オガサ製工のポジ☆ブロ高知

雨漏り修理から快適屋根工事まで行う、屋根ドクターのポジティブな毎日!

趣味

峠の涼がオレを誘ったんだ。。。

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

IMG_2510

今日はずっと前から行ってみたかった

落合峠に行ってみました。



展望が非常に素晴らしいところらしく

標高も高くて、

この猛暑ではきっと「Goodな涼」が取れると思い

楽しみでワクワク♪しながら

バイクを走らせて行ってみました。


下駄バイクのバンバン200で朝9時に出発し

チンタラチンタラと国道32号~192号と走ります。


徳島県東みよし町の阿波加茂駅から

県道44号線を四国山地方面へ南下。


そこから、この野郎!と言わんばかりの

くねくね県道を上がっていき

途中、平家の落人の集落を抜けて走ります。


喉もカラカラで走っていると

湧水を見つけ、早速補給タイム。

喉とカラダを潤します。
 

IMG_2445

そして、峠の寸前でしたがお昼前となったので

迷わず昼食の準備です。

何せメシを炊かなくちゃいけないので

準備から炊き出しまでに30分は掛かりますからね。


今日の献立はカップヌードルと

炊き立てのご飯。

そして缶詰の唐揚げです。


バイクを止めて早速、料理開始。

と言っても火に掛けるだけですが。
 

IMG_2466

くつろぎのひとときです。


これが最高なんですよね・・・ホント。


メニューはクソボロですけど、

やはり自然の中で食べる飯っていうのは旨い!
 

IMG_2475

そして、腹ごしらえも終わり

再度、峠へ向かいます。



IMG_2504

落合峠 


期待を裏切りませんでしたね。。。


ほんとに見晴らしが良く絶景。

で、空気が美味い!


うーん・・・どう言いますか

空気が軽いというか、爽やか。

まぁ実際にかなり涼しいですからね。


その峠から見える風景は180度に広がり

遠くには三嶺や天狗塚が見えます。 

それも目線の高さで。


実はね、この峠って標高1520メートルで

四国最高峰峠なんだとな~っと

くつろいでいると、、、
 

ドライブに来られた

お姉様方にヨモギ餅を分けて頂き

しばし談義に花が咲くのでした。
 

IMG_2519

久しぶりのツーリング。

やはり最高だね!バイクは♪


では、また明日!


ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。



レースを見て思うチーム力。

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

ダウンロード


昨日の8耐見ました?


三重県鈴鹿市で行われた

鈴鹿8時間耐久オートバイレースレース。


60台を超すのチームが

市販されているバイクをベースに

レーサーに仕上げて

8時間を全開で走りきる、真夏の灼熱レースです。



いやー 


例年になく熱戦でしたね。


表彰台争いのバトルが7時間半以上も続き

こちらとしても全く気を抜けずに

ずっと応援していました。


8時間、テレビの前でガン見でしたよ!


お陰で今朝なんて、

一日中バイクに乗ってた?って位

疲れていました(笑)




例年になく天候も良く、路面もウエットにならず

序盤から順調にバトルは繰り広げられ

国内4メーカーの争いとなっていました。



しかし、レースもほぼ終わりの残り5分で

ドラマが起きます。

そして残り2分、さらに劇的なドラマが起きます。



なんとも言えない複雑なカタチでレースは終了。

そして、自分もすごく複雑な気持ちでして、、、



レースの結果が気になる方は

メディア等の発信により確認してください。




さて、この8時間耐久レース

プライベーターから世界のトップライダーまで

同じコースを一斉に走るレースなんですね。


2人か3人のライダーが途中、

1時間毎に交代で走ります。


そのバイクのトップスピードは約300km/h。

終始全開走行です。


ピットで給油&タイヤ交換以外は

8時間、ずっと全開で走ってます。


そのピットでの作業時間なんて、わずか15秒前後。

前後のタイヤ交換とガソリン補給、そしてライダー交代。


一瞬です。


しかし、6回から7回行われるこのピット作業。



僅かな手順ミスが12秒ではなく、

時には5秒以上ロスする場合が実際あるんです。


どんな優秀なチームでも。。。



そんな中、ライダーはコンマ何秒を詰めるために

必死で全開走行続けています。



それを1時間近くぶっ続けで走るライダーは

1周あたりの集中力と疲労感なんて半端ないんですよ。

それでも1秒いやいや, コンマ5秒を詰めるためには

ライダーは必死で全開走行を続けます。


ライダーにとっての1秒と

ピット作業の1秒って

時間的には全く同じですがその意味は全く違うんです。

images

ところで、ジャンルもスケールも全く違いますが

これって

自分たちの仕事も同じだな~って思うんです。


オガサは屋根工事を行っていますが、

現場作業だけじゃないんですよね。



最初は調査、そして設計を行い

資材の発注。

そして部材製作を行います。


そして現場へ搬入し、

職人さんによる施工がスタート。


その後、工務による検査を終え

完成引き渡し。

(細かく分けるとまだまだありますが)



工程を短縮する際、

1つの現場で工程を12日詰めるっていうのは

相当な労力を要します。


その一つ一つのセクションに要する時間をバラし

手順を見直し、次工程への繋ぎを何度も見直すと

意外に縮まったりするもんです。


それを無理して

屋根上での作業時間を縮めようとすると

品質に問題が発生して再施工になったり

最悪は労災事故発生になりかねません。


1連の流れをバラして明確化し

詰められるところは徹底して詰め

逆にゆとりを持たせられる所をしっかりとつくる。


当たり前ですが

この段取りが1番大事なんじゃないのかなと。
 

images (1)

8時間、ぶっ通しでTVの前でレースを観戦(大応援)して

結果的に、、、ホント仕事も一緒だよなぁ~

と、思った次第。


では、また明日!


ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。


バイクでうどんを・・・シアワセ♪

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

IMG_2289

今日、海の日は

日頃からバイクをメンテしてもらっている

バイクショップ主催のツーリング♪


題して「うどんツーリング」


香川県まで讃岐うどんをバイクで巡るツーリング

まんまです(笑)


先週の天気予報では

今日の天気はずっと悪い予報で

中止になるのかなぁ?

と思ってたんですが、、、


ところが昨日時点で予報が変わり

朝方はちょっと路面が濡れてて

雲行きも怪しかったんですが、

だんだん天気も良くなる予報だったので

ツーリングは予定通り開催されました!
 

IMG_2287

ところで、自分は

2ヶ月前に起こった不慮のトラブルの為、

バイクもずっとお預け状態でしてね。


遠足前の子供じゃありませんが

どうしてもバイクに乗りたくて

もし小雨ぐらいなら、有志達で

カッパ着てでも行ってみようかなぁ~?

ぐらいな気持ちで、今日を待ってたんですよ。



IMG_2285

7時に南国「道の駅」を出発して

高速を使わず国道32号を10台11人で、大歩危を経て香川県に乗り込みます。


そして4軒のうどん屋さんを巡り、おいしいうどんを舌鼓。


オープニングは綾歌の「麦香」で、ざるうどん

麺がシコタマ旨い!付け出汁無くても食えるぐらい

IMG_2286IMG_2288


次に、肉ぶっかけで有名な丸亀の「綿谷」

小でも2玉なので注文には注意です。

IMG_2290IMG_2291

そして、三件目に坂出市沖の浜にある「とらや」

こちらでカレーうどんをハフハフ啜ります。

IMG_2292IMG_2293


ラスト4軒目は、綾川の「やまだうどん」

カートランド近くにある大きなうどん屋さんですね。

IMG_2294IMG_2297

地元の方で駐車場も店内も満タンです。

ですが回転速いので待ち時間はほぼ無し。


あまりメニューでは見かけない

冷やしうどんをラストにして

うどん締め。
 




さて、大満足で胃袋を満たし、

心身ともにリフレッシュできた今日の


「うどんツーリング」


天気もまずまずで

新緑の中を大好きなバイクで仲間達と

のんびりツーリング♪


最高です。
 

IMG_2302


明日からは7月中盤戦ですね。


うどんのようにコシのある、

いい仕事ができそうです!


な~んてね(笑)


では、また明日!


ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。


バイクが親子に教えてくれるもの。

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

IMG_2339

いつも通り,

安定なる5時前の目覚め。


そして、日曜朝のルーティーン

FMラジオを聴きながら、休日朝の始動です。


来週のスケジュールをアプリで確認してたら

不意にパソコン内の写真データーの観覧スタート。


道草が始まりました(笑)


ふと、2年前の秋に

長男とバイク2台で

九州温泉ツーリングに出かけた写真を発見しましてね。。。


しばし、見入ってしまいました。



オヤジライダーなら一度は憧れる

息子とのツーリング。



愛媛の三崎港まで走り、フェリーに乗り換え

九州は湯布院へ。


数十年通っている湯平温泉までの一泊ツーリング。



温泉に2人で浸かり、取り留めない世間話。

そして、部屋でメシを喰いながら酒を酌み交わす。


こんな日が来るとは・・・


憧れのひとときでしたね。



長男は免許を取得して

まだ1年も経たない初心者ライダーでしたので

モチロン最初はおぼつかない走りでした。


ですが、先輩ライダーとして

ポイントをアドバイスしてあげないと

絶対に安全な2輪ライフはあり得ません。


安全な乗り方と言うよりも

自分の身を守る知識とテクニックが

先ずは必要です。


事故らない乗り方というよりも

事故は何故起こるか?

ココがキモです!


(現場作業も同じですよね)



そんな長男も関東に進学し、

就職活動の時期となりました。


親元からどんどん

物理的にも気持ち的にも離れ

少し寂しい気分ですが、、、


親離れ、子離れと申します。

大事な息子だからこそ

独り立ちが大事だと思う、今日この頃。



そんなこんなで、

今日はせっかくの梅雨の晴れ間です。


早明浦ダム方面へでも

プチツーリングでも行ってみようっと!


では、また明日!


ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。


仕事も趣味も工夫次第ですよ。

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

IMG_6561

梅雨は何処へ行ってしまった?

昨日はそんな日曜でしたね。


ゆるりとした休日でした。


まだ涼しい8時前

雨上がりで天気もいいので、

「ヨシ!行くか!」と、プチツーリングへ。


モチのロン、おひとり様でございます。



はてと、、、初期型油冷はキャブのオーバーホール中、

水冷R1000はサーキット仕様のまま。。。


ここは久しぶりに

チビバイクのスズキVanVan200

車庫から引っ張り出します。


チョークを引いてエンジンスタート!


油冷と違って

エンジン&キャブのノーマル車は一発始動。 


ん~良い感じ。



このバイク小さくて軽いので

山間部の国道(酷道)を

プラプラ走るには丁度いいんですよ♪


荷物も積みやすいですしね。。。


しかし、唯一の欠点が・・・

燃費は40km/L弱と比較的良いのですが、

タンク容量が・・・

ナント!・・・


たったの5Lです。

(原付並です)


ですから、航続距離は180km弱なんです(笑)


山道や高速を走ると

航続距離は150kmも行きません(泣)

ですから、その昔は

ガス欠寸前に何度もなりましたよ。



四国の山間部は

ガソリンスタンドが極端に少ないですよね。

ましては日曜日となると、

全く給油ができません。


常に目的地までの距離と空いてるスタンド、

そして燃費を頭に入れておかないと

ガス欠でバイクを押すハメです。


更に山間部は携帯もつながりませんので

救援も無理ですからね。
 

IMG_7252

ですから自分はガス欠防止と精神安定剤として(笑)

ガソリンをタンクと別に積んでいます。


フロントキャリーにガソリンボトル(1L)と

リヤキャリーに安全タンク(5L)で

6Lを予備として積み込、走ります。


これで、400kmは有に走れますから、

四国の山ん中を

一日中ウロチョロしても大丈夫です!



行けないから諦めるのでは無くて

行ける方法を工夫した次第。


仕事でも何でも同じですよね♬


IMG_2060

道中、大好きな「土讃線第二吉野川橋梁」でパチリ。


では、また明日!


ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。






後世に残すべきですよ!

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

ダウンロード

子供の頃によく連れて行ってもらった

比島の交通公園。


ウチの長男次男も小さい頃

よく連れて行きましたね。


ゴーカートをじゃんじゃか乗り回していましたが

実は、お目当てはそっちじゃ無く

SL(蒸気機関車)でしたがね。


自分は、、、


子供の頃も、親になってからも・・・(笑)



因みに、ココのSL

実際に土讃線で貨客列車として牽引していた

C58335号機です。
 
 


さて、昨日の高知新聞朝刊。

全国各地で屋外展示している蒸気機関車(SL)の

処分に自治体が悩んでいるそうです。
 

IMG_1831

長い間メンテを怠ったため、塗装を始め

車体の老朽化が酷くなっており、

維持費も捻出できず、また譲渡先もなく放置。


解体処分するにも

ボイラーにアスベスト(石綿)が使われているため

その解体や撤去、処分には費用と手間が掛かり

前にも後ろにも進めなくなってます。
 

それに対し一部の団体では

SLを欲した自治体が安易に処分するのは無責任。

 機関車は産業遺産として知恵を絞り、保存するべきだ!」と

苦言を呈しています。



大正、昭和・・・

人と産業背負ってきたSL

高度成長期に無煙化となり

ディーゼルと電車にバトンタッチ。


そして、昭和後期から平成には各地で展示され

多くが子供達の遊具となったSL


令和になり、お役目ごめんで処分。


んーーー。



確かに時代も変わりましたし、

人々の生活も大きく変わりました。


そして、維持費も処分にもたくさんの費用が掛かるのは

確かに財政的には厳しいでしょう。


でもね・・・

戦前、戦中、戦後と日本経済を支えてきたんですよ。

決してエネルギー変換効率が高い機関車ではありませんでしたし

超アナログな機関車です。


その故動き方が

何故か人間っぽい生き物のような機関車なんですね。


あの当時、日本中の全ての人が

何らかで利用、または

携わった国産型蒸気機関車。


ですから個人的にも何らかのカタチで

文化財・産業遺産として残して欲しいと強く願います。

(場所とお金さえあれば、

  個人的に引き取りたいくらいですわ。笑)


おっと!

小笠原のマニア話になっちまったので、

この辺で失礼・・・


では、また明日!


金属屋根への葺き替えで地震に強く
遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。


長男は温泉、次男は焚き火

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

images


GW
も後半、穏やかな晴天な今日は

こどもの日です。


そもそも、こどもの日とは何ぜよ?

と気になりチョイと調べてみると、

「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに

 母に感謝する日」との趣旨があるそうです。


55日はもともと端午の節句として、

遙か昔から男の子(当時は女の子も)の

健やかな成長を願う行事が行われていました。


その後、国会でこどもの日を制定する際

55日を「こどもの日」とし、

祝日とする意見要望が多かったため

戦後間もない1948年に制定されています。


戦後復興の中、

大人達はそろって子供達に

明るい日本の未来を託していたのでしょうね。


また、子供は10才だろうが、60才だろうが

いくつになっても親からすると子供。


親が子を思うのは当然のコトです。


何時になっても、幾つになっても

親は子をずっと思っているのを

思い出す日でもありますね。



さて、その趣旨の後半部分、

「母に感謝する」とありますが、、、


とーちゃんは何処へ行った???



一節のよると、制定された当時はまだ

母親は命がけでの出産でしたでしょうから

「命を分けた子供」として

母への感謝の意があるのでしょう。



来週はホンマもんの「母の日」です。

2週連続でオカンに感謝の5月ですね。




ところで・・・

さっきまで自宅で庭メシでした。


この時期に多いヘンテコBBQです。


肉でも魚でも粉モンでも、

そして鍋でも、、、

メニューは関係無く何でも、

晩メシはとにかく庭で喰う時期なのです。

(焚き火をしたいので・・・)


日も暮れるとチョッピリ寒くなり

お待ちかねの焚き火。


揺れる炎の前では

人は素直になれますね・・・


プチ尖ってる高3次男も

珍しく進路の悩みをボソッと語る次第。
 

shutterstock_144902947

そういえば長男は・・・

温泉の湯気越しだったな~




こどもの日に焚き火へ薪を焼べ

オヤジはひたすら耳を傾けてましたとさ。




 〜ドローン屋根調査始めました〜

金属屋根への葺き替えで地震に強く
遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。  


大自然でデトックス

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

IMG_1689

今朝、夜明けと同時に目が覚めて

外を見ると

バツグンの快晴じゃないですか!


2度寝にはモッタイない天気ですので

早速、行動開始です。


一昨日、アホみたいに飲んだ身体のデトックスがてら

急遽、山登りを決定!


米を研ぎ、ササッと身支度をして

目指すは高知県最高峰「三嶺」


昨年夏、山小屋の調査に行って

登山にハマってしまったルートです。
 


なんだかんだしてたら

大栃の奥、西熊渓谷手前にある

ヒカリ石登山口から登り始めたのが9時前。


エッチラオッチラ登り始めるも

今日はどうも身体が重い。



昨年訪れたお亀岩避難小屋を超え

尾根へ到着すると

その絶景と心地よい北風に癒やされ・・・
 

IMG_1688

「そろそろ昼やし、今日のゴールはここ!」


三嶺も天狗塚も諦め

美しい稜線を眺めながら腰を下ろしました。
 

IMG_1683

ひと休みして飯を炊き

最高のロケーションをオカズに

白飯を頬張る。


いゃ 最高!!!


このために山登りをしているようなモノです。
 

IMG_1692

往復の山道や渓谷路では全く人に会わず

大自然の中へどっぷりと浸ることができました。


何とも言えん自然のオーラが

美しながら、少し恐怖をも感じます。


誰かに見られている感も

恐らく山の神様でしょうかね?
 

IMG_1714

ツベコベ考えるタイプの人間では無いですし、

スピリチュアルにも無縁です。


それでも「自然に生かされている」ってのを

ストレートに感じますね。


この手付かずの大自然の中では・・・
 

IMG_1716


さぁ今夜はタコパー


しっかり焼いて

しっかり飲んで

しっかりと喋りまくり

楽しみたいと思います♪


昼間は一言も喋ってないので(笑)


 〜ドローン屋根調査始めました〜

金属屋根への葺き替えで地震に強く
遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。  




プロフィール

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役
1970年 高知市生まれ

金属屋根の製作施工と遮熱技術で高知の屋根を快適にしています。南海地震対策として金属軽量屋根を推進しています。(雨漏り修理も専門分野)


一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協) 代表理事

近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで津波や火災から命を守れる情報を建築専門家が発信しています。

記事検索