泣き虫シンガー 小川マキBlog

人生数々の寄り道を経て、唄を奏でることに幸せを見い出した。
お客さんの涙に感動しては、自分の方が泣いてしまう始末。
はてさて、今日の姫は何に感動してるのだろう・・・?
赤芽球癆(せきがきゅうろう)という非常に稀な病気を患い、
難病と闘う日々の想いも綴っています。

DEARツアーレポ

★ Xmas in 故郷まえばし ★

12月21日(金)、前橋入り。
市内にある「おおとも老人福祉センター」でのクリスマスライブ♪

maebashi_1maebashi_2





元気なお年寄り達が集う憩いの場です。
大広間には立派なステージが(☆o☆!
小川マキライブの前には、カラオケ大会が開催されていたこともあって、皆さん盛り上がっていて賑やかでした。
思いがけずにアンコールまで頂き、ナイスハプニング♪

maebashi_3ライブ後は、
NHK前橋放送局へ・・・
夕方6時からの番組
「夕焼けほっと群馬」に
ゲスト出演。

maebashi_4パーソナリティの奈良のりえさんとは
3年振りの再会だったのですが、会話が弾んで楽しいひとときでした(^-^)/
クリスマス間近ということで
かけてもらった曲は、
「♪Merry Christmas-聖夜に捧ぐ-」

ありがとうございましたー(^0^)/


☆ - ♪ - ☆ - ♪ - ☆

12月22日(土) 前橋テルサ音楽祭
前橋テルサ15周年記念イベントにお声をかけて頂きました。
500人のホールが立ち見も出るほどの超満員でした。

maebashi_5会場前の受付は、ディズニーランド状態だったそうです(@@
ご来場いただいた皆様
本当にありがとうございました。
最前列にはチビッ子ちゃんが・・・
o(^-^)o

maebashi_6maebashi_7







maebashi_8何十年振りに会う職場の同僚や先輩、
同級生も駆けつけてくれて嬉しい一日となりました。
そして、今回も初めて私を観てくれたというお客様から「感動した・・・」と声をかけていただき感激でした。


今年の春、サクラツアーで始まった2007年。
yamaDの故郷出雲〜寺サンの故郷奈良を巡るツアーをやってきたことが、遠い昔のような気がしちゃいます。
2007年の最後に、小川マキの故郷でのライブがこのメンバーで実現したということに大きな意味があったな・・・と感無量でした。

今日のクリスマスイヴLive♪
明日のXmas&忘年会Live♪
いつも応援してくれてるファンのみんなと
2007年を締めくくりたいと思っていまーす(^-^)/
ヨロシクね!

東京ファイナル♪

アルバム『DEAR』先行発売ライブ・ファイナル         
          @東京 大塚Welcomback  11月21日(水)

DEARtour_tokyo2お忙しい中、寒い中、、、
50名を越えるたくさんの
仲間達に集っていただきました。

お陰様で、
発売記念ワンマンライブが
とっても盛り上がって
楽しい一夜となりましたね。

きっと、集まってくれたみんなも
楽しんで頂けたのではないでしょうか〜(^-^)/



1stステージでは、普段あまり歌う機会のない
「♪Today is For You」を演奏。
途中、バンドが空になるところで、マイクをyamaDに振ったら・・・

DEARtour_tokyo3DEARtour_tokyo4







誠実なNice Vocalを聴かせてくれました。

「〜Happy Weding for you...!! 〜Happy Weding for you...!! 」

会場からは、大拍手〜♪
Gooooood !!!



DEARtour_tokyo2nd Stageではサプライズが...!!!
レコーディングに参加してくれた
JamStringsのみっきぃ(ヴァイオリン)が楽器を持って遊びに来てくれたの♪
「♪カオスの空」でゲスト出演してくれましたー(^-^)v

今日のお客様はラッキ〜(*^-^*)/


DEARtour_tokyo51st Stage では、
yamaDが人気者だったけど
2nd Stage では一転。

「寺サ〜ン」

寺コ〜ルがかかったぞ(^^)♪

サウンドプロデューサーからの視点で
今回のアルバムの聴き所も語って頂き
その中で参加ミュージシャンの話も。


その時、PAルームから
謎の声が・・・!!!


実は、この日のライブのPAは、
JamStringsのギタリスト:ホセ有海さんが担当してくれてたの。
機転を利かせて絶妙のタイミングでライブに参加してくれました♪

DEARtour_tokyo6ちょっと早めのクリスマスSong♪
会場中が、じーっと聴いてくれてるという実感がカラダ中に突き刺さってきて、
歌い終わった時、私の心の中の何かがスーっと抜けたような不思議な感覚に陥りました。


アンコールも頂きました☆ありがとー☆
「♪宵待月」を特別にCMヴァージョンで披露。
ラストはこの曲「♪ユメアカネ」

DEARtour_tokyo1ライブスタートから
休憩も挟んで2時間40分。

最後までお付き合い頂きまして
ありがとうございました(^0^)/



【演奏メニュー】
★1st Stage★
1. My Dear
2. 宵待月
3. 二人静
4. 道草・寄り道・さんぽ道
5. Today is For You
6. サ ク ラ
7. タンポポ

★2nd Stage★
1. Run La Run
2. 地図にない森へ
3. I'll Be Changin'
4. カオスの空
5. 大切な君へ
6. Merry Christmas~聖夜に捧ぐ~
7. 絆 糸

DEARtour_tokyo7★Encore★
8. 宵待月(short ver.)
9. ユメアカネ



☆★☆ たくさんの贈り物もありがとうございました ☆★☆
☆むらさん&レインマンさん写真ありがとうございました☆

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【サポート】
寺地 麻喜(Piano)
山田ヒロシ(Wood Bass)

【ゲスト】
みっきぃ石内(Violin)

【スペシャルPA】
Jose有海(Jam Strings)

めざみ

DEARツアー山形・第2弾
「めざみの里:和飲祭」@飯豊町        11月16日(金)

前日15日の深夜に、解禁となったボジョレー・ヌーボー
置賜地方の若者達が集ってのワインパーティでした。
「ワイン」=「和飲」
なるほどですね〜♪♪♪
「めざみの里」は、道の駅ランキングで東北No.1に輝いた施設。
「めざみ」ってどういう意味〜?
と、メンバーで話題になり検索大王の寺サンが早速調べてくれた。
フランス語で「親しい友達・仲間達」の意味。

ステージで、その話題をMCで話ました。

「フランス語で “MESAMIES” 」

「はぃ、みなさんで〜〜〜(^0^)///」

『MESAMIES〜〜!!! 』

うぉ〜☆
練習があった訳でなし、サクラを仕込んでおいた訳でもないのに
みなさん、素晴らしい〜(^^)v

DEARtour_1116aDEARtour_1116b






写真右は、この夜、我々がお世話になった宿でのお食事の一品。
「無花果のコンポート」
懐石料理の和のテイストの中で、ひときわ華やかで輝いていました☆

翌17日、雲一つない秋晴れの空。
見て下さい〜この景色・・・!!!

DEARtour_1116cDEARtour_1116d






最上川の源流。
遠く雪化粧して覗いているのは「飯豊連峰」
紅葉と雪山のコントラストが素晴らしいです☆☆☆
この季節だからこそ出逢える景色ですね。
こころの洗濯ができました。

この日、東京に帰る前に米沢に寄り、
「舟山病院」での慰問ライブ♪

DEARtour_1117bDEARtour_1117a






この日もまた、唱歌「ふるさと」を皆で大合唱。
メンバー&スタッフ一同、温かいものを貰えて
心の充電をさせて頂きました。
ありがとうございました。

DEARtour_1117cまたまた絆を深めたメンバー。
は〜ぃ、『MESAMIES〜〜!!! 』
左から、yamaD... 小川マキ...
山形producerツッチー... 寺サン。

ポーズも様々・・・四人四色。


さぁ、いよいよ来週は、
アルバム「DEAR」先行発売ツアーライブ♪ファイナル・・@東京。
みなさん、応援に来て下さいね(^0^)///

DEAR-tour:山形最終編

11月1日(木) ラジオ出演Day!!

DEARtour_1101a朝10時、YBC山形放送。
「ミュージックブランチ」生出演。
パーソナリティの青山友紀とは、
何度かお逢いしている間柄♪
ここで一大ニュース☆
寺サン初ラジオ事件発生。

青山さんから「寺地さんも一緒に出演されません?」と
突然お声がかかり、急遽ラジオ出演の運びに・・・☆

☆☆☆ いやぁ、めでたい!! ☆☆

サウンドプロデューサーとしての初出演、
終わってからの話し合いで、一つ反省が。
ちょっと「笑い」に持っていき過ぎました・・・と(笑;)
今度は、もっとちゃんと真面目な部分を語らねば!

そうそう、出演が終わった時、うしろのガラスを振り返ったら
おじさま&おばさま達ツアーご一行様が聴いていてくれました。
手を振ったら、手を振り返してくれて〜朝からはっぴぃ〜(^-^)♪


さて次は、FM山形「Voice To R」収録。

DEARtour_1101bDEARtour_1101c







パーソナリティは、日下 純さんと伊藤博美さん。
お二人とは「はじめまして」な、ハズなんですが、
実は、伊藤博美さんとは思わぬところで接点が・・・
なんと「ナウエル典礼CM」のナレーションは伊藤さんだったのだ(@@!!
こんな偶然ってあるのですね、ビックリでした。


次の生出演までちょっと時間があるぞ。
ジャケットデザインを手掛けて下さった林サンがいるオフィス
オレンジカンパニーへ遊びにいきました。
そこで、実はyamaDと待ち合わせ。
yamaDは、この日朝から蔵王ドライブを楽しんで来たようです。

igamochiおみやげの「稲花餅」(いがもち)。
初めて食べた!
冷めたら炙っても食べても美味しいらしいです。
箱の前にあるのは、「あけび」です。
右側のちっちゃいの、何コレ〜!?
顔みたいな模様になってるよ。
可愛い。

さぁ、そろそろ時間。
yamaDも一緒に、目と鼻の先にある山形VigoFMへ。

DEARtour_1101d「Sound Rissot」生出演。
パーソナリティのYUMIEさん。
素敵な人でした☆
曲のキュー出しが絶妙でカッコイイ〜♪
ここも寺サンと共演しました。
yamaDも誘ったんですが、
「オレはいいよー」って、、、残念。


*ー*ー*ー*ー*


11月2日(金) 「ソーレ中桜田」慰問ライブ

DEARtour_1102a山形市内の関連施設からも
大勢の方々が集まってくださり、
総勢80名程の賑わいとなりました。
近代的な設備と昔ながらの木のぬくも
りが大切にした落ち着いた空間。
スタッフの方もあったかいです。

DEARtour_1102bDEARtour_1102c







ライブ開始前から、ある元気なおばあちゃまとお話したの。
とっても音楽好きなご様子...
「昔は合唱をやっていたのよ〜」って(^-^)
だから、1曲目から唱歌「里の秋」をみんなで歌いましょう〜と。
そしたら、みんなで大合唱になっちゃいました。
アンコールを頂き、一番最後に「♪ユメアカネ」を歌わせて頂いたのですが、
この曲でも一生懸命一緒に歌ってくれました・・・
初めて聴く歌のハズです。
なのに一生懸命、私の歌につづいて

「さよなら、またあした〜」

「さよなら、まらあした〜」

こころに刻むように歌ってくれました。
胸の奥が熱くなりました。
ライブ後は、おじいちゃま&おばあちゃま達と写真大会。
泣きながら喜んでくれたあの笑顔は忘れられません。
また来年逢いに来ます!

スタッフのみなさん、ありがとうございました。


*ー*ー*ー*ー*


11月3日(土) 「ニッポン全国きもの日和」ゲスト出演


DEARtour_1103a秋晴れの空にそびえ立つ
山形・霞城セントラル

この日は、全国各地で「きもの日和」イベントが
繰り広げられているとのことでした。

いつも、ステージでは「和」のテイストを加えた浴衣アレンジ衣装で臨んでいる小川マキ。
この日は、20年前の小紋に久しぶりに袖を通しました。
しかも、普通に着るのではなく、
モチロン「小川マキ流」に・・・


着付けの練習をしてきたけれど、
何せ、オリジナルな着こなし・・・
30分の格闘でした。
着替え終わっただけでぐったり〜(=_=;

DEARtour_1103dでも、
イベントの着付け担当の女性から
「これは、どうやって着ているの?」
と質問の嵐。

(やはり珍しかったのでしょう....)

うふふ。

なんか嬉しい・・・(*^-^*)

来年は、イベントで歌うだけじゃなくて、
「新しい着こなし」コーナーで、ゲストで呼んでくださ〜ぃ(^0^)///

DEARtour_1103bDEARtour_1103c









ライブでは、アンコールを頂き「♪宵待月」を演奏。
サビの部分では、吹き抜けの2階から、
紙飛行機がいっぱい飛んで来たーーー♪

〜 風のように 花のように

   揺れるこの想い・・・ 〜

あーーっ!
寺サンの頭の上からドカーーッと落ちて来た!
ピアノの上に紙飛行機が散乱〜!!!
その様子がちょっと可笑しくて可笑しくて・・・
ディレクターが慌てて飛んできましたが、
何食わぬ表情で(でもきっと慌ててる?)演奏を続ける寺地麻喜氏。
さっすが〜(^^)v プロですね。

お客様からも和やかな笑いがこぼれて、
ナイスハプニングでした。

DEARtour_1103eライブ後には、CD即売会。
可愛い坊やがお父さんと一緒に買いに来てくれました。
慌ただしくも楽しい一日でした。

ありがとうございました。





*ー*ー*ー*ー*


11月4日(日) アルバム『DEAR』先行発売山形縦断ツアー最終日

蔵オビハチでのツアーファイナル♪の前に、
S-PAL山形店でのインストアライブ。
駅ビル直結のショッピングセンターで、若者達がいっぱい・・・
んんん〜ちょっと場違いっぽい感はあるが、ガンバロー(^0^)g
V6ファンという女の子達が、立ち止まってくれました。
「旅立ちの翼」大好きです〜って。
「Rainbow」もなんですかぁ〜?とか話ながら、CDも買ってくれた。
くじけそうになった時に嬉しかったよーーー☆ありがとう☆

終わってすぐ、そのまま蔵オビハチへ。

DEARtour_1104a4度目のオビハチ♪
初めての日を思い出します。
ジャズ好きのオーナーさんの
お眼鏡に叶うかしら・・・
ドキドキだったな。
訳もわからず歌ってたな・・・

あれから3年半。
なぜだかホッとする場所になりました。

DEARtour_1104b2ndステージのオープニングは
お馴染みyamaDのベースソロ♪
でも、このツアーでのそれは
今までのそれとは何か違う!
yamaDのやんちゃな顔がちらほら。
東京ファイナルもあるから
ネタバレにならないよう〜この辺で。

DEARtour_1104dツアーのお疲れさま打ち上げ会は、
今までに無い大所帯でした。
といっても10人ですが(^^;
少しずつ多くの人と関わっていける幸せを感じました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

ツアーでずっとお世話になって来た
Triple Factoryのみなさん。
写真の時にはお帰りになっちゃったので写ってないのが残念ですが、
ジャケットデザインのオレンジカンパニーのみなさん。

8日間のツアーお疲れさまでした。
そして、ありがとうございました。

しか〜〜し、
これで終わったのではなく、始まったところなのですーー!!!


このパワーを持ち帰って、いよいよ東京ライブに突入します。
11/21大塚ウェルカムバック♪
東京近郊のみなさんお楽しみに・・(^0^)//☆

DEAR-tour:羽黒町編

10月31日(水) くどき上手Live@亀の井酒造

「くどき上手」の蔵元、亀の井酒造さんでのミニライブの為、
羽黒町へ向かいました。
途中、ちょうどお昼時ということで、
山の中の素敵なお蕎麦屋さんに立ち寄りました。

DEARtour_1031aDEARtour_1031b








「ざるそば」ではなく「はこそば」というようです。
この瞬間のために朝ご飯を抜いていた小川マキ。
完食 !!
赤かぶのお漬け物も美味でした♪

DEARtour_1031c高速に乗り高原を走る。
ちょうど紅葉が真っ盛りです!
メルヘンのような景色に
しばし、ぼ〜〜っとしていたオガワ。
実はこの写真・・・
今、My PCの壁紙にしてるの(^-^)v


DEARtour_1031dDEARtour_1031e






亀の井酒造さんの大倉庫の2階。
この広いスペースの奥にアトリエがあり、
歴史ある母屋の一郭を補修しながら保存していたり、
今井社長の人生に深く関わりのある絵画や版画も飾られていました。
古いもの歴史あるものを大切にされているお人柄を感じました。

会場へは、山形県内の小売酒店さんも各地からいらしていて、
亀の井さんの従業員の方々と一緒にライブを楽しんで下さいました。

ライブ終了後には、今井社長さんから、
「くどき上手:大吟醸」のプレゼント(≧▽≦)♪♪

そして、その直後・・・
社長夫人が少々興奮気味に駆け寄ってらして

「マキさんにぴったりのお酒があるの〜♪」と

茜色のくどき上手を持ってきて下さいました。
きっと最後に歌った「♪ユメアカネ」を聴いて、
何かを感じて下さったのだと思います。

DEARtour_1031faDEARtour_1031f







この茜色の「くどき上手黒紫米仕込」は、古代米の赤いお米で作られているようです。
封を開けて、まず第一に、古代ロマンを感じる香り・・・
今まで、味わった事のない深〜ぃ味わいでした。
2日後に、またホテルで皆でいただいてみると・・・
より一層、まろやかな香りと味わいになってました。
これまた貴重な味わいに感動。

・・・を〜っっと、お酒談義に脱線しちゃいました(^^;

DEARtour_1031hDEARtour_1031i







ライブ後に今井社長さん直々に説明して頂きながらの酒蔵見学。
職人さんの愛情を受けながら、いろんな行程を踏みつつ
何日も何日も熟成されて世の中に出て行くのですね・・・

私もまだまだ熟成が必要だなーと痛感した瞬間でありました♪

DEARtour_1031g今回の亀の井酒造さんご訪問の旅を
YTS山形テレビさんが密着。
亀の井酒造さんのご紹介とともに
小川マキLive&インタビューなど
情報番組で特集を組んで下さったようです。


この日のライブで、
小川マキの歌を聴いてくれた一人の女性が、
泣いていました・・・
そして、帰り際に一言、勇気を振り絞って語りかけて下さいました。
「感動しました」と。。。
辛いこともあるけれど、一歩一歩進めたらそれでいいよね・・・
彼女もきっと心に何かを抱えていたに違いない。
明日から、彼女がまた素敵な笑顔で朝を迎えてくれることを祈りつつ
羽黒町を後にしました。

大勢の人に喜んでもらえる喜びも、ひとりの人に伝わる喜びも
すべてが私の勇気になります。



撮影のすべてが終了した頃には、もうすっかり日が暮れてました。

DEARtour_1031jそんな暗闇の中、
最後の最後に庄内のスタッフさんから
こんなプレゼントが・・・(@@!

まぁ☆庄内米です♪

みなさんに温かく迎えて頂き、
とても充実した一日を過ごす事ができました。
本当にありがとうございました。


          >>>>> 山形の旅は まだまだつづくよ(^0^)/
アルバム情報
リリック・アルバム
「ivy」
ivy
2013.12.1 Release
みんなのコメント
あの日のマキログへ Go!
ケータイでも読めるよ。
QRコード
  • ライブドアブログ