東遊運動・南遊運動 ベトナム植林インターンシップ

2005年04月26日

AIに向けて緒方ゼミ3年始動(1)AIに向けて緒方ゼミ3年始動(2)AIに向けて緒方ゼミ3年始動(3)


 緒方ゼミは、9月に「アジア・インターンシップ2005(AI2005)」を予定しています。「AI2005」の前半では、ハノイ国民経済大学の学生と合同ゼミを行い、プレゼンテーションの交換・討論を通じて相互理解を深めます。今年の議題は、水資源、地域開発、環境教育を取り上げる予定です。この活動は、「東遊(ドンズ―)」と「南遊(ナムズー)」運動の精神に基づき、日越相互の交流はもとより<お互いから学ぶ>を目的としています。現在、緒方ゼミは、ベトナムでのディスカッションがより素晴らしいものにするために、サブゼミにおいて各班でコンテンツの検討を重ねて、日本語論文、英語論文の作成に取り組んでいます。
 
 「AI2005」の後半は、フエに移動し、フエ農林大学の学生とともに<日越友好の森>のための植林インターンシップを行います。既に、現地で植林予定地と苗木は確保してありますので、多くの方々の参加が期待されています。また植林後は、昨年同様、現地の人々とともに慰労をかねて、キャンプファイヤーや懇親会等を催し、民族の文化と歴史の交流を図れればと思います。
 そのために、「AI2005旅程表」と「AI2005参加者マニュアル」を作成しますので、今月下旬には公表できると思います。その際には、一般の皆様にもぜひ参加していただきたいと考えています。ご期待ください。
(文責:3年ゼミ長 浅川 学)


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ogata_lab/20099418
この記事へのトラックバック
日本とは2時間の時差があるベトナムについての記事を 今週はお送りしていま〜す。
ベトナム〓テレビドラマ【社会的会話コラム】at 2005年06月27日 19:20