2013年03月13日

ハイランド通学路、やっと完成??間近??

6年程前、多くの保護者の方から署名付きの要望書が長野区にあがってきました。当時私は副区長をさせて頂いておりまして石田区長から県にお願いするにはどうすれば良いか?相談を受け、家森県議を紹介議員に県、市、などと協議の場を設けて頂きました。
あのときの通学路はひどかった。歩道は勿論なく50センチあまりの路側帯、その横は深い排水路、危険きわまりない現状を訴えました。一時しのぎで排水路に鉄板を引きその後工事はいつになるか?それまでに事故が起きない事を願いつつ現在に至っていました。
一部、歩道の幅がとれない部分は別にして、横断歩道、土地の有効利用でベンチまで設置されました。
長くかかっけれど、 保護者の方々も少しは安心して子供たちを通学させる事ができるので、ほっとされていると思います。

画像5      画像4         
















画像3   画像2







ogawatei at 19:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)町のあれこれ 

2013年02月12日

春に向かって

昨年の暮に信頼を寄せていた調理長の急死はショックだった。しかし49日忌明け法要もすぎ、小川亭としも新しい調理長を迎え再出発!自身の体調も管理するようにとの教訓が彼から届いてるように思う。そこで今朝から胃カメラ検診を行った。結果は「良」ということで一安心、春に向かって頑張ろう。今日は春の信楽アートな歩き方の説明会だ。

ogawatei at 11:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月19日

忘れてもらっては??

昨年の日記から---

『岡本太郎展の準備に追われてます。近々名誉市民第一号と躍進の里帰りが実現するかもしれない?再来年はトリエンナーレの年いい形で引き継ぎたい』、、

現在、そんな話あったな〜ぐらいに世間から忘れさられようとしている。

まちづくりは理念を持って積み重ねていかなければならない。いよいよ来年開催、信楽トリエンナーレの会合がはじまったが、昨年の太郎展を口にするものは皆無である。あの岡本太郎と信楽展はその前段として開催したのであって、名誉市民も躍進の里帰りもトリエンナーレの華としてほしいと考えている。皆さん(行政、地元議員、業界関係者等々)知らん顔ではどうかと思いますが、(-。-;



ogawatei at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)岡本太郎 

2012年08月01日

信楽高原鐵道と今後の信楽・甲賀の観光は?

120729_shigaraki


先日、高原鐵道のラッピング列車のお披露目の式典が開催された。信楽地域の経済団体「信楽経済懇談会」が発案、高原鐵道、甲賀市に働きかけ昨年予算化、予算300万と記憶しているが、それぞれ100万円負担で事業か進んだ。
信楽高原鐵道は本年25周年を迎え、上下分離方式で身軽になっての再出発が予定されている。地域の足として親しまれてきた高原鐵道が今後運営上、利益が出ないと即廃線となるだろう。

そこで、今回のラッピングについての疑問点をいくつか挙げてみると、甲賀市の鉄道としての位置づけにおいて、デザインに甲賀市にあるキャラクター(ニンジャエモン、ぽんぽこちゃん)が何故入らなかったか? 両方とも観光キャラクターである。その事は6月の甲賀市ブランド推進協議会の席でも指摘させて頂いた。もう一点は29日のお披露目の式典に両キャラクターの出動要請がなかったこと、甲賀市、信楽町両観光協会にも情報として届いてないこと。担当者は配慮に欠けたと謝罪されたが、すべての企画を企画会社に丸投げしたことにそもそも問題がある。結果イベントはそれほど多くの集客がなく、次の日の朝刊は1誌のみが掲載されただけだった。

高原鐵道は国鉄の時代から、地域の熱意で存続させたローカル線だ。今後、乗降客増には信楽、甲賀の観光も含めた企画列車の運行など多くの課題がある。
その意味においても、ラッピング列車発進が良いきっかけになることを期待したいが・・・・・・




ogawatei at 15:42|PermalinkComments(1)TrackBack(0)町のあれこれ 

2012年05月03日

昨晩のお客様

今日のお客様で、マッサージについて色々ご不満があるようでクレームを受けました。

Q:ネットにはマッサージ可となっているのに何故手配できないのか?
A:今日は出ておられますので対応ができません。チャックインのときお伺いさせていただきましたら対応はできたかもしれませんが、

Q:温泉に入って、食事も済ませマッサージをお願いして何故悪いのか?それならマッサージ可と書いておくな!何故チャックインの時、今日はできないと言わへんねん。
A:誠に申し分けございません。マッサージのご希望は私どもからお伺いはいたしません。あくまでお客様のご要望で手配をかける事になっています。また、当館公式ページにはマッサージは一言も記載させておりません。

Q:それやったら、なんでネットにのっとんねん。おかしいやろ。できないかもしれへんと書いておけ。
A:ネット予約サイトにはそのようなご案内があるかもしれませんが、当館の本意ではございません。当館契約の方はたった一人です。

Q:そんな事知るか!どうにかしろ!ネットに書いてあるやないか!お客に対して馬鹿にしているのか?全国どこに行ってもそんな旅館ないわ!客を馬鹿にしてるんか!
A:申し訳ございません。そのような事はありません。手配させていただきましたができないので、マッサージはあくまで付帯サービスになりますからご勘弁頂きたい。

Q:あかん、なんとかしろ!いつ頼もうとこっちの勝手や、してほしいときにしてもらうのが客の望みやないか?温泉街やったらマッサージぐらいいるやろ。 
A:信楽は温泉街でもありませんし、多くマッサージさんはおられません。ご勘弁頂けないでしょうか?
 
Q:何言うてんねん、大将そんな客を馬鹿にした旅館知らんわ! 
A:どのようにさせていただいたらよろしいんでしょうか?

このようなご婦人とのやり取りの中、渋々納得頂きました。当館公式ページにはそのような記載が無いと言っても納得していただけず、当館のお料理やお部屋、温泉など責任の範疇の問題でしたら解決出るんですが、どうしようもありませんでした。代わりに私がマッサージ師に変装して、私が揉ませてもらったらよかったんでしょうかねえ。 今日は本当に困りました。 お客様ご迷惑をおかけしてすみませんでした。
 


ogawatei at 08:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)小川亭 

2011年11月04日

岡本太郎と信楽展スタート

11月1日から陶芸の森で岡本太郎と信楽展がオープンした。
実行委員会組織の立ち上げから今日まで多くの方々のご協力に感謝したい。

昨日は畑中先生のギャラリートークが11:00 13:00 15:00の3回行われ多くの方が熱心に聞き入られていた。
DSCN2908 DSCN2914

ちなみに3日間の入場者は2500人を超え、最高のスタートとなる。

今後の予定として11/12から展示内容が追加され、大塚製薬から原画をお借りし展示する。
次回のギャラリートークは11/13 陶芸の森産業展示館 岡本太郎と信楽展会場で開催される。


京都


DSCN2900 CIMG1398
「躍進」原画                テープカット



ogawatei at 09:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月07日

街路灯の撤去進む

どこの街でも商店街が閑散としてシャッター通りになってきて、信楽も同じくである。 
原因は色々あるが、それはそれとして・・・・

いま、その商店街が設置した街路灯の撤去が進んでいる。 商工会が中心になり各店の看板でなく街を明るくするべく商店以外にの皆さんに協力をお願いし「長野商店街連盟」を結成し現在に至った訳である。しかし、商工会の合併や商店街の閑散としている中、電気代(各店舗負担)や維持費に限界を感じられたのか?今現実として街路灯の間引き撤去が行われている。

街を明るくするには自治会から申請して街路灯の設置(地元負担4分の1)電気代は地元負担が現状である。撤去するなら自治会に電気代の負担要請をお願いして街をすこしでも明るくできないか? もったいない話ではないだろうか?
今まで商店や企業の方にお願いしていた「安心・安全」を 地域の人たちが考えるべきではないだろうか?

ogawatei at 20:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)町のあれこれ 

2011年10月02日

これで良いのか?

IMG_0425
10月1日から生肉の提供ができなくなった。当館にも影響がでている。
そもそも焼き肉恵比寿での食中毒が発端で、食の安全安心の観点からいたしかたないかも知れない。しかし、一律に法改正 をして良いものかどうか?真摯に指導に従い生肉を扱っていた業者には 納得がいかないだろう。
生肉は禁止になりましたが、生レバー、鶏肉の規制は後からであるとか?これまた矛盾している 。
 当館一押し「近江牛さしみ」も今後お出しすることはないだろう。

ogawatei at 18:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月01日

地域資源活用事業に認定されました

信楽地域での体験型観光を今後進めていく上で、経産省へ申請を出していましたが昨日9/30付けで認定の運びとなりました。
「創造と癒しの郷 SHIGARA KIプログラム」観光関連での認定は一件のみでした。
今後地域の方々と力を合わせ信楽観光に全力を注ぎたいと考えています。

昨日発表されましたプレスリリース
近畿運輸局HP新着情報
http://wwwtb.mlit.go.jp/kinki/news/files/1317358168.pdf

経済産業省近畿経済産業局



ogawatei at 08:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)小川亭 

2011年09月26日

お客様からのクレーム

日帰り温泉入浴は宿泊を優先するため、夜の営業はほとんど受け付けていない。しかし本日宿泊のお客様が食事に早く入ったためせっかくお越しいただいたのでお入りしていただくことに・・・・

若いカップルのお客様で、仲むつましい幸せそうなお客様であった。しかしお客様から女性風呂に男性の方が入ってこられて全裸を見られたとのお申し出がありクレームとしてご報告を受け、当初は私が疑われた。

問題として、
 ̄祺饐譴判性風呂が近すぎる。 鍵をかけるようご案内をすればよかった
⊇蒜颪里客様を優先する規定を、自ら曲げて許可をした。
宿泊のお客様に徹底して男湯、女湯の説明をしたか?
ぅレームに対して適切に対処したか?

今日のことはすぐ改善できることであるし、明日にでも改めなければならない。
当事者のお嬢さん(奥さん)のとって大変なショックであったと思い、心からお詫び申し上げたい。 
またのご利用心からお待ち申し上げ、お客様に対してのお詫びとしたい。

ogawatei at 20:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)小川亭