こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。
 

A0229E16-DAB8-4A94-934E-3664FDE99B55

名古屋大学減災館は

災害に備え、被害をできるだけ軽減する為に

地震や防災を日々研究されている拠点。


その館長は地震防災のメディアや

高知での防災セミナーにて講師を勤められた

福和伸夫先生です。



防災館ではなく「減災館」なんですね。



自分は地震とは切り離せない地域に住んでますし

屋根と建築の仕事をしていますので

減災にする取り組みは積極的に行っています。


なので、勉強に行って参りました。

(現地中学生の課外授業に混ざりながら)



地震が起こること自体は災害でも何でもありません。

そこにだれも住んでいなければ

被害や損失を受ける者は出ないため、

それは災害じゃないんですよ。


自然現象です。


しかし、人の手が加わり

構築物など形成して

人命や社会生活に被害が生じる事態が

「災害」なんです。



南海トラフ巨大地震が今後、30年~40年以内に起きる確率は

70%から80%に引き揚げられたのはごく最近。


今回、研修に来ていた地元中学生に

「君たちはこの大地震を経験することになる」と

講師の先生はハッキリと学生に教えていました。


一瞬、その場の空気が張り詰めましたね。


そうなんですよ。


子供達の世代では

間違いなく大地震を経験するコトを前提にして

自分達はそれを教え

減災行動をしていかなくちゃなりません。


その対策には正解はありませんが

不正解もありません。


要するに、、、

できる事から始めるコトが大事なんです。


災害を完全に防ぐコトは出来きないでしょう。

ある意味、仕方が無いかも知れません。



でも、被害を軽減する方法はいくらでもあります。

今日からでも出来るんです。


この館でも大きくしっかりと言われていました。



耐震や避難所、備蓄品などは

とても重要で大事なことです。


しかし、ね。。。


まずは寝室に倒れるものを置かない。

エアコンやTVなど

飛んで来そうなモノを確実に固定する。


減災や防災って

やはり、ここからなんです。。。


では、また明日!


ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。