こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

IMG_2399

桟橋地区の鉄骨5階建てマンションで

屋根のリフォームが始まりました。


カラーベスト屋根の雨漏りが始まって

オガサに相談がありまして。


オーナーさんは当初、雨漏りを

補修をして、塗り替え塗装と思ってたらしいんですね。


ですが、その雨漏りは経年劣化による雨漏り。


30年近く経っている屋根ですので

カラーベスト本体(基材)が劣化をしており

割れたりとか反ったりし

それが原因で雨漏りがしていました。


それをシーリングして

塗り替え塗装すると12年は

雨漏りも止まるでしょうが

屋根材本体の劣化改善には全くなっていませんので

短いサイクルでの塗り替えが等メンテが必要になります。


その根本的なコトを考えずに、

また、オーナーさんにその旨を伝えず

ただ塗り替えるだけのリフォーム業者さんも

正直あります。


悪気があるわけではなく、

技術に分からないんでしょうね。。。


カラーベストを塗り替えリフォームする場合

その本体が割れていなんて当然のことで、

基材の劣化具合をしっかり判断できなければいけません。


その判断がデキれば

塗り替えリフォームがベストな場合もあります。

(安価ですしね。)


ちなみにコチラの屋根は

20年以上ノーメンテにしたい!とのコトで

ガルバリウム鋼板アポロルーフ横葺きを

既存の屋根にそのままで剥がさずに

カバーリング葺きを行っています。


DJI_0082

さて、梅雨も明け

本格的な夏がやってきましたね。


職人さんも暑さ対策を自分たちで工夫しています。


屋根の上に寒冷紗を貼り、

水分補給にウォータータンクを屋根の上に上げて

小休止をとりながらの作業を行っています。


夏の屋根工事は

水分補給と小休止がメインの業務になるんです(笑)


では、また明日!


ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。