こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

PC250229

現在、佐川町にある老舗企業、

司牡丹酒造さんの

蔵屋根葺き替え工事を行っています。


が、

雨で現場が進みません。

シュン太郎です。


ですが、ウチの職長は

現場の足場の上で「睨み」を効かせています。


瓦からガルバに葺き替えて変わる

棟辺りのデザイン寸法に頭を悩ませています。

作ってきたサンプルを仮置きしながら・・・ 

IMG_2258


築百年近く経ったていた土葺き瓦屋根の蔵。


内部の設備をメンテをされるに当たり

そのタイミングで屋根葺き替えを発注頂きました。


いつか必ず起こる南海トラフ地震による

屋根の損傷対策がメインですが

プラス、ここ最近の猛暑対策として

エコ遮熱ルーフへの葺き替えです。


古い屋根は総重量、ナント!!!

40トンを超えていました。


それをガルバリウム鋼板製の

エコ遮熱ルーフに葺き替えて

1/10以下の重量、

3.5トンまでダイエットさせます。



さて、司牡丹酒造さんからはいつも

直接発注を頂いておりますので

仕様や形状を提案するのもオガサの仕事です。


乱暴な言い方をすれば「工場」なので

シンプル且つ色んな意味での

機能性重視の屋根で良いのでしょうが、

伝統ある日本酒造りの蔵です。


そのイメージと周囲の景観に

少しでも馴染んだ屋根に仕上げるのも

オガサのコンセプトとしております。


単に漏らない、耐久性の良い屋根を作るのでは無く

使い手と景観にもなじむ仕上げにするのも

屋根ドクターとしての仕事ですからね。


デザイナーほどには到底及びませんが

昭和から平成に掛けて様々な屋根を

様々な地域で作ってきたノウハウを

こんな時に少しでも発揮させます!


では、また明日!


ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。