オガサ製工のポジ☆ブロ高知

雨漏り修理から快適屋根工事まで行う、屋根ドクターのポジティブな毎日!

素材のはなし

この素材、この技術・・・実は戦時中開発。

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


昨日、65日は1942年に

太平洋戦争のターニングポイントともなった

ミッドウェー海戦が行われた日です。
 

images

日本海軍は「赤城」をはじめとする主力空母4隻と

搭載機約290機の全てを失い大敗。


後の戦局が大きく変わった

歴史に残る海戦です。


その赤城は大正時代末期に建造が始まり、

昭和初期に完成した日本海軍の大型空母。


現在、自衛隊の護衛艦空母化で揺れてる

「いずも」と大きさ的には同等です。


デカイです。


大正から昭和にかけての日本の造船技術が

世界中でケタ外れにゴツかった事を

あらためて実感しますね。


その造船技術は現在でも

さまざまな分野に生きていますが、、、



実は・・・

屋根樋などに使われる金属「クラッド鋼」

(二種類の性質の異なる金属を張り合わせた鋼材)も

ナント!

戦前に軍艦用エンジンの主要材として開発された技術なんですよ!


また、大型艦を短工期で完成させる工程管理も

現在、建設業界で大型プロジェクトを管理する

ネットワーク工程表に活用されています。


100年前の日本技術は

今と比べても相当高く、

無いモノを開発する技術は

現在と比べても遜色無かったでしょうね。
 

shutterstock_531673045


さて、今日は全国的に晴天の一日になりそうです。

梅雨入り前の最後の晴天でしょうか?


30℃超えで湿度も上がります。

熱中症へは万全に備え、行ってみましょう!


仕事への「熱中しよう!」は大歓迎ですがね(笑)
 



そして、今日はミッドウェー海戦2年後の

1944年にフランス沿岸にて連合軍による

ノルマンディー上陸作戦が行われた日です。


では、また明日!


ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。


塩害に強いガルバの屋根材「ハイレタン」

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。
DPP_0150


じきに来る、梅雨入り宣言にビビりながら

毎年この時期の屋根工事を進めている

屋根ドクターオガサです。。



先日からスタートした

水産会社さんの倉庫屋根改修工事。


30年前の新築時、古い屋根は

海岸添いにある立地から

耐食性の優れる屋根専用アルミ板でした。


しかし塩害には勝てずに腐食が始まり

最近では雨漏りも多々起こり始めました。


そして約30年後の今、

令和ならではの高耐食性鋼板で

(まぁ平成末期の商品ですが・・・)

屋根を剥がずにカバーリングでリフォームします。


ガルバリウム鋼板をベースに

さらに耐食性を向上させた

厚膜型ウレタン樹脂塗装鋼板

「ハイレタン」を成型した屋根です。


この鋼板・・・スゴいのが海岸100m以遠で

穴あき25年&塗膜15年の強気(安心)な保証を

メーカーが発行しているんですね。


この保証年数と実耐久性なんですが

オガサの実績に自分の肌感覚を合わすと

だいたい通常の立地で「倍」はもってるのかな~?

また最も好条件な立地だと

保証期間の2.53倍以上の耐久性があるのかな~と。


ま、あくまでも感覚ですがね。


大気中の不純物は年々変化していますし、

ガルバリウム鋼板の耐候性や耐久性も

数年ごとにマイナーチェンジ向上していますからね。

 


highrethane-sgl_im02


さて、話しは戻ってこの「ハイレタン」

オガサでは過去に数件、

海岸付近の施設と工場改修工事で

チョイスして使った実績があるんですね。


実際に施工したオガサ職人からは

「コーティングの質が従来通りのモノとはまるで違う!」

と聞いては入るんですが、

悔しいことに自分はまだ触れたことが無いんですよ!


カタログのスペックと実績データーで

高品質は分かっちゃいますが、

自分ももとは職人上がりです。


オレもこの手で触ってみたいんです!



んで、良いモンって言いふらしたい!じゃないですか。


子供心に・・・じゃなくて、

技術者心でね・・・ハイ。


では、また明日!


金属屋根への葺き替えで地震に強く
遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。



正義の味方「銅板」

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

先日、会社の近所にある

店舗の銅製立て樋が腐食で水漏れを起こして

交換しました。

IMG_1175

銅板は基本的に耐食性が非常に良くて

長持ちしますが

下水道や浄化槽からの臭気ガスで

腐食する場合もあります。


現在はその対策として

銅板とステンレスをクラッド結合させた

素材に改良されていますので

長期間に渡って「銅」の風格と性能で

建物を雨水から守ります。


交換時にはピカピカでしたが、約1ヶ月で

いい感じのブロンズ色に変化してきていますね。
 

IMG_1782



さて、銅には一つ大きな特徴がありましてね・・・


それが「殺菌効果」です。


抗菌ではありませんよ。


実証試験の結果、

様々な菌やウイルスに対しての殺菌作用が

科学的にも実証されています。


例えば分かりやすいのが

台所シンクの三角ゴミカゴやストレーナーに銅を使うと

殺菌効果によりヌメリが出にくくなります。

また、水道の温水給水管に使われていますね。


その昔、蛇口やドアノブに多く使われていたのも

触るコトで手を殺菌する効果があったからと

言われております。


ただ、銅だけだと柔らかくて傷が付きやすいので

亜鉛を混ぜた合金「真ちゅう」がよく使われていますね。

黄金色の金属、身近にあるのは5円玉です。


ですから、銅板を屋根に使う場合は

野地板など木材の腐食になりますし、

玄関やら縁などの

独立柱の基礎部分に銅板が巻かれているのも

実は防腐やシロアリ予防などの目的もあるんです。


にわか抗菌ではなくて、

殺菌作用のがある

「銅」

花瓶に入れとくと水が腐りにくくなりますし

靴の中に入れとくと

お父さんの足の臭いも軽減されます。(軽度なら、たぶん)


では、また明日!


金属屋根への葺き替えで地震に強く
遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。


アルミ製の倉庫屋根をリフレッシュ。

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

IMG_0765
い〜天気です♪

GW
が明けて梅雨までの1ヶ月間は

晴天の場合、昼間の日なたは暑いですね。


でも季節柄、今朝は放射冷却な朝でした。


高知市、朝の最低気温は13.6℃

Tシャツじゃ肌寒~い


で、日中の予想最高気温は

30℃! 

もう夏ですね。


高知は春と秋が短い・・・

イヤイヤ無いと申しますが

その通りでございます。

P2130385

さて、水産会社さまの倉庫屋根改修工事が

間もなくスタートします。


40年弱のこの倉庫。


屋根本体に複数の穴が空いて

度々の補修をするも

雨漏りが止まらず

オガサに修理の相談を頂いた次第です。


老朽化して雨漏りしている屋根を

撤去せずにそのまま、

ガルバリウム鋼板のカバーリング工法で

リフレッシュさせちゃいます。


既存の屋根は金属製ルーフデッキなのですが、

素材が「アルミ」なんですね。


鉄板にアルミメッキを施した

めっき鋼板じゃ無いんですよ。

屋根専用の100%アルミ板です。


海に隣接しているので

塩害による耐食性を考慮したのでしょう。


平成初期には流行ったのよね、アルミ。


アルミは軽くて耐食性も良いので一見、

屋根にも性能的に良さそうなのですが

柔らかいのでチョットした衝撃が加わると

表層だけで無く基材までキズが入ります。

(これが後々に致命傷となり、穴が空くことも)


理論的にとても良い素材ですが

当時はまだ、

耐食性や強度的な技術が追いついていませんでしたね。


また熱伸縮も大きいので

屋根などに何十メートルもの長尺で使用すると

その歪みが本体を剪断させてちぎれたり

留め付けボルトのパッキンを痛め

防水性悪化にもなるんですね。



その後、アルミは屋根材料としてほとんど普及せず

今主流のガルバリウム鋼板が登場したっちゅう訳です。


To be continued・・・


では、また明日!


金属屋根への葺き替えで地震に強く
遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。


古くなった波形スレートのリフォームには?

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

15007927670s

工場などの屋根に使われている波形スレート。


200410月の労働安全衛生法施行令改正によって

アスベスト(石綿)を 1%以上含有する

建設材や資材の製造・販売が禁止されました。


波形スレートもその耐火性、強度性を有するため

アスベストを使用しておりましたので

現在では当然ながら製造も販売しておりません。



さて、10年以上前からメンテをさせて頂いている

コチラの製造業工場さま。

40年経過しているので

全体的に雨漏りが慢性化していました。


本格的に修理を行いたいが

工場の稼働が止められなく困ってましてね、


そこでオガサへご相談。


実際に屋根を調査すると

スレート屋根の劣化が全体的に酷いんですが

フックボルトのパッキン劣化が大きな原因です。


また、夏場は屋根へ散水を行っているので

スレートの割れや反りが酷かったんですね。


そこで、既存スレート屋根を撤去せずに

新しくガルバリウム鋼板屋根でカバーする

ゼロディールーフをご提案。

15007927671s

この屋根は固定ビスの穴を開けないので

切粉やアスベストの発生が無く、

養生不要で廃材処理も発生しません。


ですから、、、工場は工事中でも

通常通りの稼働ができます!


そして、工事中の天候に左右されることが極めて少なく

工期の短縮できるんですね。

15007929040s


アスベストが含まれている屋根が

そのままで大丈夫・・・?


既存建築物の屋根に使われている

波形スレートは、

アスベストがしっかりと凝固されている為

飛散することはまずありません。


そのまま封じ込めても

人体への影響は無いんですよ。


わざわざ削ったり、穴を開けたりして

その粉を吸わなければね。


行政のスレート改修工事指針にも

しっかりと掲載されていますので、大丈夫ですよ!


〜ドローン屋根調査始めました〜
金属屋根への葺き替えで地震に強く
遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。     


軒樋パーツの品質向上

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


先月から行ってた住宅屋根のリフォームが

完成間近です。


古くなったカラーベストコロニアルから

最近は雨漏りも始まり、心機一転。


ガルバリウム鋼板の立て平葺きにリニューアル。



そして、、、

夏場がもの凄く暑いと悩まれてましたので

アルミ製遮熱シートを使った

エコ遮熱ルーフ仕様でのリフォームです。



さて、ココのお宅で採用した

セキスイ化学の雨樋は塩ビ製です。


熱伸縮が非常に大きいので

排水マスの中で

軒樋の「縁」を切って熱伸縮を吸収させます。

IMG_1270

こうしないと

軒樋の隅曲がりコーナーが

熱伸縮ストレスでブチ切れちゃいますからね。


ですが、、、最近の隅曲がりコーナーは品質改良で

この熱伸縮ストレスに対応すべき

チョットした工夫がされています。


入り隅部は丸くして

肉抜き加工で伸縮ストレスを低減。


IMG_1277

底の部分は逆に

肉盛り処理で強度を増しています。



ひと昔前までメーカー純正部品には

こうした強度アップはされていませんでしたが

よほどトラブルが多かったのでしょう。

IMG_1276

また、オガサでも軒樋隅コーナー部材の伸縮割れ修理を

どれだけ行ってきたか・・・


まあ・・・部材強度より

施工側の熱伸縮処理が全く行われていなかったのが

主な原因ですがね。


このようにメーカー純正部品の強度がアップし

施工側も熱伸縮の知識がアップすれば

より軒樋の耐久性が向上しますので。

住まい手さんも安心ですよね。
 

IMG_1264

春ですね。


屋根軒先と樋の中に先日舞った黄砂が

タップリ付着していました。


先日の雨で軒先に集中したんですね。


これが堆積すると軒樋の詰まりになります。


しかし、偶に起こる高知特有の豪雨が

適度な軒樋の勾配を経て

キレイさっぱり押し流してくれるでしょう。


短い高知の春が駆け抜けています。




〜ドローン屋根調査始めました〜
金属屋根への葺き替えで地震に強く
遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。 


趣ある高性能なハイブリッド「銅雨樋」

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

IMG_1114

最近メッキリと少なくなった銅板製の雨樋。


お得意さんの築20年和風テイストな店舗の雨樋が

酸性雨の影響で一部が腐食。


そして接合部のハンダも切れちゃって

雨漏りしてました。


交換を依頼されましたが正直、

自分はためらったんですよ。


だってね新品の銅板はピカピカですので

木や漆喰が風化して

いい味あるの色に変色してるところに


「ピカピカ」


チョイと違和感があります。
 

IMG_1175

しかしですね、

今回は思い切って交換をオススメしたんですよ。


それは最近の銅雨樋は

「サスク」というハイブリッドな素材に変わっていて

耐久性が格段に向上してるんです。


この「サスク」(SusCu)は

業界初の新技術でして

0.3㍉厚のステンレスと0.1㍉厚の銅を

原子レベルで熱融着させた

ハイブリッドな素材の銅雨樋なんです。


雨樋の外面は従来通りの

銅素材そのままの趣きにとんだ

色調変化楽しめ、

内面は高耐候なステンレス製なので

酸性雨などの有害物質から雨樋をしっかり守ります。
 

IMG_0058

そして、このステンと銅は

接合部が金属融合なので

剥離や変形に対しても強く

長期に渡って銅雨樋の発揮させるんです。


さて、このサスクに使われている

二種類の性質の異なる金属を張り合わせた鋼材を

クラッド鋼や圧着鋼と呼ぶんですね。


原子レベルで圧着しているこの技術、

めっきのように剥がれたりしないという利点がありまして、

戦前から軍艦に使用される高圧蒸気機関には

無くてはならない技術だったんですね。


現在でも原子力発電所や火力発電所などでは

なくてはならない技術だそうです。


そんなハイテクというか高度な技術が

戦前からこの日本では使われており

それをまた歴史ある和風建築で生かす。


う~ん。。。なんて素敵なんでしょ。


高性能ながら

外面は味のある経年劣化を楽しめる。


この「サスク銅雨樋」いいでしょ。。。


〜ドローン屋根調査始めました〜
金属屋根への葺き替えで地震に強く
遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。  


建物を守り、人には優しい「銅板」

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

IMG_0404

久しぶりの銅板による装飾加工です。


五台山公園の木柵柱に付ける

銅板製のキャップ。


こんな仕事もオガサなんですね。。。


実は何百年もの昔、

ボクらの仕事の原点は

このような装飾金物つくりでして

やがて平板状の金属板を作る圧延技術ができまして

屋根をつくり始めました。


現在のような長尺屋根が生まれたのは

ホンノ60年程前の事なんですね。


IMG_0400

さて、今回は数十個の依頼なので

職人さんが手加工で叩いて丸めて作り出し

現地にて取り付けます。


今度の木柵も、いくら耐候処理をしていても

木材は切断面から水分を吸収しやすいものです。


まして、屋外で天向いて立ってる支柱ですから

なおのことです。


そこから腐食したり劣化が進んだりしますから

このようなキャップを取り付けるんですよ。



ところで、、、

銅は人が触れる事にメリットがあります。


実は、銅には殺菌作用があるんですね。


知ってました?


サルモネラ菌やO157などの食中毒関係の菌に

かなりの殺菌効果があることが分かっています。


研究結果や学術的にも

その効果がハッキリと示されているんですね。


その昔、蛇口やドアノブそして手摺に多く使われていたのは

触るコトで手を殺菌する効果があったからです。


ただ銅だけだと柔らかく傷が付きやすいのです

亜鉛を混ぜた合金「真ちゅう」がよく使われます。

黄金色の金属で身近にあるのは5円玉ですね。


ですから、銅板を屋根に使う場合は

野地板など木材の腐食になりますし

玄関やら縁などの

独立柱基礎部分に銅板が巻かれているのは

防腐やシロアリ予防などの目的があるんですよ。


「にわか抗菌」ではなくて、殺菌作用のがある銅は

台所の排水口やゴミカゴとしても使われていますよね。


ヌメリや臭いを抑えるのもその殺菌作用の効果です。


花瓶に入れとくと水が腐りにくいですし

靴の中に入れとくと臭いも軽減できます。(らしい)
 

shutterstock_199788137

大昔から建築に使われていた銅。


扱い易いだけじゃなく

木材の防腐効果や

使う人をバイ菌から守る効果があるんです。


今では高騰しちゃった「銅」ですが

その費用対効果を考えると

高価のモノでは無いかも知れませんね。。。


では、また明日!


金属屋根への葺き替えで地震に強く
遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。



プロフィール

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役
1970年 高知市生まれ

金属屋根の製作施工と遮熱技術で高知の屋根を快適にしています。南海地震対策として金属軽量屋根を推進しています。(雨漏り修理も専門分野)


一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協) 代表理事

近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで津波や火災から命を守れる情報を建築専門家が発信しています。

記事検索