こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

shutterstock_65297479

去年の7月に通行止めとなった

高知自動車道・上り車線の立川橋が

来月2日に復旧完了し、

片側1車線通行ですが、再開通します。


これで交通集中時の渋滞がだいぶ緩和されますね。


また、7月中には片側2車線通行に戻り

完全復旧の見込みだそうです。



当初は、

復旧に2年余り掛かると予想されていましたが

橋脚には大きな損傷が無く

倒木・土砂に押し流れた橋桁の掛け替えが

主な復旧工事となったため

結果的に工期が短縮となったそうです。


いや~良かった。良かった。。。



でもね・・・

それだけじゃ無いと思うんですよ。


この早期復旧は。



復旧したのは直接的な「作業」でしょうが

その上には

関わる方、全ての「仕事」がありますよね。



そもそも、、、仕事と作業は違うじゃないですか。



調査、設計、監理、作業の他に

様々な分野の方々が

その末端まで、職業人としてのプライド


「仕事魂」で


橋を必要とする全ての人々が待ち望む


「一日も早い復旧」




そして、

橋復旧のもう一つ上のレイヤにある


「生活・物流・安心の復旧」


その使命感が

早期の「橋の復旧」になったのでは無いのかな?



と、勝手に感じています。




橋は人々にとって生活と生命を繋ぎ、守りますが

屋根も人々の生命・文化・財産を守ります。


やってる舞台と規模こそ違いますが

その使命感と仕事魂は通ずるモノがあると思います。



高知道を走る時は

橋梁マンのプライドに感謝しながら

立川橋を渡るでしょう・・・


では、また明日!


ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。