こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

ダウンロード

高知自動車道上り線の

立川橋が復旧しましたね。


皆さんもう通ってみました?


生活道路的な要素な橋ですから

わざわざ通った方は少ないと思いますが・・・



で、昨日はお取引先さんの

10周年パーティーに出席するために

見事な復旧を成し遂げた

この橋を通って徳島県へ行って参りました。


ごく普通に安全運転で・・・



さて、昨日のパーティーの主催者さんは

住宅ビルダーさんですが

工務店とはちょっと違うんですよね。


オリジナル規格型の住宅を

シンプルなデザインと工法を用いて

ローコストで建てているビルダーさんです。


工務店さんって

注文住宅が多いかと思うんですけど

同じ家を建てるビルダーさんでも、

こちらは違います。



それが、安かろう悪かろうじゃないんですよ。


オガサもその住宅の屋根工事と

太陽光発電のパネルを取り付ける工事をしておりますから

分かるんですよ。



確かに高級では無いかも知れません。

斬新なデザインでも無いかも知れません。


しかしシンプルに住むには

十分なスペックを持った住宅です。



そもそも日本の家って

ものすごく高いじゃないですか。



しかし、徹底的にムダを省き

パターン化した規格型住宅なので

ローコストなんです。


品質が悪いわけじゃ決してございません。


このビルダーさんはコンセプトを

「家を持つことにより

 住宅ローンで苦しくなるのはおかしい!

 もっと生活を豊かにする!」と掲げています。


住む家を持つと言う事は

豊かな生活のスタートのはずなのに、、、

その高い家を建てたために、せっかくの生活が

住宅ローンの支払いメインになってしまうってのは

とても残念な事です。


好きなことも我慢し、小遣いも減らされ

ボーナスの殆どをローンに充てる。



イチから設計して作る注文住宅は

そりゃ~高くなりますよ。


言わば特注で一品もの住宅ですから。



でもね・・・

家を建てても家族で旅行に行ったり

子供の教育やスポーツなどもしっかりとできる。

そして、それを家族全員で楽しめる~♪


これが家を持つ

本当の意味じゃないのかな。。。




そんな素晴らしいコンセプトの住宅ビルダーさん。


その住宅の屋根をオガサが作っているって

豊かな生活を間接的に作っているようで

ちょっぴり「仕事冥利に尽きる」って思っています。


エッヘン!


では、また明日!


ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。