2007年11月30日

エコビレッジ国際会議2007

エコビ .瀬ぅ▲併エコビ◆ ̄麁氏エコビ 全体




2007年11月23・24日渋谷にて行われたエコビレッジ国際会議に、緒方教授の紹介によりスタッフとして参加しました。京都議定書の約束期間が間近であったこの時期、世間の環境に対する関心は高まっており、両日とも満席という盛況のうちに幕を閉じました。
講演の内容としては多岐に渡り、ダイアナ・クリスティー氏のエコビレッジの定義からジョバンニ・キアロ氏の記念ライブなど、様々なアプローチによってエコビレッジの形成を目指すものでした。特に海外におけるエコビレッジの形成、日本における過疎地の開発、コーポラティブハウスの三つが主なテーマとなっていました。
コーポラティブハウスとは、元々女性が社会進出するにつれ育児を共同で行おうという動きを取り入れたマンションのことをさしていました。しかし最近になりコレクティブハウスは介護や環境に共同で取り組むなど多様化しています。住民同士の繋がりを持たなければ建設できないため、人と人との関係が希薄になった都会において注目されています。これも一つのエコビレッジと言えるでしょう。
世界のエコビレッジに対する考えと日本の考えは少し異なっています。世界のエコビレッジは何もない所、つまり荒野などに環境と共生する村を作るという発想です。しかし日本のエコビレッジは地域開発的な視点が強いため、現在過疎化が進んでいる、または将来消滅するかもしれない村などを対象とし、エコビレッジを形成するという発想です。世界と日本のエコビレッジの相違が見えてきたのはとてもおもしろいことでした。
今回の参加を通して考えさせられたことは、エコビレッジとは人の数だけある、ということです。どのエコビレッジが優れているというわけではなく、その土地またはその時代に合ったものが選ばれるのではないでしょうか。ただ一つ共通しているのは、人と人との繋がりなしにエコビレッジは成立しないということです。

【URL】
BeGoodCafeのホームページ:http://begoodcafe.com
エコビレッジイヤーへのリンク:http://www.ecovillage-japan.net/


文責:緒方ゼミナール3年 齊藤 友里恵
  

Posted by ogata_lab at 17:30TrackBack(0)

2007年11月05日

2007年11月3日 同志社大学(岸ゼミ)主催の里山収穫祭に参加してきました。

つじの、里山1つじの、里山4つじの、里山3



当日は快晴でまさに収穫祭日和となりました。朝11時頃に奈良県生駒市の里山に着き、同志社大学のゼミ生の人たちと合流しました。同志社大学の留学生や近隣住民の人々もおり、賑やかな収穫祭となりました。
 里山での仕事は竹を切り出してくるところから始まり、その竹を使ってお椀をお箸、お皿を作ったり、里山で獲れたお米を使って餅をついたり、サツマイモをほるなどの作業を岸ゼミの人々に教えてもらいながら手伝わせてもらいました。
 一通りの作業が終わると待ちに待った昼食です。献立は里山で獲れた炊き出しのご飯やバーベキューで、一仕事後の食事はまた格別でした。自分で獲ったもの(ほとんど岸ゼミの方に収穫していたのですが)を食べるということは、自然の生きた味を実感しました。昼食後は脱穀を体験させていただいたり、ほかのゼミの方と意見交換などをして交流を深めることができました。
 今回岸ゼミの収穫祭に参加することによって、岸ゼミのテーマである「持続可能な循環型社会の研究」に実際に触れることができ、これからの緒方ゼミとして活動していく上で大変参考になりました。とても有意義な一日を過ごせたと思います。同志社大学岸ゼミとはこれからも仲良くさせていただきたいと思います。
                (文責、2007年度緒方ゼミ2年 辻野 拓也)
  
Posted by ogata_lab at 00:34TrackBack(0)

2007年11月3日 岸ゼミナール里山収穫祭

とみー、里山とみー、里山とみー、里山



ベトナムでの海外研修に一緒に行動をともにした、京都の同志社大学の岸ゼミナールが2007年11月3日に開催した「収穫祭」に参加させて頂きました。岸ゼミナールでは「里山」をテーマに研究をされていて、実際に奈良県の山間地で里山の保全活動を実施しています。この日は、秋の「収穫祭」ということで脱穀を体験させていただきました。本格的な脱穀機を使わせていただきましたが、これを扱うのが「超」難しい・・・
里山は予想以上に広く、水田の上流の森林をよく管理をしていないと、倒木がおきたりするため、大変なようです。炊き出しのご飯や味噌汁を手作りの竹の容器で食べるなどの貴重な機会を提供して下さった、岸ゼミの皆さんありがとうございました。

文責:緒方ゼミナール3年 富田博之
  
Posted by ogata_lab at 00:14TrackBack(0)