早稲田大学扇原研究室

WHO-Lab.WHO:(W)aseda (H)uman (O)gihara Lab. 研究室の活動やメンバーのその時々の心境を綴っています。 ゼミのモットー:自ら汗を流し輝く未来を創る,笑顔で世界を変える! 1) Do, or do not.There is no try. 2) Try not to become a man of success but rather to become a man of value. 3) A good hearty laugh would help more than ten Valerian pills.

早稲田大学扇原研究室 イメージ画像

2018年12月

2018年も残りわずかとなりました. 皆様にとって,2018年はどんな年でしたでしょうか? 当ゼミ,今年一番のニュースと言えば... なんといっても,OB・OG,川島巧さんと藤本真穂さんの結婚でしょう. お二人には是非幸せになっていただきたいです! さて,当研究室の主

卒論執筆のためほぼ終日研究室にいる鈴木大介です. 本日は,OBで現在医師として活躍中の小野田太郎先輩が研究室にお越し下さいました. 卒論についてコメント下さった後は,夕食をご馳走になりました! いよいよここからラストスパート. スタミナ万全で,今日もこれか
『小野田太郎先輩、ご馳走様でした!(2018年12月30日)』の画像

鈴木大介です. 今回は,NPO法人「生活福祉ファクトリー」理事として,活動報告をいたします! 本日,三ヶ島地区活動拠点「みんなの縁側 みかじまさんさん」(通称「さんさん」)冬のイベントを開催しました. たくさんの子どもたちと一緒に,絵本の読み聞かせ,クイズ
『Waseda Maroon Farm by TAO Tokorozawa Project Vol.365:みかじまさんさん さんさんサンタのクリスマス会(2018年12月25日)』の画像

研究室OBの大塚玄二郎様から,地元大分産の美味しいミカンをいただきました! 修論,卒論が大詰めの学生たちも大喜びです. ありがとうございました.
『OB/OGからいただきました:大塚玄二郎様』の画像

集めに集めた落ち葉. 本日,第1農場に堆肥コーナーを設置しました. @なんと,早朝7時前から準備・設置 およそ60袋に及ぶ落ち葉でできる堆肥を今から期待してしまいます! しかし,膝の高さまで掘る作業は大変でした. アグササイズ!で,自分も仲間も地域も元気にな
『Waseda Maroon Farm by TAO Tokorozawa Project Vol.364:腐葉土づくり(2018年12月15日)』の画像

12月7日(金)に,我がゼミの迎賓館にて,カザフスタンから研修でいらしていたSamal Kadikova先生のフェアウェルパーティーが行われました. カザフでサマル先生にお世話になったゼミ生,OB/OGが駆けつけ,サマル先生への餞を行いました. 先生,カザフでもお元気で!
『サマル先生フェアウェルパーティー(2018年12月7日)』の画像

4年の鈴木大介です. 12月2日(日)に,カザフ稲門会定例懇親会が田中富士夫会長の主催で開催されました. 総勢15名(うちカザフ人留学生が10名!)が参加し,大盛況でした. 鮮魚,握り寿司,さらにはカニ鍋も振る舞われ,留学生たちも大喜びでした.田中会長,ありがと
『カザフ稲門会(田中富士夫会長)定例懇親会(2018年12月2日)』の画像

井上寛之です. 本日,とちぎ地域生活サポート研究会 公開口座に出席しました. 障害と防災,地域づくりを組み合わせた取り組み事例は,今後の研究の方向性に大いに参考になりました. 驚いたのは,被災地に使用済みの下着を送りつける事例や古着の仕分けに追われるボ
『とちぎ地域生活サポート研究会』の画像

2018年12月1日,中屋本店さんの売り出しイベントでブースを出させていただき,総太り大根と聖護院大根を販売しました. 朝7時30分に収穫した各20本の大根は,あっという間に完売となりました. 活動紹介のチラシもたくさんの方々に受け取っていただくことができました. 今
『Waseda Maroon Farm by TAO Tokorozawa Project Vol.360:大根販売(2018年12月1日)』の画像

↑このページのトップヘ