オガサ製工のポジ☆ブロ高知

雨漏り修理から快適屋根工事まで行う、屋根ドクターのポジティブな毎日!

雨漏り

雨漏りの傾向と対策

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

IMG_5147

昨日は低気圧の影響で

プチ台風の様な横殴りの雨でしたね。


で、今日も再び

土佐湾沖を低気圧が通過するため

荒れた天候となりそうです。


オガサも今日土曜日は

ローテーションで休みのグループもありますが、一方で

出勤組はこの天気じゃ開店休業・・・じゃありません。


屋根の部品加工がタンマリとありますので

効率良くガンガンと工場内で

ガルバリウム鋼板を切ったり曲げたり

製作加工いたします。


屋外の工事はデキませんが、

まさに恵みの雨となってます。


LRG_DSC00162

さて、昨日今日の様な台風並の横殴りの雨が降ると

必ず雨漏り修理問い合わせが入ります。


その雨漏りの原因って

・劣化

・破損

・施工不良

・設計不良

・材料の選定不良

この5つが主な原因です。

(組み合わさる場合もありますが)


大雨でも風が無ければ漏らなかったり

小雨でも風が吹けば雨漏りがしたりと

その部位の状態だけでは無く、

気象にも大きな要因がある「雨漏り」


5つの主な原因とこの気象条件を十分理解した上で

さらに、、、経験と知識をフィルターに掛けて

雨漏りの原因を探る。


これが雨漏りドクターとしての

「職人力」なんですね。


これからの季節「旬」な活動して参ります。ウスッ!


では、また明日!


ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。


梅雨でも梅雨じゃなくても、屋根はカバーリング工法です。

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

DSCN7215

ここ最近、昼間はまずまずの天気ですが

「一時雨」が強烈に降りますね。


昨日は晩方。

今日は夕方。



屋根の修理やリフォームを行ってる時は

天候によりけりで

事前に作業を止めたり、

そもそも日程の変更を行ったりします。


まぁ工事の途中でも

最新の雨雲レーダーを基に

心構えと準備が出来ていますので

慌てるコトは殆どありませんが

工程が若干遅れるのが「難」です。


ですが、びちくっても

天気には勝てません。。。



そんな天気に左右されない屋根のリフォームが

ルーフカバーリング工法です。



先日、事業所さんのとある施設が雨漏りしていて

その屋根調査に行ってました。


30年強のルーフデッキですが、

見事にサビてます。
 

DSCN7216

当時はガルバリウム鋼板もまだ普及し始めたばっか。

この屋根は普通のめっき鋼板をベースにした

カラートタンのルーフデッキです。


やはりサビの進行がガルバリウム鋼板に比べて

かなり早いですね。



でも、雨漏りの原因はこのサビではなくて

固定ボルトなのです。


23年前から雨漏りが始まり

ルーフ固定ボルトを何度もシーリングしてみたそうですが

直ぐに雨漏りが再発していました。


この、ボルト止水パッキンが劣化して雨漏りが始まると

もう止まりません。
 

DSCN6849


建物は振動で揺れますし、熱伸縮で動きます。


それが徐々にパッキンへストレスを掛けて

時間と共に破断させるんですね。


こうなると根本的な修理でないと

雨漏りは止まりません。


なので、この屋根はそのままにしておいて、

剥がずに新しく、令和生まれのガルバリウム鋼板で

ルーフデッキをカバーリング工法にて葺き直します。


剥がさないから天候にも左右されにくいし

何せ工期が短い。

だからコストも安くなります。


この時期と言わずに

工場や倉庫などスレートやルーフデッキの屋根は

このカバーリング工法のリフォームが最適です。


では、また明日!


ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。



もっと話を聞かせて下さい!

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

IMG_1879

今日は、雨もまあまあ強いですが

風が結構でてまして、正に春の嵐ですね。


高気圧の縁をまわる

湿った空気や

日本付近を南下中の前線に向かって流れ込む

湿った空気の影響で、

大気が非常に不安定となってるそうです。


西日本には広く雨雲がかかっていて、

明け方には宮崎県日南市でナント!!!

1時間に81.5ミリの猛烈な雨が降ったそうです。


四国にはまだまだ活発な雨雲が掛かって来ますので

日付が変わる頃まで、嵐は続く模様です。


天気予報によるとね。。。





さて、雨に加えて風が吹くと

雨漏りの発生確率はグンと上がります。


今日午後からの荒れた天気で雨漏りが発生し

「さぁドコへ修理を頼んだらいいの?」と

悩まれる方も多いと思いますが

その際、風向きを少し注意していて欲しいんですね。

(初めての雨漏りで焦るのは分かりますが・・・)


基本的に天候が荒れる時は

南や東方向からの風が強くなるのですが

建物の立地により希に

西風や北風が強い場合があります。


それは近隣建物の形状や立地条件と

山など自然環境とのアンバランスが起きた場合です。


都会では「ビル風が吹く」なんて現象がありますが

それと似たようなモノですね。



自分達が雨漏り調査に現地へ出向き

屋根に上がれば

雨漏り時の風向きは大体予測は付きます。



でもね・・・その建物に長い間住んでる方や

務めている方の気象情報ほど有力情報はありません。


「いつもは南東の風が強いけど、

 今回は北西の風が強くて

 その時に雨漏りした気がする。。。」


なんて話は結構あるんですよ。


要するに、、、

雨漏りの原因となる情報は多いほどいいんです。


そのたくさんの情報を基に

我々プロが長年の経験と知識で

原因を紐解いて行くのです。


ボクらがそちらへ調査訪問した際は

これは関係無いだろう。。。と、

遠慮しないで、ドンドン話を聞かせて下さいね。


では、また明日!


金属屋根への葺き替えで地震に強く
遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。


下葺防水シートの性能が決め手です!

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

P1230374

先日の突然起こった大雨で、

瓦屋根から雨漏りが発生し

今、葺き替え工事を行っています。


40年以上のお住まい。


最初は大分古くなっているので

もう耐久性は限界かも?と

心配ながらのお問い合わせでしてね、、、


現地に伺って

屋根と屋根裏を確認させて頂いたところ

しっかりと雨漏りの原因を確認できました。
 

P1230380

このタイプの瓦屋根は

ひと昔前に一世風靡した

セメント瓦屋根です。


重ね部分の水切りリブも

劣化により痩せてしまって

防水機能はほぼありません。


そこへ塵やホコリ、コケが溜まると

吸い込みが加速して「雨漏り全開」になります。


またこのお宅では

塗り替え時の塗膜が剥がれて重ね部分に堆積し

吸い込みを加速させている現状です。

P4220021

瓦を撤去し、防水シートを撤去すると

屋根全体に水がしみ込んでおり

アチラコチラで雨漏りしているのが

ハッキリと確認できます。
 

DSCF4705

また、この頃の防水シートは

現在のゴム系アスファルトルーフィングでは無く

「アスファルトフェルト」が防水シートとして

施工されているので、40年も経つと

防水性は全く無くなっています。


瓦は重ね部分(継ぎ目)から少量の雨が必ず入ります。


室内への雨漏りは

この防水シートの性能に一存ですから

その性能は通常の結露と瓦の隙間からの入水との

ダブルの機能性を求められます。


強いて言えば、瓦屋根は

防水シートの性能がそのまま屋根防水の性能となるのです。


ですから、、、

瓦自体の劣化が見た目ではそれほど酷くなくても

雨漏りが発生するのはもしかして?


下葺している防水シートの劣化が

原因かもしれません。


これからの雨が多い季節には

こういったトラブルが結構な割合で増えてきます。



 〜ドローン屋根調査始めました〜

金属屋根への葺き替えで地震に強く
遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。   


「ずっと雨漏りが直らないんです・・・」

こんにちは!


オガサ製工の小笠原孝彦です。

IMG_1420

数年前に中古物件で買われた住宅の

相談がありましてね。


35年の住宅ですが

耐震も含めたリフォーム済みで購入。


買ってから直ぐに起こった雨漏りに

販売業者さんは

その都度キチンと対応してくれますが

雨漏りは止まらず、ずっと修理中。


そして修理業者も変えても直らない・・・



そこでオガサに修理の相談を頂きました。


1階天井の際へ少しだけ

偶に起こる雨漏りです。


この場合、大抵の業者の皆さんは

壁からだと思うんですね。


実は、オガサも壁からだと思い

原因を調査していました。


いくら調べても原因らしきモノは無い。


以前に行った業者さんは

アチラコチラにシーリングを打ちまくっていましたが

どうやらそれは訳も分からず行った

「手当たり次第シーリング」でしょう。


そんなとこからは入んないよ!


低い場所から順に散水をして

上部へと調査していきます。


そして屋根へ。


ここで一発、原因発見!


カラーベストの割れが原因です。

そして屋根の端部が反ってるのも発見!
 

IMG_1406

屋根の隙間から入った雨水は反ってる関係で

下に流れずに横方向に流れて漏ったのでしょう。


これを修理すれば完全に雨漏りは直ります。


原因さえ突き止めれば、後は作業ですからね。


当初、お客さんからは

「屋根も塗装したばかりですから大丈夫ですよ」

と言われてましたので

鵜呑みにしたコチラはチョイとプロ意識不足。


モチロンお客さんの話はしっかりと伺いつつも

プロ目線で調査をしなきゃ!


ん~まだまだですね。
 

IMG_1414

ちなみに

塗装は雨漏りの修理ではありません。


色の修復です。


キレイになりますが、雨漏りは止まりませんよ!


モチロン、基材が蘇る何てコトもございません。


そこんトコ良く考えて塗り替えと

雨漏り修理を考えてくださいね。


〜ドローン屋根調査始めました〜
金属屋根への葺き替えで地震に強く
遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。     


谷樋は詰まって漏りますよ!

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

IMG_0989

春分の日は雨となりましたね。


こんな日はバイクにも乗れず、

山登りもできないので

事務所でひとり仕事です。


ていうか、この1週間は

出張続きでタスクが山盛りですので

この休日に一気に片付けちゃいます!


DSC01941

さて、先日の雨で雨漏りしちゃった工場さん。

谷樋の詰まりから雨漏りが発生です。


十数年かけて堆積した塵などから

草が生えて完全に詰まっています。


コレでは雨が降れば雨漏りは当たり前です。



この工場さんは事業の拡大に伴って

増築を繰り返され工場を広げられました。


その増築時に厄介なのが

既存の壁に

増設工場の屋根があたる場合

その取り合い部分です。


壁と壁で取り合わす場合なら

水切りの取り合わせ、若しくは

エキスパンションで

簡単にそして確実に

防水処置が行えるんですよ。


しかし

こんな感じだと

DSC01937

谷樋を設置するしか経済的な工法はありません。


この場合ならやはり1年に1回は

点検清掃を行うのがベストです。


さらにオガサでは

①なるべくデカイ排水ドレンの設置

②オーバーフロー排水管の設置

この2点を施工時に行い、万が一の詰まりに備えます。


樋が詰まらないなんて保証はありません。


落ち葉や塵やゴミ、そしてレジ袋。


飛んでくるハズの無いモノが

台風などの突風に巻き上げられて飛んできます。


いつも、いつでも点検できるヶ所ならいいんですが

この工場のように

ハシゴで上がらんと確認できん場所は

殆どの工場さんで点検は行われていません。


室内のど真ん中の頭上にある「谷樋」

溢れるとエライこっちゃです。


これから雨が多くなる時期ですので

点検しときましょうよ!


DSC01943

そんなオガサも増築建屋がありますので

「谷樋」ができています。


早速、雨があがればドローンを使って点検しとこ!

おっと! その前にお墓参りに行っとかなきゃ。


では、また明日!


金属屋根への葺き替えで地震に強く
遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。


良くあるルーフデッキの雨漏り

こんにちは!


オガサ製工の小笠原孝彦です。


春ですね~

三寒四温ですね~


3月も中旬になり

メッキリと暖かくなったここ最近でしたが、

今朝の気温なんか2.8℃ですよ!(自宅測定値)


霜が降りちゃってました。


春先にこう気温の変化が大きいと

ひと雨毎に暖かくなり

春本番を向かえます。


そうなると、雨も多くなり

雨漏りも多くなりますね。





さて、先日お問い合わせを頂いた

南国市の工場さん。

CIMG1824
 


「棟」付近から雨漏りがしているとのコト。


早速、屋根に上がって確認すると・・・

一目瞭然。


原因の発見は秒殺です(笑)


棟板包みカバーを

ルーフデッキのハゼ部分(接合部)に

いながらビス留めで取り付け。


犯人は棟板包みカバーを取り付けている

この「ビス」です。


ルーフデッキの伸縮に

この留め付けビスが軽い剪断応力を受けて

数年の月日を経てビス穴を「バカ」にさせられたのです。

(こじられて大きくさせられたんですね)
 

CIMG1823

工場や倉庫などの屋根に使われるコトが多い

ガルバリウム鋼板製のルーフデッキは

1枚の長さも10m以上なんてザラでして

金属なので当然ながら熱伸縮の影響を受けます。


夏は伸びるし、冬は縮みます。


超ザックリのオガサ品質定義として

10mの長さで約5ミリ伸縮すると考えています。

(キチンとした計算をした上での値)


ですから屋根を葺く場合は

棟側と軒側の両端部方向へ

大雑把に考えて

半分の2.5ミリ動くモノと設計するんですね。


そんなに大きく動く屋根に

ビス打ち固定が長い間効いてる訳

無いですよ。


そもそもね。

勾配のない棟板包みカバーを

屋根材(ルーフデッキ)に直接ビス打ちするコトが

雨漏りの原因です。


この場合、棟板包み固定用金具を

ルーフデッキのハゼ部分へ

ビス穴を開けずに掴み固定。


その金具に棟板包みをビス固定すれば

屋根に穴を開けずに施工できます。



なお、棟板包み自体をひと工夫して

屋根の熱伸縮応力を逃がす

エキスパンション効果のある

棟板包み形状がベストなんですけどね。


要は、、、屋根は動きますから

シーリングやパッキンでは

防水性能は長持ちしないってコトですよ。


では、また明日!


金属屋根への葺き替えで地震に強く
遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。



雨漏り&暑さのダブル対策=エコ遮熱ルーフ

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

IMG_0814

いつも施設のメンテナンスを発注頂いてる

運送業者さま


営業所にユニットハウスを設置したので

屋根を増設して欲しいとのご連絡を頂きましてね。


ユニットハウスは

全施工の8割を工場内で完了している事で、

ほぼ完成した状態のハウスを現場に運べます。


また、軽量鉄骨の箱型構造のため、

プレハブハウスに比べ工期が短く、

耐震性の高さや、移設のしやすさなどの

特徴がございます。


そして、トラックで運ぶことを前提としているので

ひとつのユニットには大きさの制限がありますが

現場で連結増設することにより

床面積を簡単に増やすことも可能です。


コンパクトにデザインされているため

材料費の安さやコストを抑えられるのも特徴ですね。



さて、そんなコチラの5連装ユニットハウスに

なぜ屋根を付けるかと?


ズバリ、雨漏り対策です!
 

IMG_0810

現場で連結していますので

ジョイント部の防水処置も

当然、現地対応です。


これが屋根ドクターとして

少しイジワルな見解をすると・・・


正直、残念なカタチです。


仕方ないですよ!

設計が悪いワケでもないし

施工が悪いわけでもありません。


製作してトラックによる運搬、

そしてクレーンによる設置。


当然、屋根に吊りフックは必要ですし

連結した後、それらの防水処理は

シーリング処理するしかありませんも。


IMG_0809

ですので、、、この企業さんも

ハウス設置後に屋根専門家のオガサへ

屋根の増設を依頼されたのです。




実は・・・

もうひとつ屋根の役目がありましてね。



それが暑さ対策です!


このようなユニット型、プレハブ型、コンテナ型の

ハウスは、夏場がとにかく暑い!!!


エアコンもフル稼働でないと効きません。


ふところ容積の少ない天井内に

断熱効果も無いようなグラスウールを

簡単にハメてるだけですからね。


そこで、企業さんは

屋根に断熱塗料を塗って

厚さ対策を考えていたようですが、、、




そこでオガサは暑さ対策も同時に可能な

「エコ遮熱ルーフ」での屋根増設を提案いたしました。


アルミ製遮熱シート「リフレクティックス」を使った

ガルバリウム鋼板製の屋根です。



これまで高知でも

食品製造業さま、紙加工製造業者さま

機械整備業さま、金属製品製造業さま・・・


などなど、たくさんの企業さまの

夏場と冬場の作業環境改善に採用して頂いた


「エコ遮熱ルーフ」
 
4


今年の夏も活躍しそうです!!!


では、また明日!


金属屋根への葺き替えで地震に強く
遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。


プロフィール

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役
1970年 高知市生まれ

金属屋根の製作施工と遮熱技術で高知の屋根を快適にしています。南海地震対策として金属軽量屋根を推進しています。(雨漏り修理も専門分野)


一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協) 代表理事

近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで津波や火災から命を守れる情報を建築専門家が発信しています。

記事検索