早稲田大学扇原研究室

WHO-Lab.WHO:(W)aseda (H)uman (O)gihara Lab. 研究室の活動やメンバーのその時々の心境を綴っています。 ゼミのモットー:自ら汗を流し輝く未来を創る,笑顔で世界を変える! 1) Do, or do not.There is no try. 2) Try not to become a man of success but rather to become a man of value. 3) A good hearty laugh would help more than ten Valerian pills.

早稲田大学扇原研究室 イメージ画像

ゼミ紹介

こんにちは!4年の鈴木大介です. ゼミ登録に向けて頑張っている2年生に向けて,当研究室の紹介を行いたいと思います. このゼミを私なりに一言でまとめると,「人が育つゼミ」です. んー,人を育てないゼミがあるのか?と突っ込みを入れられそうです(笑) 様々なゼミ活
『研究室紹介2018:鈴木大介(私立巣鴨高校出身)』の画像

みなさんこんにちは! 4年の井上寛之です! 研究室紹介ということで,この扇原ゼミについて紹介していきたいと思います. まずこのゼミの大きな特徴といえばフィールドワークの多さです! カザフスタンや中国,先日のタイなど国外,秩父や和歌山などの国内共に多くの活
『研究室紹介2018:井上寛之(明治大学附属中野高等学校)』の画像

こんにちは! 扇原ゼミ3年の萩野美鈴です。 2年生の皆さんは、ゼミを選ぶ時期になりました。 まだ何をしたいのか分からない、そういう方もいらっしゃると思います。 ぜひ、たくさんのゼミを訪問し、自分にピッタリのゼミを見つけて欲しいです! 私がこのゼミを選んだ一
『研究室紹介2018:萩野美鈴(神奈川県立湘南高等学校出身)』の画像

皆さんこんにちは! 扇原ゼミ4年の長瀬健吾です。 私がこのゼミを選んだきっかけは、2年生の時に受講した実験調査研究法がとても面白くて、ゼミでもっと深く学んでみたいと思ったからです。 実際にゼミに入ってから、本当にたくさんのことを学びました。 そこで私からは、
『研究室紹介2018:長瀬健吾(都立立川高等学校出身)』の画像

2年生の皆さん。こんにちは! あっという間に大学での1年が終わり、サークルや部活に所属している皆さんは先輩の立場、また人によっては幹事・部長・代表を務めてている方もいると思います。 そして、様々なゼミ室を回り、研究室を選ぶ季節になりました。 私も2年前
『研究室紹介2018:若林玲(埼玉県立浦和高等学校出身)』の画像

新入生向けの冊子にゼミ卒業生の岩垣梨花さんが掲載されています. 彼女が設計図を描いて生きているかどうかは甚だ疑問ですが,自分の感性を信じて,突っ走った学生生活であったことは間違いありません. 時に周囲の人間には迷走中(爆走中?)と思われることがあったかも

第1回:2017年11月10日(金) 101号館332教室,12:20 〜 12:50 第2回:2017年11月14日(火) 101号館204教室,12:20〜12:50 第3回:2017年11月15日(水) 101号館332教室,12:20〜12:50 第4回:2017年11月20日(月) 101号館306教室,12:20〜12:50 *備考 ・事

光武晴子さん(2012年3月卒,証券金融業) ・ゼミを選んだ動機 ゼミPRのパンフレットで見た「国際交流」「海外」がキーワードです。 私は結局形から入るタイプでしたので。 (でも今の学生たちにとっては、それが選択する際のアドバンテージにはならないのでしょうかね

宮島かおりさん(2017年3月卒,医療系大学編入) 私のゼミでの1番の思い出は、日本公衆衛生学会総会で研究発表をするチャンスをいただけたことです。 実践から学ぶ理論は、理論を1から学ぶよりも圧倒的に理解しやすかったですし、この分野に更に興味を持てました。 現在も

波多野頌子さん( 2012年3月卒,繊維製品製造業) ■ゼミでの思い出・経験 目まぐるしく降ってくる課題や、数々のイベントをこなしまくっていたイメージです。数々の体験をさせていただけます。 今でもゼミの同期と集まると、合宿での伝説の数々から、ある月曜日の、「あの

井上明日美さん(2015年3月卒,人材・コンサルタント系) 社会人になって改めて、こいつは面白いなと思ってもらえるための武器が必要だと感じています。 現在の私は、ゼミのスタディツアーでカザフ、ウズベクという珍しい国に行ったことがある、研究していた、友達がいる

山田詩織さん(2014年3月卒,社会福祉士,スクールソーシャルワーカー/NPO職員) 私が扇原ゼミを選んだ理由は、「自分1人じゃできないことを、圧倒的に挑戦し経験できるゼミ」だったからです。 カザフスタンに行っての文化交流、ウズベキスタンとのテレビ会議での

我是扇原研究室修士1年的留学生, 王鴻。 扇原研究室修士1年の留学生,王鴻(オウ コウ)です. 出生于中国湖北省十堰市。十堰市是一个三线或者四线的小城市, 不知道十堰市的人应该还蛮多的。(;¬_¬)  中国湖北省十堰市出身です.十堰市は小さい都市なので,中国でも知
『我是社会医学研究室修士1年的留学生, 王鴻!』の画像

修士2年の石高志保(千葉市立稲毛高等学校出身)です。 久しぶりのブログ更新&なぜか研究室紹介最後の順番になり戸惑っております。(笑) 私は正式には修士から扇原ゼミに入り、2年目になります。 大学時代の扇原ゼミの印象などを思い出しながら・・・ 自分の視点から
『研究室紹介2016 vol.9:ゼミで人生変わるかも(石高志保,千葉市立稲毛高等学校出身)』の画像

扇原研究室修士2年の留学生・李墨淵です. 私は,中国湖北省宜昌市出身,海南師範大学を卒業後,早稲田大学大学院に進学しました. 研究テーマは,熟練介護者の暗黙知・熟練技術の言語化・明白地化です. 今回は私から、研究室の主な活動を月ごとにご紹介させていただきた
『研究室紹介2016 vol.7:ゼミの活動紹介(李墨淵,海南師範大学卒業)』の画像

大学院修士2年の松下幸平です. もうすでに12期生や11期生の学生が研究室紹介をしておりますが,大学院生からも研究室紹介を致します. その前に私の自己紹介として,大学院修士2年の松下幸平ですが,Johnと呼ばれています. 理由は,割愛します. 私は,学部生の時から扇
『研究室紹介2016 vol.6:人生の選択(松下幸平,私立札幌光星高等学校出身)』の画像

修士1年の上田菜央です. 学部生に引き続き,大学院生からもゼミの紹介をさせていただきます. 扇原ゼミに所属して3年目に突入しました. 慣れとは恐ろしいもので(笑),3年もいると,それまで当たり前でなかったことが当たり前になってきます. 学部生のころはしんどく感
『研究室紹介2016 vol.5:ゼミでこころとからだを鍛えましょう(上田菜央,栃木県立大田原女子高出身)』の画像

人を笑顔にする仕事BOOKは福祉・子ども・心理・栄養・薬・看護・医療系進学相談会で配布される雑誌で,福祉の資格を生かして現場で活躍する姿が紹介されています. この2年は,当ゼミの卒業生が紹介されています. 2015年度版 山田詩織さん(2014年3月卒),p.5 2016年

11期の勝眞瞳です。 最後に11期からもゼミを紹介させていただきます! ずばり、このゼミの良いところは、いろんな経験ができるところだと思っています! 私は子どもが好きだったこともあり、ゼミに入ってすぐ先輩方と一緒に小学校での読み聞かせボランティアに連れて
『研究室紹介2016 vol.4:興味のあることもなかったことも(勝眞瞳,奈良県立畝傍高校出身)』の画像

↑このページのトップヘ