6月27日中間報告会

2006年06月29日

 AI2006中間報告会01AI2006中間報告会02AI2006中間報告会03


 6月27日、緒方ゼミ3年生によるAI(Asia Internship)2006中間報告会が行われました。
 AI2006とは、私たちのゼミが毎年ベトナムで行う海外研修活動であり、フエ大学との植林活動と、ハノイ国民経済大学の学生との論文発表・意見交換を目的としたプログラムです。今年は9月10日から約10日間ベトナムへ赴きます。今回の中間報告会はAI2006で発表する論文の作成にあたり、幅広い方からの意見を伺うことで今後の活動を効果的に進めたいという趣旨の下、開催されました。
 論文のテーマは「循環型社会形成の実現」であり、この目的を持った下で、地域開発班・廃棄物班の2班に分かれて作成活動を行っています。今回の報告会ではたくさんのご意見・ご指摘を頂き、本番までに行うべき課題や改善点が明確になったことはもちろん、プレゼンテーションの進め方を始めとした速やかな進行の工夫についても気づくことができるなど、大変得るものが多いものとなりました。AI2006までの日数は徐々に限られてきていますが、ゼミ員一同士気を高めより一層意欲的に活動していくための大きな契機になったものだと感じます。
 最後に、総合政策学部和栗ゼミの学生や、私たち緒方ゼミの4年生、FLPの学生などのご参加により、このように実り多く、今後の活動に活かすことのできる報告会になったことを嬉しく思い、深く感謝いたします。       文責:3年 木滑裕子

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ogata_lab/50501504