小笠原種まきブログ

小笠原諸島の父島・母島の日々の様子をUPします☆ 小笠原へのご旅行のご相談は03-3451-5171小笠原海運まで!!

2015年06月

みなさんこんにちは、父島営業所のカトです。

元亜熱帯〇業センターのSoさん、我が家のスイカが実をつけましたよ!

P6211792
10日前、ピンポン玉
P6221794
1週間前、テニスボール
P6291868
そして本日。目指せサッカーボール
P6291870
本日は釣浜でお魚バトルです。いかにも獲れそうな名前の浜です。
P6291873
うっかりしてましたが、釣浜は海域公園。獲っていい生き物、方法が決められています。
P6291899
ルールの勉強をしてこなかったので、今回は偵察(シュノーケリング)のみで…
P6291880
釣浜はサンゴと岩礁、砂地の調和が美しい浜です。おや?サンゴの下に何かいるぞ…
P6291883
おやすみ中のネムリブカでした。起こしちゃってごめんなさい。
P6291937
ただいまの水深は7.8メートル
P6291879
海底から水面を見上げるとこんな感じです
P6291888
タラコくちびるな大きなシャコガイ
P6291923
アオウミガメさんもいました
P6291928
釣浜は浜から離れると潮が速くて危険です
夢中になって竜宮城までつれていかれないようにご注意ください。
P6291893
そして美しい浜に似つかわしくない戦跡…。P6291936
釣浜は特攻艇震洋隊の基地だったのです。

みなさまには、小笠原の自然の美しさとともに、平和の尊さを感じていただけたらと思います。

みなさんこんにちは、父島営業所のカトです。

元亜熱帯〇業センターのSoさんは梅雨空に負けず元気にしてるかなぁ…。

今回より、こちらの「旅人日記」コーナーに引っ越しました。僕は旅人というより住人ですが、
これから旅人になったつもりで書いていこうと思います。
P1010978
誕生日にMさんからプレゼントされたモリです!
バースデーですが、包装はクリスマスバージョン!
2015061221540000
洲崎でのデビュー戦では、華々しい成果がありました
P6241805
気を良くして、後日製氷海岸へ…おいしそうなアカバ君を発見
P6241827
殺気を感じ取られたか、サンゴの隙間に逃げられました…、続いてウツボ君…はスルー…
P6241819
浜に上がって小休止していると、ヤドカリ君が棒で遊んでいました。
P6241820
さらに戦時中の壕を発見。父島に住んで10年近くなりますが、知らないことがたくさんあります。
P6241848
再び海へ…魚はたくさんいますが、おいしそうな魚はなかなか獲れません…
P6241829
そして、おいしそうな魚はすばしっこい
P6241849
そして、もちろんこのお方には勝てません…(おとなしいネムリブカです)

結局、今回のお魚とのバトルは僕の完敗に終わりました…
次回は「とったどー!」をお見せしたいと思います!

父島と母島を結ぶ ははじま丸 (伊豆諸島開発株式会社) も新しい船になります。
就航は おがさわら丸よりも少し早い 平成28年の7月初旬の予定です。

ははじま丸の代替新造船の主要目です。

総トン数 約499トン (現船490トン)

全長65.2メートル (現船56.65メートル)

旅客定員200名 (現船168名)

コンテナ搭載数22個 (現船10個)

総トン数は大きく変わりませんが
お客様、貨物ともに 輸送力は大幅に増加します。
素晴らしいです !

航海速力は16.5ノット (現船14.5ノット) で
父島・母島間の所要時間は10分短縮され、
2時間ちょうどになります。
現船の主機は3,000馬力1基なのですが
代替新造船は2,200馬力が2基となり安定性が ぐっと向上、
これが10分短縮に寄与します。

建造は長崎市の渡辺造船所、
建造契約は5月28日に済んでおり、
起工は9月11日、進水は28年3月27日、竣工は6月14日、
そして初就航は7月初旬を予定しています。

船名、船体塗装はまだ決まっておりませんが
白を基調とした爽やかなイメージの色にする予定です。

そしてなんと なんと、代替新造船のイメージ画を本邦初公開 !

図1

ははじま丸代替新造船の建造について、
今後もこの「おが丸旅人日記」でお知らせします。
どうぞ お楽しみに。
最後に、皆様の母島へのご来島を、心からお待ち申し上げます。

みなさん、こんにちは。

6月13日~16日にかけて硫黄島墓参のため、
おがさわら丸が硫黄島に行ってきました。
4
硫黄島とおがさわら丸
ブログ硫黄島からすり鉢山2
すり鉢山から見た風景 左奥に小さくおがさわら丸がいますよ~
2
硫黄島の水平砲台
3
船から見たすり鉢山
1
グリーンフラッシュ!太陽が沈みかける時に緑色に輝く現象です。
分かりづらいかもしれませんが、真ん中に少しだけ緑っぽい太陽が・・・




↑このページのトップヘ