2008年5月26日   洗足学園音楽大学での講演・演奏会

2008年05月28日

洗足洗足洗足





 2008年5月26日、洗足学園音楽大学二宮ゼミ主催の演奏会に参加しました。緒方ゼミと洗足学園二宮ゼミの友好を深めることができました。演奏会は2部構成になっており、第1部は洗足学園音楽大学の演奏会、第2部は緒方教授の講演会となりました。
 演奏してくださった曲のイメージは、1曲目は「自然の誕生」から始まり、「環境破壊」が起こり、最後に「自然の再生」、という構成になっておりました。リサイクルしたペットボトルを叩いて演奏をする場面は迫力があり、すばらしい演奏でした。2曲目は経済と自然の均衡を表現したもので、とても穏やかな曲調でした。3曲目は「message」というタイトルで、環境の現状を世界に訴えるという内容のもので、実際に歌で表現していることもあり、心に響きました。以上の3つの曲はいずれも二宮ゼミ生による作曲であり、音楽大学の学生の感性や表現力の豊かさに驚かされました。二宮ゼミ生の演奏で、環境と音楽の融合を体感することができ、貴重な経験となりました。
 第2部の緒方教授の講演会では、生態系の『循環型サイクル(生産→消費→分解)』を現代の経済に反映する、という内容でした。生態学と経済学の関係性がとてもよくわかりました。
 今後、洗足学園とは、緒方ゼミの映像に音楽を提供してくださるパートナーとしての関係を築いていきます。洗足学園の二宮ゼミは、生徒達が自主的に立ち上げたゼミであり、みんな積極性があり明るく楽しい人たちでした。二宮先生をはじめ、ゼミ生の皆さん、今回のようなすばらしい演奏会を開いていただきありがとうございました。

文責:緒方ゼミナール3年 斉藤雅弥


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ogata_lab/51467855