2
1: オールジャンル 2015/12/26(土) 00:07:02.826 ID:kjNQX1Pd0.net
男「現代に奴隷なんているわけない。何かのイベントだろうか」

奴隷商人「お兄さん、奴隷買いませんか?」

男「……あの、これ何かのイベントっすか?」

奴隷商人「ほらほら興味があるなら中入って」グイグイッ

男「いや俺は」

奴隷商人「良い子はすぐ売れちゃうんで、ほら早く早く」グイグイッ

男「……強引な客引きだな。しょうがないな」

男(はぁ、変なイベントに巻き込まれちゃったな……ん?)テクテク

奴隷女「あうあう、た、たす、げで」

男「うおっ、なんだこれ。え? 奴隷ってマジ、なのか?」

奴隷商人「はいはい、お兄さん写真撮るからはいチーズ」パシャッ

男「まぶしっ、何を……」

奴隷商人「はい、写真撮ったーここの事バラしたら、お兄さんも共犯だからね」

男「ちょま」



2: オールジャンル 2015/12/26(土) 00:07:38.757 ID:MnMjolbo0.net
聞いてる

3: オールジャンル 2015/12/26(土) 00:07:55.180 ID:F75/Gf1Y0.net
脱いだ

8: オールジャンル 2015/12/26(土) 00:10:54.388 ID:kjNQX1Pd0.net
奴隷商人「何か文句ある?」

男「いや、俺はこんな所」

奴隷商人「うるせーな写真も撮ったんだよ? とりあえず奴隷を買っておこうよ」

男「そんな……」

奴隷商人「捕まりたい?」

男 ビクッ

奴隷商人「はい、覚悟決まったーはい購入決定ー」

男(ど、どうしよう)

奴隷商人「どうする? これから競りも始まるけど、出る?」

男「俺は……」

奴隷商人「ちなみに、一匹最低で百万だから」

男「たか!」

奴隷商人「そう? 安いもんだよ」

男「ってか、匹って……」

奴隷商人「しょうがないね人間扱いじゃないからね」

9: オールジャンル 2015/12/26(土) 00:13:09.480 ID:XI6oeZ/U0.net
はやく

10: オールジャンル 2015/12/26(土) 00:17:30.911 ID:kjNQX1Pd0.net
男 ゴクリンコ

奴隷商人「まあでもお兄さん初心者だから、最初は廃棄品でもあさっとく?」

男「……廃棄?」

奴隷商人「ちょっと商品になり辛いヤツの事さ」

奴隷商人「競りに出せないからね、金にならないまさに廃棄寸前の商品だよ」

男「あの、廃棄ってどういう……」

奴隷商人「え? 言葉通りだけど? 廃棄するつもりのヤツ」ニコッ

男(マジ、かよ……)

奴隷商人「まあ、初心者さんは競りよりもまずは廃棄が良いかもね」

奴隷商人「ちょっとは安いよ。まあでも最低で八十はするけどw」

男(頭おかしいだろこいつ……くそっ、でも、ひとまずは乗った風を装おう)

男「写真、撮られちゃってるし」ボソッ

奴隷商人「ん? どうかした?」

男「い、いえ」

奴隷商人「じゃあ廃棄からでいく?」

男「えっと、その……はい」

13: オールジャンル 2015/12/26(土) 00:22:52.992 ID:kjNQX1Pd0.net
奴隷商人「はいじゃあこっち」テクテク

男「……」

奴隷商人「ここだけど、好きなの選んで良いよ」グッ

ガシャアアン

ウゥーウ アーァー

男「これは……ひどい」

奴隷商人「どうかした?」

男(檻の中に人間が沢山……)

男(いろいろな人がいるけど、でも、中年の小太りのおっさん多いな)

裸の小太り中年「ち、ちみぃいい!!」ダンダンダッ

男「うわっ」

裸の小太り中年「た、助けてくれたまへ!!」

男「え?」

奴隷商人「はいブタは黙ってな」ステッキ ドツドツ

裸の小太り中年「ぐああああ!!」バタバタ

男(ひでぇ……)

14: オールジャンル 2015/12/26(土) 00:28:34.382 ID:kjNQX1Pd0.net
奴隷商人「立場と言うものがわかってないな」スッ

裸の小太り中年「ぎ、ぎざま」

奴隷商人「靴を舐めたまへ」ガンガン

裸の小太り中年「だ、誰が」

奴隷商人「違法賭博が原因で膨らんだ借金のカタに売られた分際で」

奴隷商人「随分なことを言うな」

奴隷商人「はぁ、靴を舐めたら、明日は水に砂糖を少し混ぜてやろうかと言う気になったのだがな」

裸の小太り中年「さ、砂糖!? もう一年は口にしてねぇえよお! は、はぁはぁ、舐めますぅ、舐めますぅ」ペロペロ

男(……なんだろう、俺は今社会の闇を見ているような気がする)フラフラ ガシャ

白髪少女「……」ジー

男「……ん?」

男(なんだ、この子。この子も商品、だとか言うのか?)

15: オールジャンル 2015/12/26(土) 00:30:21.203 ID:XILCO4Hl0.net
見てるぞ

18: オールジャンル 2015/12/26(土) 00:37:48.363 ID:kjNQX1Pd0.net
白髪少女「……」ジー

男(顔は凄い美形だ。でもなんだ、目も赤くて、変、だぞこの子)

奴隷商人「ん? どうかしましたかねー」

裸の小太り中年「はぁはぁ、さ、砂糖、砂糖、明日頼む」

奴隷商人「ったく、もう良いよブタ」ガツッ

裸の小太り中年「ぐえぇあ! さ、砂糖、砂糖」

奴隷商人「気が向いたらな。……それで?」

男「あっ、いえ」スススッ

奴隷商人「うん? なるほど、その子」

白髪少女「……」

男「その、この子も商品とか、なんですか?」

奴隷商人「まあ」

男「このままだと、廃棄、とか? その、凄い可愛い子ですけど」

奴隷商人「まあ、混血児だし、顔は良い」

奴隷商人「それにアルビノだし、かなり珍しいね。普通に買おうと思ったら競りで……んー五億はするね」

男「ごおく!?」

奴隷商人「ただ……まあ色々あって、ここにいるわけ」

19: オールジャンル 2015/12/26(土) 00:38:14.536 ID:XXm79UjS0.net
容姿によるだろうけど100万以上の方が少ないってきくけどな

20: オールジャンル 2015/12/26(土) 00:45:56.828 ID:kjNQX1Pd0.net
奴隷商人「この子にする?」

男「えっと……」

奴隷商人「今なら八十万でいいよ」

男(五億が一気に八十万……? なんだ、なんかあるのか?)ジロジロ

白髪少女「……」ジー 首傾ゲ

男「うっ、可愛い」

男(ヤバイ、一瞬買いたくなったぞ……)

男(いや駄目だろ、そんな風に思っちゃ駄目だろ)ブンブン

奴隷商人「うーん、悩む所かな? まあ、欠陥が無いわけじゃないから一気に値が下がって廃棄に陳列されてんだけどさ」

男「欠陥?」

奴隷商人「そそっ」

男「その欠陥ってのは――うわっ!!」

小太り中年2「青年! 俺だ! 俺を買え! もう嫌だこんな所に一月もいて気が狂いそうだし死にたくねぇ廃棄されたくねぇ!」ガシャガシャ

21: オールジャンル 2015/12/26(土) 00:55:57.930 ID:kjNQX1Pd0.net
奴隷商人「ったく、だからブタは黙れ!」ステッキ ガツゴツ

小太り中年2「うぐぅ」ジタバタ

奴隷商人「養豚場の四速歩行のブタの方がまだマシだね、こりゃあ」

奴隷商人「あっ、そうだ、ブヒィーって鳴いてみてよ」

小太り中年2「うぐぐ……は?」

奴隷商人「鳴けよ」ギロッ

小太り中年2「……ぶ、ぶぶ」

奴隷商人「は? 聞こえない」

小太り中年2「ぶ、ぶひぃー」ガクガクブルブル

男(ひ、ひでぇなこりゃあ)

奴隷商人「さて、それで欠陥の話だったね」

男「え? えっと」

奴隷商人「さて、まず一つ目」ステッキ ゴッ

男(うわっ、ステッキで女の子のお腹を叩いて……これは痛そう)

白髪少女「~~!?」ゴロゴロ

男(……ん? あれ、悲鳴を上げない? 我慢強い、のかな?)

奴隷商人「この子は喋れないんだ。言葉が分からないとかじゃない、そもそも声を発する事が出来ない」

22: オールジャンル 2015/12/26(土) 00:58:02.867 ID:zhkayrum0.net
五億でワロタwww

26: オールジャンル 2015/12/26(土) 01:10:50.601 ID:kjNQX1Pd0.net
男「えっ」

奴隷商人「で、二つ目は食事だ」

奴隷商人「どうにも全体的に体が弱くてね、粗末な食事だと吐いてしまうんだ」

奴隷商人「それにすぐに体調を崩す」

奴隷商人「玩具としての耐久性に欠けるんだね」

白髪少女 ハァハァ

男「酷い、そんな子が奴隷に……」

奴隷商人「なんてカワイソウな子だろうか、あぁ、ここで君が買えばこの子は救われる、かも?」

奴隷商人「君しか助けられないかも知れないよ?」

男「俺が、俺が……」

小太り中年2「お、俺を」グググッ

奴隷商人「おい誰が日本語を喋って良いといった」

小太り中年2「ブ、ブヒャー」ハッハッ

奴隷商人「はい、良く出来ました、まる」ツツツー

小太り中年2「だ、唾液ブヒィ 人を馬鹿にしてブヒィ」

奴隷商人「さっきジュース飲んだばかりだからね、少し甘みがあるかも?」

裸の小太り中年「そ、その唾液、こっちに!!」ガシャ

小太り中年2「ふ、ふひっ、あ、甘み!? 甘みだと!?」ハァハァ

奴隷商人「ん? 何語喋ってるの?」

小太り中年2「ブヒィー! ブヒヒッブヒーヒ!」

裸の小太り中年「ブヒャップ! ブヒャヒャー! ブヒブヒ!」

男(う、うわぁ……)

29: オールジャンル 2015/12/26(土) 01:20:04.988 ID:kjNQX1Pd0.net
奴隷商人「う~んどっちにしようかな……よし、じゃあ今日は最初に言う事聞いた君だ」ツツツー ピッ

小太り中年2「ぶ、ぶひぃ 甘ぶひぃ」ペロペロ……

裸の小太り中年「くそっ、くそっ……」ガシャガシャ


男「これは酷い」

奴隷商人「……まっ、確かにここは酷い環境だろうね」

男「……」

奴隷商人「こんな環境に居るこの子を助けてあげられるのは、君だけだ」

白髪少女 ウゥ ググッ

男「……」

奴隷商人「どうする?」ズイッ

男(俺だけが、助け……)

男「……か……す」

奴隷商人「え? 何? 聞こえない」

男「……買います」

奴隷商人「はいご購入~」パチパチ

男(……どうせ写真も撮られてる。拒否権は無いだろ)

男(ならせめて、一人でも救ってあげられたなら)

奴隷商人「で、支払いはどうする?」

男「え?」

奴隷商人「八十万八十万」

男「そういや、金……」

30: オールジャンル 2015/12/26(土) 01:30:12.118 ID:kjNQX1Pd0.net
奴隷商人「無い……?」グアッ

男(こわっ……)

男「いやっ、ぜ、絶対作りますんで」

奴隷商人「う~ん、ウチ現ナマじゃないとさー」

男「でも持ち合わせもそんなに無くて、貯金もしてないし……」ゴソゴソ 財布スッ

奴隷商人「おっ? あるじゃん五万」パッ

男「あっ、それ今月の生活費……」

奴隷商人「え? 聞こえなーい。これ、頭金にしとくね」

奴隷商人「残りの七十五万、来月末までに持ってきてね」

奴隷商人「利息は月五だから」

男「?? 月五??」

奴隷商人「一月で五割。まあ百二十万くらいもって来てくれればそんで良いよ」

男「ハ? 百二十万!?」

奴隷商人「じゃ、これ契約書ね。はんこも勝手に押しとくから」スッ

男「え?」

奴隷商人「ハイハイ契約完了」ガシャガシャ

奴隷商人「で、今日から君の飼い主はこの人だからね」グイッ

白髪少女 フラフラ

男「ちょっ」

奴隷商人「はいはい今日はもう帰った帰った」グイグイ

31: オールジャンル 2015/12/26(土) 01:30:42.328 ID:XI6oeZ/U0.net
はよはよはよ

32: オールジャンル 2015/12/26(土) 01:36:18.744 ID:kjNQX1Pd0.net
男「金っ」ワタワタ

奴隷商人「大丈夫君ならなんとかなる」グイグイ

男「なんとかって……」

奴隷商人「安いもんじゃないか、百二十万で救えたんだ」

男「それは……」チラッ

白髪少女 フラフラ

奴隷商人「おっと、そうだ、これサービスしとく」スッ ガチン

白髪少女「っ」

男「首輪?」

奴隷商人「はい、このリードもって」

男「いやいや」

奴隷商人「これの代金は取らないから安心してよ」

男「そういう事じゃない」

奴隷商人「面倒くさいなあ。とにかく、今日はもう帰って帰って」グイグイ

奴隷商人「そうそう、クーリングオフとかはウチやってないから」グイグイ

奴隷商人「そんじゃね」ガチャバタン

男「……お、追い出されてしまった」

33: オールジャンル 2015/12/26(土) 01:41:37.672 ID:kjNQX1Pd0.net
白髪少女「……」ジー

男(……どうしよう)

男(なんか流されたり勢いみたいなトコあったけど)

男(どうしよう)

男「百二十万、か……」ハァ

男(用意出来ないだろ常識的に考えて)

白髪少女「……」スススッ

男「……つーか、やばいだろ、これ」テクテク

白髪少女「……」ヒョコヒョコ

男(交番にでも今からでも行くべきか? でも、写真……)ハァ

36: オールジャンル 2015/12/26(土) 01:47:14.970 ID:kjNQX1Pd0.net
白髪少女「……」ピタッ

男「ん? 何を」

白髪少女「……」ガソゴソ

男「ちょっ、何ゴミ箱漁って――」

白髪少女「……」サスサス

男「腕をさすって、何って……もしかして、寒い?」

白髪少女 コクコク

男「そっか、肌着一枚だもんな。何か服になりそうなもの探してた?」

白髪少女 コクコク ガサゴソ

男「いやでもゴミあさるのはちょっと……けど服買ってあげる金も無いし」

男「しょうがない、俺の上着を貸そう。体弱いそうだし」ファサ

白髪少女 ピタッ パチクリ

男「ぶえっくしょい! さみぃー」ブルルッ

白髪少女「……」

男「とりあえず行こう。ここにいても何にもならない……」テクテク

白髪少女「……」モゾモゾ テクテク

37: オールジャンル 2015/12/26(土) 01:55:42.219 ID:kjNQX1Pd0.net
……


男「家についたは良いけどさ」

白髪少女 スゥスゥ

男「はあ、明日からどうしよう。金、金、金」

白髪少女「……ゥ」スゥスゥ

男「疲れたのかこの子は勝手に寝ちゃうし」

男「はぁ……風邪ひくと駄目だから毛布でも掛けてあげよう」ファサ

男「代わりに俺が何も無しになるけど、しゃあない」

男「日払いのバイトでも本業終わったらしようか。それで足りるとは思わんけど、ただ、とにかくまずは失った生活費を」

39: オールジャンル 2015/12/26(土) 02:03:24.161 ID:kjNQX1Pd0.net
男「俺も寝よう……」zzz


翌日


男「……良い? 外には出ない、出来る?」

白髪少女 コクコク

男(いらぬ誤解を近隣住民に与えてしまうかも知れんしな)

男(今はまだ家の中に居て貰った方が良い)

男「食べ物は冷蔵庫にあるから」

男(この子の分くらいは、何日分かはあるだろう。俺が絶食すりゃな)

白髪少女 グッ

男「ん? 腕突き上げてどした」

白髪少女「……」グッグッ

男「あぁ、分かったってこと?」

白髪少女 コクコク

男「はぁ……」ガチャ バタン


お仕事中


男「……」グッタリ

同僚「どうした」

男「めし、くってない。当面食えないかもしれない」

同僚「節約でもしてんのか?」

男「いや、食べるに食べれんのだ」

40: オールジャンル 2015/12/26(土) 02:12:44.775 ID:kjNQX1Pd0.net
男「まあ節約といえば節約だけど」

男「大きな買い物してしまったと言うか」

同僚「ほーん」ズルズル

男「ん? お前何食ってんの?」

同僚「カップラーメン」ズルズル

男「はあ。俺も食いたい」

同僚「あげないよ」

男「お前の食ったもん誰が食うか」

同僚「そらそうだ」ズルルルー ゴギュルズルルルー

男「これみよがしに啜るなよ……大体仕事中」

同僚「お前以外誰も見てないからダイジョブ」

男「はぁ」

同僚「……まあ、何買ったのか知らんけど、大変なら親とかから借りれば?」

男「親はもう墓の中」

同僚「なんか悪い事聞いたな」ジュルルルーゴジュルル

41: オールジャンル 2015/12/26(土) 02:18:25.524 ID:kjNQX1Pd0.net
男「別にいいよ」

同僚「そうか」ゴキュゴキュ

男「あああ汁ゥ」

同僚「きめぇな」ゴックン

同僚「そんなに必要なら、消費者金融とかから借りれば良いじゃん」フゥ

男「……あぁ、そうか」

男「その手があったか」

同僚「それ以外でも銀行とかでも使い道自由のフリーローンとかあるし」

男「良い事聞いたわ」

同僚「おう」

男(そうか、その手があったんだ)

男(今までどっかから借りた事も無いし、いけるだろ百二十くらいなら)

43: オールジャンル 2015/12/26(土) 02:28:33.931 ID:kjNQX1Pd0.net
……


男「えっと、その、フリーローンのお話聞きたくて」

受付「はい、ではこちらのお客様相談コーナーへどうぞ。担当のものが参りますのでお待ちください」

男 ソワソワ

男(大丈夫だろうか。借りれるかね)

担当「はい、お待たせしました」

男「はいっ」

担当「えっと、へぇ、うちを給与振込先にして頂いてるんですか。いつもどうもです。で、早速ですが、借り入れをしたい、と」パラパラ

男「えっと、はい、百二十万ほど……」

担当「使い道は?」

男「え?」

男(それは自由なんじゃ……)

担当「はぁ、居るんだよねぇ。君みたいな人」

男「その、使い道は自由なんじゃ……」

担当「全員がそうではないからね。あくまで、それでも良いという人も居ますよ、と言うだけ」

男「……」

担当「十万二十万なら、まあ構いませんけど? さすがに百二十になるとねぇ」

担当「担保も無いし、預金もほとんど無いし、この有様で毎月ちゃんと返せるの?」

男(……)

担当「あのさ、もう君も社会人でしょ? 私の言ってる事ぐらい分かるよね?」

44: オールジャンル 2015/12/26(土) 02:34:18.867 ID:kjNQX1Pd0.net
担当「パチンコにでも嵌った? それとも風俗?」

男「そういうんじゃ……」

担当「じゃあ使い道言えるでしょ」

男「……言わないと、駄目なんですか?」

担当「まあね。車とか買うんなら、抵当つけるし」

男「……」

担当「で、何で入用なの?」

男(……言えるわけない。奴隷の代金とか)

男(……)

担当「言えないなら、貸せないよ」

男「あの、すみませんでした。どうしても、言えなくて」

担当「はぁ、なんで言えないの? ご家族が病気にでもなったり?」

男「いえ、その」

担当「大丈夫だよ、守秘義務があるから、言ってごらん」

男「……すみません」

46: オールジャンル 2015/12/26(土) 02:42:09.266 ID:kjNQX1Pd0.net
担当「しょうがないな。じゃあ今日はもうお帰り頂いて」

男「……はい」ズゥン


……



男(世の中、厳しすぎるだろ)

男(銀行が駄目なら、消費者金融か次は)

男(とりあえず、バイト探しもしつつ)ペラペラ

ガチャ

男「……」カチカチ

白髪少女「……」zzz

男「部屋の隅で丸まって寝てるとか」ファサ

白髪少女「……ゥ」zzz モゾモゾ

男「おおう、布団をかけたらすっぽり隠れるように動いたぞッ」

男(寒いなら最初から使えよ)ハァ

47: オールジャンル 2015/12/26(土) 02:48:41.989 ID:kjNQX1Pd0.net
男(そういや、めしは食ったのかな)ガチャ

男「カロリーメ○トが一個減ってる……」

男(……ってか、一個だけ? 大丈夫なのか)チラッ

白髪少女「……」zzz

男「しかし、缶詰なんかには目もくれず、カロリーメ○ト一択とは」

男(贅沢だなぁ……いや、一個だけだしそうでも無いのか?)

男「まあなんでも良いや、俺も寝よう」

男「うぅ、寒ぃ」ブルブル

男 zzz

49: オールジャンル 2015/12/26(土) 02:59:44.572 ID:kjNQX1Pd0.net
……


次の日

ジャアアアー

男「水、水飲んで腹を膨らませよう」ゴクゴク

男「水道はまだ止まってないから、飲んで飲んで」ゴクゴク

白髪少女 テテテッ

男「……じゃあ、行ってくるから」フラッ

白髪少女「……」コク

男(なんとか、なんとかしないと)フラフラ ガチャバタン

……



仕事終わり 

キャッシングコーナー ウィーン ウィーン


男(よし、消費者金融ならなんとか借りれた、が)

男(三社で三十万ずつの九十万。あと三十万が足りない……)フラフラ

男(とりあえず、バイト、バイト)ピポパ ガチャ

男「す、すみません、アルバイトの募集を見ましてお電話を」

男「え? すぐ? はい、あい、今日から大丈夫です。おねがいします」

男(肉体労働の夜間のバイトだが、なんとか決まった。人手不足のようで幸いした)ホッ

50: オールジャンル 2015/12/26(土) 03:04:33.125 ID:kjNQX1Pd0.net
男「行かなきゃ……あっ、そうだ連絡」

男「いや、家電無いや」

男「……仕方ないか」

……



ガテン系男「おう、兄ちゃんか」

男「はい」フラフラ

ガテン系男2「おいおい大丈夫かよ」

男「大丈夫、です」

ガテン系男「まあ頑張れや」ポンポン

ガテン系男2「なんぞ訳アリか?」

男「その、入用でして」

ガテン系男「馬鹿かお前人の事情に首突っ込むんじゃあねぇよ」ガンッ

ガテン系男2「イテェー!」

男(頑張らないと)

52: オールジャンル 2015/12/26(土) 03:11:49.094 ID:kjNQX1Pd0.net
ガテン系男「で、兄ちゃんよ、まずな……」

男「はい、はい……」


オイ夜中ニ重機動カスンジャネー 苦情来ンダロー ネコモッテコーイ 


男「ひぃ、ひぃ」パタパタ

男(ネコ? なんだ猫が必要なのか? いないぞこんな所に)キョロキョロ

男「え? 一輪車の事? 最初からそういってよぉ」パタパタ

ガテン系男「おう休憩入れるぞー」

男「ひぃ、ひぃ」

ガテン系男「兄ちゃん、コーヒーでも飲めや」スッ

男「……い、いいんですか?」

ガテン系男「おう」

男「頂きます」ゴキュゴキュゴキュ

男「うめえええええ!!」

ガテン系男2「うおビックリした」

男「うぅ、美味いしぃ」ポロポロ

ガテン系男2「お前大げさだなぁ、なんだかスゲー事情抱えてそう」

53: オールジャンル 2015/12/26(土) 03:20:12.987 ID:kjNQX1Pd0.net
ガテン系男「だからよぉ」

ガテン系男2「おっと詮索禁止だった」

ガテン系男「ったくよぉ、真面目そうな兄ちゃんだし、なんかあんだろ」

ガテン系男2「パチン○にでも嵌ったんじゃないっすか」

ガテン系男「やりたい放題やって挙句に夜逃げしたお前じゃあるまいしよ」

ガテン系男2「それ言われるとキツイっすわ」

ハハハハッ

男(笑い話じゃないだろ夜逃げとか……)

男(でも、皆頑張ってるんだな、色々あっても)

男(俺も頑張らないとな!)

……


ガチャ

男「うぅ、疲れた……」ズルズル

白髪少女「……」スゥスゥ

男(また部屋の隅で……布団かけてやろう)ファサ

白髪少女「……ンッ」モゾモゾ zzz

男「……」zzz

54: オールジャンル 2015/12/26(土) 03:27:57.796 ID:kjNQX1Pd0.net
……


一週間後


男「……」ムクッ

ジャアアア

男「水、水」ゴクゴクゴク

白髪少女「……」クイッ

男「な、なに?」フラッ

白髪少女「……」ツンツンッ

男「俺の頬に何かついてる?」

白髪少女「……」フルフル

白髪少女 ツンツン

男「……なんなの? とにかく、じゃあ行ってくるから。そうそう、カロリーメ○トはもっと食べても良いんだよ」

男「もっと食べたいでしょ? だいじょうぶ」フラフラ

白髪少女「……」

55: オールジャンル 2015/12/26(土) 03:30:11.396 ID:kjNQX1Pd0.net
おやすみ