オガサ製工のポジ☆ブロ高知

雨漏り修理から快適屋根工事まで行う、屋根ドクターのポジティブな毎日!

カバールーフ

梅雨でも梅雨じゃなくても、屋根はカバーリング工法です。

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

DSCN7215

ここ最近、昼間はまずまずの天気ですが

「一時雨」が強烈に降りますね。


昨日は晩方。

今日は夕方。



屋根の修理やリフォームを行ってる時は

天候によりけりで

事前に作業を止めたり、

そもそも日程の変更を行ったりします。


まぁ工事の途中でも

最新の雨雲レーダーを基に

心構えと準備が出来ていますので

慌てるコトは殆どありませんが

工程が若干遅れるのが「難」です。


ですが、びちくっても

天気には勝てません。。。



そんな天気に左右されない屋根のリフォームが

ルーフカバーリング工法です。



先日、事業所さんのとある施設が雨漏りしていて

その屋根調査に行ってました。


30年強のルーフデッキですが、

見事にサビてます。
 

DSCN7216

当時はガルバリウム鋼板もまだ普及し始めたばっか。

この屋根は普通のめっき鋼板をベースにした

カラートタンのルーフデッキです。


やはりサビの進行がガルバリウム鋼板に比べて

かなり早いですね。



でも、雨漏りの原因はこのサビではなくて

固定ボルトなのです。


23年前から雨漏りが始まり

ルーフ固定ボルトを何度もシーリングしてみたそうですが

直ぐに雨漏りが再発していました。


この、ボルト止水パッキンが劣化して雨漏りが始まると

もう止まりません。
 

DSCN6849


建物は振動で揺れますし、熱伸縮で動きます。


それが徐々にパッキンへストレスを掛けて

時間と共に破断させるんですね。


こうなると根本的な修理でないと

雨漏りは止まりません。


なので、この屋根はそのままにしておいて、

剥がずに新しく、令和生まれのガルバリウム鋼板で

ルーフデッキをカバーリング工法にて葺き直します。


剥がさないから天候にも左右されにくいし

何せ工期が短い。

だからコストも安くなります。


この時期と言わずに

工場や倉庫などスレートやルーフデッキの屋根は

このカバーリング工法のリフォームが最適です。


では、また明日!


ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。



梅雨時期の工場屋根リフォーム始まる。

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

DJI_0046

薄曇りの月曜朝、辛うじて晴れです。


オッサンになっても月曜朝は

少しでも晴れてる方が

気持ちも前向きになれますね。


一足先に関東甲信、東海、北陸、東北南部では

先週7日に梅雨入りとなりました。


この先一週間、梅雨前線は本州の南にかけて

停滞する日が多いようなので

今週いっぱいも晴れの日が多く

四国地方の梅雨入りはまだ先のようです。


そんな晴れの日が大ければ

オガサの屋根リフォームも捗ります。


市内にある漁業関連企業さんの倉庫屋根改修工事も

スタートしました。

DJI_0048

コチラは海沿いに立地していますので

塩害の影響はどうしても避けられません。


そこで高知では特殊な高耐久性ガルバリウム鋼板を使った

屋根リフォーム工事を行っています。


また既存の屋根は剥がさずに

特殊な工法と部材でカバーリング施工です。


この時期、天候が少々不安定ですが

古い屋根を剥いだり穴を開けたりしないので

天候にはほぼ左右されない工法です。


そして今回の工事では

ヒトツポイントがありまして・・・


この屋根、勾配が非常に緩い為

棟のジョイント部分からの漏水予防に

そこの勾配を若干キツくしました。

(これも特殊工法です。)


パッキンやシーリングで防水処置は可能ですが

劣化や揺れ、振動などの破断が起きると

防水性能は一気に落ちますからね。


やはり雨漏り防止は

「構造的」な止水がイチバンなんです。
 

DJI_0017

現場では東海地方より走ってきた大型トラックから

クレーンで屋根に安全且つスピーディーに

搬入しています。


ドローンで撮影がてら、周囲の安全確認です。


では、また明日!


ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。


塩害に強いガルバの屋根材「ハイレタン」

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。
DPP_0150


じきに来る、梅雨入り宣言にビビりながら

毎年この時期の屋根工事を進めている

屋根ドクターオガサです。。



先日からスタートした

水産会社さんの倉庫屋根改修工事。


30年前の新築時、古い屋根は

海岸添いにある立地から

耐食性の優れる屋根専用アルミ板でした。


しかし塩害には勝てずに腐食が始まり

最近では雨漏りも多々起こり始めました。


そして約30年後の今、

令和ならではの高耐食性鋼板で

(まぁ平成末期の商品ですが・・・)

屋根を剥がずにカバーリングでリフォームします。


ガルバリウム鋼板をベースに

さらに耐食性を向上させた

厚膜型ウレタン樹脂塗装鋼板

「ハイレタン」を成型した屋根です。


この鋼板・・・スゴいのが海岸100m以遠で

穴あき25年&塗膜15年の強気(安心)な保証を

メーカーが発行しているんですね。


この保証年数と実耐久性なんですが

オガサの実績に自分の肌感覚を合わすと

だいたい通常の立地で「倍」はもってるのかな~?

また最も好条件な立地だと

保証期間の2.53倍以上の耐久性があるのかな~と。


ま、あくまでも感覚ですがね。


大気中の不純物は年々変化していますし、

ガルバリウム鋼板の耐候性や耐久性も

数年ごとにマイナーチェンジ向上していますからね。

 


highrethane-sgl_im02


さて、話しは戻ってこの「ハイレタン」

オガサでは過去に数件、

海岸付近の施設と工場改修工事で

チョイスして使った実績があるんですね。


実際に施工したオガサ職人からは

「コーティングの質が従来通りのモノとはまるで違う!」

と聞いては入るんですが、

悔しいことに自分はまだ触れたことが無いんですよ!


カタログのスペックと実績データーで

高品質は分かっちゃいますが、

自分ももとは職人上がりです。


オレもこの手で触ってみたいんです!



んで、良いモンって言いふらしたい!じゃないですか。


子供心に・・・じゃなくて、

技術者心でね・・・ハイ。


では、また明日!


金属屋根への葺き替えで地震に強く
遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。



アルミ製の倉庫屋根をリフレッシュ。

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

IMG_0765
い〜天気です♪

GW
が明けて梅雨までの1ヶ月間は

晴天の場合、昼間の日なたは暑いですね。


でも季節柄、今朝は放射冷却な朝でした。


高知市、朝の最低気温は13.6℃

Tシャツじゃ肌寒~い


で、日中の予想最高気温は

30℃! 

もう夏ですね。


高知は春と秋が短い・・・

イヤイヤ無いと申しますが

その通りでございます。

P2130385

さて、水産会社さまの倉庫屋根改修工事が

間もなくスタートします。


40年弱のこの倉庫。


屋根本体に複数の穴が空いて

度々の補修をするも

雨漏りが止まらず

オガサに修理の相談を頂いた次第です。


老朽化して雨漏りしている屋根を

撤去せずにそのまま、

ガルバリウム鋼板のカバーリング工法で

リフレッシュさせちゃいます。


既存の屋根は金属製ルーフデッキなのですが、

素材が「アルミ」なんですね。


鉄板にアルミメッキを施した

めっき鋼板じゃ無いんですよ。

屋根専用の100%アルミ板です。


海に隣接しているので

塩害による耐食性を考慮したのでしょう。


平成初期には流行ったのよね、アルミ。


アルミは軽くて耐食性も良いので一見、

屋根にも性能的に良さそうなのですが

柔らかいのでチョットした衝撃が加わると

表層だけで無く基材までキズが入ります。

(これが後々に致命傷となり、穴が空くことも)


理論的にとても良い素材ですが

当時はまだ、

耐食性や強度的な技術が追いついていませんでしたね。


また熱伸縮も大きいので

屋根などに何十メートルもの長尺で使用すると

その歪みが本体を剪断させてちぎれたり

留め付けボルトのパッキンを痛め

防水性悪化にもなるんですね。



その後、アルミは屋根材料としてほとんど普及せず

今主流のガルバリウム鋼板が登場したっちゅう訳です。


To be continued・・・


では、また明日!


金属屋根への葺き替えで地震に強く
遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。


古くなった波形スレートのリフォームには?

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

15007927670s

工場などの屋根に使われている波形スレート。


200410月の労働安全衛生法施行令改正によって

アスベスト(石綿)を 1%以上含有する

建設材や資材の製造・販売が禁止されました。


波形スレートもその耐火性、強度性を有するため

アスベストを使用しておりましたので

現在では当然ながら製造も販売しておりません。



さて、10年以上前からメンテをさせて頂いている

コチラの製造業工場さま。

40年経過しているので

全体的に雨漏りが慢性化していました。


本格的に修理を行いたいが

工場の稼働が止められなく困ってましてね、


そこでオガサへご相談。


実際に屋根を調査すると

スレート屋根の劣化が全体的に酷いんですが

フックボルトのパッキン劣化が大きな原因です。


また、夏場は屋根へ散水を行っているので

スレートの割れや反りが酷かったんですね。


そこで、既存スレート屋根を撤去せずに

新しくガルバリウム鋼板屋根でカバーする

ゼロディールーフをご提案。

15007927671s

この屋根は固定ビスの穴を開けないので

切粉やアスベストの発生が無く、

養生不要で廃材処理も発生しません。


ですから、、、工場は工事中でも

通常通りの稼働ができます!


そして、工事中の天候に左右されることが極めて少なく

工期の短縮できるんですね。

15007929040s


アスベストが含まれている屋根が

そのままで大丈夫・・・?


既存建築物の屋根に使われている

波形スレートは、

アスベストがしっかりと凝固されている為

飛散することはまずありません。


そのまま封じ込めても

人体への影響は無いんですよ。


わざわざ削ったり、穴を開けたりして

その粉を吸わなければね。


行政のスレート改修工事指針にも

しっかりと掲載されていますので、大丈夫ですよ!


〜ドローン屋根調査始めました〜
金属屋根への葺き替えで地震に強く
遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。     


工場稼働を止めません!

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


ここ数日は12月とはいえない気温ですね。


今朝の気温は16℃

明け方の最低気温も15℃以上です。


ここ数年のデーターを調べても

10℃以上高い気温ですよ。

今日の最高気温も20℃を超えるらしいから

10月並の気温ですね。


現場の施工にはバッチグーの気候ですがね。



さて、こうも暖かいと雨が多くなります。

先日も雨漏りが発生したとの連絡を受け

お得意さまの倉庫へ屋根調査です。


屋内からでも屋根の穴が目視できます。

PA240019

こりゃあ雨漏りも酷いでしょう。。。


案の定、このスペースは使用禁止にしているそうです。

ですから業務への影響も大きくてお困り。


屋根を確認すると

全体的にサビなどの老朽化が酷い。

PA240032

長期間ノーメンテで使ってきた屋根です。

これ以上メンテをしないと下地まで腐食してしまします。


幸いにもコチラの倉庫は下地がしっかりしていますので

今の屋根はそのままで

カバーリング工法にてリフレッシュ工事を行います。


一般的には外部の屋根側から

下地に向けて固定金具をビスで固定します。


そうすると屋内に鉄粉などの切粉が落下するので

室内側は養生を行うなど

工場や倉庫の稼働を止めなくてはいけません!


しかし、オガサが提案する無塵カバー工法

「ゼロディールーフ」なら

特殊工法のフラワーサドルを使って

内部へ切粉など、塵を落下させません。


ですから屋根をリフレッシュ工事する際にも

内部への影響はゼロ!

通常通りの操業が可能です。


しかも屋根材自体が新品になりますので

数十年に渡ってノーメンテな屋根に変わります。


こちらの倉庫も稼働を止めるコトができない商品を扱っていますので

このゼロディールーフで屋根雨漏りのリフレッシュを行います!

PA240036


ところでこの暖かい気候。。。


今週末は徳島県井川スキー場のオープンですが・・・

大丈夫かな?


では、また明日!


金属屋根への葺き替えで地震に強く
遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。



コンクリート屋根のリフォームもお任せを!

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


愛媛県のマンションオーナーさんから

屋根リフォームのお問い合わせがありまして、

現地へ調査訪問です。

DSCN5863

この築35RC造のマンション


屋根はスカイモルタルの下地に

アスファルトシングル葺きです。


何度となく塗膜防水で補修してきましたが、

劣化のピークを迎えもう限界。


あちらこちらのが剥がれています。

DSCN5862

外壁の塗り替え時期に合わせて、

屋根全体をリフレッシュしたいと

オガサにご相談頂きました。


最初、オーナーさんは

塗装屋さんや防水屋さんに相談されたらしいんですね。


どちらも工法の提案としては

既存のシングルを撤去して、新たにスカイモルタルを増し打ち

そして、カラーベストを葺いて仕上げる、工法の提案。


もっと短工期で安価な工法はないかと

オーナーさん自らネット検索をされ、

オガサのサイトでガルバリウム鋼板屋根での

カバーリング工法を見つけて頂きました!


そこで、ウチの提案は現状の屋根はそのままで、

現状にゴムアスルーフィングを敷いて、

ガルバリウム鋼板製の立平葺きの仕上げをご提案。


このガルバカバー工法は、

先の他社提案工法より優れている点がいくつかあります。


2つの大きな特徴は

① 工期が大幅に短縮でき1/5の1週間程度。

② その分工程も少なくなり、コストが他社提案の12程度。


また、モルタルの増し打ちが無く、大幅な重量増にもならないために

耐震性を損ないません。


そして、材料と施工を合わせた10年保証(第三機関による)が発行できます。

この安心感は大きいですよね。


ですからこの画期的な工法と安心にオーナーさんも大変喜んで頂きまして

早速、ご発注頂きました。



ここでポイントが!


まず、既存屋根の下地には

スカイモルタルが打設されていることを考慮して

屋根の固定方法を計画立てないといけません。


間違っても・・・このモルタルにアンカーを取り付けると

アンカー引き抜き強度不足の為、

台風などの強風時、簡単に屋根が飛散します。


スカイモルタルの厚さを測定して、

躯体コンクリートへアンカー基準に適した

打ち込みを行わなくてはいけません。


また、既存の屋根はそのまま残しますが、

新しい屋根との隙間が若干できます。


そこの結露防止と絶縁の為に、

防水性の高いゴムアスルーフィングを

新しい屋根の下地葺きとしてセット施工も肝心ですね。

DSCN5867

さて、これから施工図を作成し、屋根材の発注をかけて・・・

クリスマス頃の施工開始となりそうですな。

忙しくなるぞ〜!!!


では、また明日!


金属屋根への葺き替えで地震に強く
遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。 


波形スレートの劣化雨漏り解決法

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


製紙工場の屋根が老朽化で雨漏りしていまして、、、

その現地確認です。

DSCF3491

工場内から確認しても雨シミが多々確認でき

相当雨漏りしているようです。

DSCF3492

こりゃ、、、「雨の日には工場内で傘がいる!」と言われた

工場長の言葉も大袈裟じゃありませんね。



屋根はさすがに築35年も経ってますから、

かなりの劣化が進んでいます。

DSCF3502

棟のクラックなんて、

モノが当たって割れたのでは無く、

劣化しているトコロに

天井クレーンの「揺れ」が原因で割れたのでしょう。

こんな
10m以上もある屋根に

モノなんか飛んできませんからね。


セメント系建材はこの揺れや振動には本当に弱いですね。



そして、フックボルトのタールパッキンも完全に溶け出し

劣化して止水性の効果はありません。

DSCF3499

また、パッキンの劣化や割れ、

クラック以外からも雨漏りは起こるんですよ!



そ れ は、

スレートの重なり部分から進入する雨漏りです。


古くなったスレート屋根の表面には塵や埃、

そして苔が溜まります。


特にスレート同士の重なり部分が多いですね。


で、そこには雨も集中して流れますが、

当然、塵や埃も集中します。

更に苔が生え、

ダムのように雨水を堰き止めてしまうんです。


それに加えるように吸い上げ現象が起きて

雨漏りが発生し、見た目は悪く無くても

もう・・・止まらなくなります。


そういった吸い上げ現象を「毛細管現象」と言うんですね。


この毛細管現象って結構厄介で、

引っ付いた重なり面に水が入り込むと、

表面張力の影響で、水が上部(横へも)へ

「吸い上げる・吸い広げる」てしまいます。


こうなるとシーリング処理をしても全く止まりません。


希に高圧洗浄をして塗装を行う方も居ますが・・・

残念!絶対に止まりません。


だって、原因解決にはなっていませんから。。。

重ね部内部(見えていない部分)の塵による

毛細管現象は解決していませんも。


それにスレート自体の素材劣化は変わりありませんし。


仮に撤去して

スレートを清掃して復旧すれば

雨漏りは止まるかも知れませんが

それって現実的じゃありませんからね。


スレート屋根の劣化雨漏り修復は

無塵カバーリング工法

ゼロディールーフ」ですよ!


ちなみに、古い屋根はそのままで

剥いだり外したり穴を開けたりしませんから

工場は通常通りの稼働で

改修工事が完了します。



と、工場長さんと社長さんにご説明させて頂くと

相当気に入って頂けました。

見積書と工程表はもう少々お待ち下さいね。


では、また明日!


金属屋根への葺き替えで地震に強く
遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。




プロフィール

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役
1970年 高知市生まれ

金属屋根の製作施工と遮熱技術で高知の屋根を快適にしています。南海地震対策として金属軽量屋根を推進しています。(雨漏り修理も専門分野)


一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協) 代表理事

近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで津波や火災から命を守れる情報を建築専門家が発信しています。

記事検索