レスター・R・ブラウン氏の講演会報告書

2006年05月29日

レスターレスターレスター


FLP演習(緒方) 日本環境財団主催のレスター・ブラウン氏報告会に参加

5月24日、(財)日本環境財団にて開催されたレスター・ブラウン氏の講演会に参加しました。当日は、あいにくの雷雨にもかかわらず、財団関係者が夕方17時に表参道の日本環境財団会議室に集まりました。財団事務局の橋根さんから会場整理を依頼されていたので、ゼミ生は16時に集合し、椅子を並べ、会場受付をお手伝いしました。
最初に理事長の福岡氏の挨拶の後、レスター・ブラウン氏の講演が始まりました。今回は、新しく出版された『プランB 2.0』についての報告でした。ブラウン氏は中国の消費拡大などからみえる地球環境の危機的状況から報告を始め、その解決方法を示唆しておられました。
ひとつにはグローバル経済の再編成(自然エネルギーへの転換やエタノール燃料車への移行など)について、一部地域のみで対策が行われているものの、全世界的にそれを普及させてゆく必要性や、地球環境の回復に向けた税制改革などの対策のほかに、新たな資金を投じて保健サービスや家族計画の普及・過放牧地などの復元のために1000億ドル以上を費やす必要性についてもお話頂きました。「持続可能な経済」モデルへの移行を早急に推し進めなければならないという、レスター・ブラウン氏の強い思いが伝わってくる講演でした。
講演終了後に予定されていた質疑応答などは、時間の都合上省略されてしまいましたが、レスター・ブラウン氏の講演を間近で聴くことができ大変貴重な体験となりました。会場を出てから、近所のレストランにて「臨時セミナー」が開かれ、ゼミ生同士でレスター氏の報告について夜遅くまで話し合いました。(文責:FLP演習2年 落合直)


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ogata_lab/50468435