こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


DSCF4876


古くなった金属屋根の

リフォーム工事が始まりました。


サビサビです、この屋根。


ですから

雨漏りもしちゃってましてね、

梅雨に間に合わせようとリフォームを行いました。


今回は葺き替えじゃなくて

古い屋根の上に専用金具を取り付け

その上から新しい屋根を葺いちゃう

「カバーリング工法」です。


古い屋根はルーフデッキ150

この上に新しく

同じルーフデッキ150を取り付けます。


古い屋根はね、カラー鉄板(亜鉛メッキ鋼板ベース)で

新しい屋根はガルバリウム鋼板です。


耐久性が23倍長持ちします!


また、ガルバリウム鋼板は

メッキにアルミが入っているので

太陽熱射の反射にも少し効果があります。


そして2重葺きになるので空間ができ

断熱効果も少しだけ、少しだけね、

期待できます。


空気による対流熱の遮断効果しかありません。


しっかりとした暑さ寒さの対策をするには

やはり遮熱シートを使った

エコ遮熱ルーフが遥かに効果は出ます。



今回は断熱効果を期待されていませんので

カバーのみを行い、

雨漏りのトラブルを重点的に改修しました。



おっと時間だ! 行かなくちゃ。 


続く・・・


では、また明日!


ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。