こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

IMG_5159

梅雨に入った途端に

早くも台風もどき。


梅雨もそんなに焦らなくてもいいモノを・・・


今年の梅雨前線は台風の卵を引き連れての

四国上陸ですね。




さて、壁から屋根の出幅が少ない建物は

雨漏りが起こる確率が多いんですよ。


最近のシンプルな箱型の住宅って

軒先が出ていない場合が多いんですけど、

今回はそんな住宅のケースでは無く

工場など非住宅の雨漏りです。


そして、屋根はルーフデッキ仕様と

条件を絞った場合ですね。



この様な建物の場合、

外壁面から屋根の出は極端に少ないんですよ。


その理由はココでは割愛しますが、

軒樋ほぼカッ付け状態です。


壁から約13

出てても20 ぐらいかな~?



緩勾配の屋根をユルユルと流れてきた雨水って通常 

お行儀良くストレートに真下には落ちないんですよ。


軒先からルーフデッキの裏面へと伝わり

逆流 U ターンして、数センチ壁際の方へ進みます。


そこへ軒先方向から風が吹き付けると

室内に浸入するリスクが一気に増えます。


また、軒先が壁内に入り込んでる建物形状の

「パラペット」では

壁内側に樋を設置しますので

いくら排水の能力が高い樋を設置しても

この軒先からの逆流現象が起こると

室内に雨がジャンジャン入って大雨漏りになります。
 

IMG_5160

これを防止するのに

軒先へ「尾垂」という

ちょっとした手加工をするんですよ。


この「尾垂」が 軒先まで来た雨水を

真下に落ちるように水の流れを切ります。


これで、裏面へ逆流することが無くなるんですねー



こんな、ちょっとした施工技術のプラスアルファーが

シーリングやパッキンに頼らず

構造で雨漏りを防止させるんです。



構造で雨漏りを阻止すると

その効果は半永久ですからね。


では、また明日!


ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。