2008年10月14日 ハンビエン大学講師 岡和明 氏 講演会

2008年10月20日

岡氏岡氏岡氏




10月14日、中央大学経済研究所の公開研究会において、岡和明氏による「ドイモイ以降のベトナム」の報告が行われました。岡氏はベトナムのハンビエン大学で講師をされており、今回はベトナムの歴史、政治、経済に加え、岡氏の実体験に基づく教育分野のお話をうかがいました。
ドイモイとは「刷新」という意味です。ベトナムはこのドイモイ政策によって発展をしようと試みおり、2020年までに工業国の仲間入りすることを望んでいます。しかし、円滑に物事が進んでおらず、政治・経済的に硬直している面が残っていると説明されました。
また、日本人は、ベトナムが急速な発展を遂げている、といった認識を持っていますが、実際のところは成長率平均7%代。他の東南アジアは2桁台の成長率です。このように、本当のベトナムの実状というものをお話していただきました。
実際にベトナムで生活されているからこそ分かる生きた情報を知ることができました。来年のAIに向けてベトナムに対する知識を増やすだけでなく、等身大のベトナムを理解しなければいけないと感じました。


文責: 2年 中井恵理

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ogata_lab/51578703