2011年08月

2011年08月07日

歯科治療における救命処置

 今日は大学同窓会主催の講演会に行っていました。
麻酔科の教授であり、横浜センター長でもある吉田先生が演者です。

 救命処置は大変重要なのですが、ほどんと行うことがありません。
できれば行わずにいければよいのですが、万が一に備えておかなければなりません。

 そのため何度も救命の講演、講習を受けなければなりません。


CA390004

講演前の風景です。



CA390005

AEDの練習です。



CA390006

気管挿管を勉強するためのマネキンです。


2010年に改定された救命救急のルールを勉強してきました。


尾形デンタルクリニックHP


アクセス

人気ブログランキング



ogatadc at 20:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)治療内容 

保険診療でできる審美治療

 3Dレイアリングテクニックで天然歯のような仕上がり

 審美治療というと保険が利かず、治療費が高いというイメージがあると思います。
しかし、保険治療でも審美治療が可能なことがあります。

それはコンポジットレジン充填です。


まずはこの写真を見てください。

DSC_0229

 皆さんの口のなかにも、この様な金属は入ってませんか?
この様に咬む面に限局して金属が入っている場合は、コンポジットレジン充填に変える適応症です。



この金属をはずして、コンポジットレジン充填を行うと・・・

DSC_0233

 いかがでしょうか?
ほとんど天然歯のように見えると思います。


 1歯あたり治療時間は30分程度(この写真の患者さんは2本行っているので45分程度でした)で、
治療費は1500円程度です。

 このような仕上がりになる条件は、
咬む面に限局していることと、3Dレイアリングテクニックを用いることです。

 白い歯を取り戻してみませんか?

尾形デンタルクリニックHP


アクセス

人気ブログランキング



ogatadc at 01:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)治療内容 

2011年08月04日

マーロウのプリン

仕事で葉山に行ってきました

衛生士さんのリクエストで葉山のマーロウのカフェに行ってきました

CA390001

北海道フレッシュクリームプリンです。家ではこんなに綺麗には出せないです

CA390003
アルバイト募集中らしいです

ごちそうさまでした

尾形デンタルクリニックHP

アクセス

人気ブログランキング

ogatadc at 00:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)食べ歩き 

2011年08月03日

薬を使った歯周病治療

 今日は歯周病治療について書きたいと思います。

 昔は歯槽膿漏と言われていた病気です。
歯周病とはハグキが腫れたり歯を支える骨が溶け、歯がぐらぐらになり抜けてしまう病気です。
自覚症状が少なく、症状があってもしばらくすると緩和し、気づかずに進行してしまうのが特徴です。
症状としては歯ブラシをすると血がでる、口臭がする、歯が揺れてくるといったものがあります。
 
 歯周病の主たる原因は口の中にいる細菌の毒素によるものです。
そのため治療は細菌を減少させ、毒素を減らすことにあります。
従来の治療方法は細菌に汚染された組織を除去するために、外科的に歯の根を薄く削ったり(現在はほとんど削らない方法が主流になっています)、汚染された歯肉を除去していました。
この様な方法を機械的治療といいます。
治療効果は高いのですが、歯がしみやすくなったり、根が露出しやすくなる欠点がありました。

 一方、原因が細菌なので内科的に抗生物質や抗真菌薬を使用することにより歯周病を治せないかと言うことが研究されつづけてきました。この様な方法を抗菌療法といいます。
でも口の中の細菌は多様で、バイオフィルムというバリアに守られているので有効な薬剤がないといわれていました(そのため多剤を併用し、投与期間が長い方法もありました)。そのため歯周治療は機械治療方法が主たる治療方法で、急性期のみ抗生物質を使用することが推奨されてきました。

 近年、統計学的手法の発達により今までの論文が統合され、科学的根拠の高い(エビデンスレベルが高い)システマティックレビューが登場しました。様々な論文が統合できるため症例数が飛躍的にあがり、治療方針の精度が高まりました。
 2003年にHaffajeeらが機械的治療単独と抗菌療法を併用した場合を比較したシステマティックレビューを発表しました。その結果は抗菌療法(抗菌薬の飲み薬)を併用したほうがよい結果が得られると言うものでした。
(Systematic anti-infective periodontal therapy. A systematic review. Haffajee AD, al. Ann Peridontol. 2003)

 そして2010年には日本歯周病学会でも「歯周病患者における抗菌療法の指標」というガイドラインが作成され、機械的治療と抗菌療法の併用についてはエビデンスレベル1、推奨度グレードB(行うように勧められる)として、従来の治療で反応の低い患者さんに推奨されるとしています。

 当医院では組織移行性が高く、バイオフィルム破壊効果のあるジスロマックを用いた歯周抗菌療法を行っています。

 通常の歯茎の治療では改善が見られなかった患者さんは是非、ご相談ください。


尾形デンタルクリニックHP

アクセス>


人気ブログランキング

ogatadc at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)治療内容 | エビデンス
診療時間
平日9:30~13:00/14:00~17:30 土曜日10:00~13:00/14:00~17:30

休診日
水・日・祝

電話
03-3418-5174

〒154-0001
東京都世田谷区池尻2-35-9
マンション池尻102
月別アーカイブ
記事検索