「アジア・インターンシップ2006」活動報告

2006年10月30日

2006合同ゼミ2006合同ゼミ2006合同ゼミ



2006年9月10日から19日まで「南へ学べ」とべトナムへ赴き「アジア・インターンシップ2006」(現地研修)に参加しました。
 本年も現地学生との合同ゼミや植林活動、活躍する日系企業訪問、ナムソンゴミ処理場など現地調査を行う機会を得ることができ、「開発と環境の共生」について意見交換をしてきました。
 日越合同ゼミでは、ハノイ国民経済大学の学生と、本年4月から研究を重ねてきた循環型社会構築のための「廃棄物処理」「バイオマス」に関して論文(英文)交換を行い、討論会を実施しました。
日頃使い慣れていない英語発表に苦戦しながら、多くの学生が発言し、お互い広い視野で考えることができ、大変実りのあるものとなりました。そして、合同ゼミ後の懇親会でも議論が白熱し、アドレスの交換などを行いました。帰国後も連絡を取り合い、その後論文作成に役立てています。

ファン・ボイ・チャウフエフーズ合同植林








「日越友好の森」での植林活動では、フエ農林大学の学生と森林再生がもたらす地域開発の効果を考えながら親交を深めました。本年で4年目を迎える植林活動は、樹木の成長という形で、目に見える成果をもたらします。現地学生によるこれまで植えた木の成長の研究報告や、植林によって地域に与える好影響を調査しました。

 毎年アカシア、ホピア、香木の3種類の樹木を植林してきましたが、本年は王子製紙様から、アカシアの苗木の贈呈を受けました。さらに本年から「21世紀の魔法の木」と国連で呼ばれている「ニーム」を試験的に植林し、現地大学が管理し、ニームが地域生態系に与える影響を調査し、来年その成果の共同研究を実施します。このように現地合同植林活動がより一層充実したものになりました。

                             (文責:緒方ゼミ3年 内海 洋明)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ogata_lab/50609423