2018年11月16日

2018年インスタ流行語大賞


小林です

私はガラケーユーザーなのでスマホやiPhone
などの使い方がよくわかりませんが
世間の方々は当たり前のように日々利用されています

皆さんが使われているSNSなどを私は
知る由もないのですが好奇心はありますので
どのようなものが若者やスマホユーザーの方に
流行っているかには興味があります

最近知りましたが毎年行われている「新語・流行語大賞」
これと並んで新たに『インスタ流行語大賞』というものが
発表されました


フッカル:「フットワークが軽い」の略

さいくぅー:「最高」から派生した言葉

金晩:「金曜日の晩」の略、「花金」と同じ

きょコ:「今日のコーディネート」の略

オベンタグラム:お弁当とインスタグラムを併せた言葉
お弁当の写真に付けられる

けしからん風景:「けしからんほど素敵な風景」の略

チル友:ヒップホップ業界の「チルアウト」( くつろぐ)から
引用した言葉、くつろげる友達という意


などなど全てが聞きなれない言葉ばかり…
これらの言語を日常会話で使う事はないと思いますが
今の時代を知る上では知っておいて損はないでしょう




 

ogikubo_staff at 10:00コメント(0)  mixiチェック
小林日記 

2018年11月09日

松竹梅


小林です

 日本では物事の順位を決めるときの
基準として『松竹梅』といものがあります

松竹梅










 一般的なイメージとして

松・・・一番
竹・・・二番 
梅・・・三番

という認識の方が多いと思いますが
実は松竹梅には優劣は無くどれも同じだそうです
なぜこのような事になったかというと
多くみかけるのは寿司屋さんで
「特上」「上」「並」などと
良いネタの基準を表すのに「特上」や「上」なら
堂々と言えますが「並」というのは
恥かしいというのを懸念して
「松竹梅」と美しい言葉が使われるようになったと
言われています

しかし松竹梅の認識が高まってきて「松」「竹」は
言えるけど「梅」がなかなか言いづらいという
ことにもなってきています

そこで一部の老舗飲食店では逆転の発想で
「梅」を一番高く、「松」を安い設定にしている
ところもあるそうです

日本人ならではの粋な計らいですね




 

ogikubo_staff at 10:00コメント(0)  mixiチェック
小林日記 

2018年11月02日

もりのかくれんぼう


小林です

もう11月ですね

季節は秋になっていますが皆さんは
どんな秋を過ごしていますか

「食欲の秋」「スポーツの秋」「芸術の秋」など
いろんな秋がありますが
私は今は『読書の秋』が良いですね

本屋に行って新書や新巻などをサッと見て
自分のお気に入りジャンルのコーナーを
眺めたりしていると時間が経っているのも忘れます

私が託児所付きの整体院に勤めていることもあり
児童書の本も好きです

子どものときはよく絵本を見ていましたが
この秋の時期ならではのオススメ絵本を紹介します


もりのかくれんぼう











作・末吉暁子先生、絵・林明子先生の
『もりのかくれんぼう』です

1978年に出版され40年も経っていますが
その面白さは色褪せないです

主人公の女の子・けいこちゃんが森に迷い込み
動物たちとかくれんぼう遊びをする物語

巧妙に動物たちが隠れているので
探す面白さが際立つ作品です

秋の夜長の子どもたちへの読み聞かせにいかがですか?




 

ogikubo_staff at 10:00コメント(0)  mixiチェック
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor 天気