもダメで

何も飲まずに食わずになります。


もはや尿酸値が高いオジサンは

犯罪者扱いです。(笑)



さて、数値と言えばオガサの工事でも

屋根(外壁)では地域風圧係数や

ガルバリウム鋼板自体の強度留め付けビスの強度。


雨樋では雨量計算や雨樋取付強度など

日常的に「数値管理」は頻繁に行います。


なので、ニュースや情報による気象数値は

か・な・り気になります。職業病です。



夏場からは台風の雨量や風速ですが、

今の時期なら前線による雨量です。


その雨量は時間雨量を基にした

降雨強度がポイントなんです。


ちなみに降雨強度(mm/h)とは、

10分間降雨量より特別な豪雨を除いた

56年に1度位現れる程度の降雨量を基準として、

1時間当たりに換算したものです。


高知では安全性という立場から

樋の適合サイズを

この降雨強度160mm/hから計算しています。


shutterstock_433625311

ところで、

自分の尿酸値コントロールもできない者が

風荷重や降雨強度って、、、大丈夫?と

言われそうですが・・・


ビールも飲み、レバーも食べますが

大量に水を飲み、野菜を食べ

有酸素運動も行って

自己管理していますからね。


入るを制すというより

出るを制すという感じでしょうか?


数値管理はデキてます!えへっ


では、また明日!


ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。