2007年 2年ゼミ 春期総括合宿報告

2007年04月05日

2007 春合宿2007 春合宿2007 春合宿



2007年2年ゼミは、3月25日の卒業式で4年ゼミ生からゼミ活動をバトンタッチし、3月27日から3月30日にかけて大学契約ホテル「伊豆ルネッサ赤沢」にて春合宿を行いました。
 合宿の1日目と2日目には、2年次後期から学習してきた「社会的共通資本」概念の総括と、先輩たちが築き上げてきた海外研修「アジア・インターンシップ報告書」の分析を行いました。各ゼミ生が事前に準備してきた意見を交換し、また緒方教授のベトナムでの3月フィールド調査報告や助言を参考にして議論を進めることで、社会的共通資本という視点から環境問題を捉えることができるようになりました。
 合宿の3日目と4日目には「環境班」と「地域開発班」の2班に分かれ、「アジア・インターンシップ2007」でベトナムの大学で発表する論文のテーマを設定し、これからの活動の予定を決めました。今後は、環境班はクリーン開発メカニズム(CDM)、地域開発班は社会資本と地域の経済発展について研究していきます。
 また、合宿ではバーベキュー夕食会や親睦会を通じて、ゼミ全体の交流を深めることができました。この春合宿の成果をもとに、私たちはこれからのゼミ活動に励んでいきたいとおもいます。
 なお、真ん中の写真は9月にベトナムで披露する合気道の予行練習の様子です。

                           (文責:緒方ゼミ2年 中倉 高志)
                          

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ogata_lab/50773973