荻窪人(おぎくぼじん)

実は荻窪育ちなのです

ワークマンが若者のあいだでちょっとしたブームに…



yjimage-1










作業服小売り大手の「ワークマン」の業績がすこぶる順調なのだとか。

それも若者や女性から支持を集めているというのだから驚きです。




作業服のワークマンが、驚くべき変貌を遂げている。現在も主力事業は作業服に変わりは ないが、その延長線上で生まれたアウトドア用やスポーツ用のPB(プライベートブランド)が爆発的に売れているのだ。しかも、購入しているのは若者や女性 を含めた作業服を着ない人たち。インスタグラムで「#ワークマン」と入れると、しゃれた写真がずらりと出てくる。

ワークマンの変化を実感で きるのが、9月上旬「ららぽーと立川立飛店」にオープンした店舗だ。60坪と通常のワークマン店舗より4割ほど小さい店は、同社が2016年から展開して いる「アウトドア用」「スポーツ用」「雨用」のPBを扱っている。ネオンカラーのジャケットやランニング用インナー、バックパックが並ぶ様子は、一見、ア ウトドアの店かと見まがうほどで、言われなければワークマンの店とは気がつかない。
 


東洋経済オンラインより一部引用:
https://toyokeizai.net/articles/-/244342

なんか、これかつて「ユニクロ」が大躍進したときの状況を思い出しますね。

たしかフリースジャケットが空前のヒットをみせたんじゃなかったかな?





「高機能で、コスパに優れている」という点が、両社の共通項ではないでしょうか。

良いものは、やっぱり売れるもんなんですね。


それと、もうひとつ共通項が。

両社ともに、かつては郊外の街道沿いに店舗を展開していた、およそ「オシャレ」とは程遠い存在だったこと。


ユニクロも昔は、「オシャレにあまり関心のない層が、車で買い物に行く所」といった感じでした。

それが今や、世界的なファッション小売り大手として君臨していますからね。

それにしても、ワークマンかあ。





無料の託児所を完備しています。

<杉並区 荻窪駅徒歩3分 野田カイロプラクティックセンター荻窪院>

ソフトバンク・摂津正投手が引退ではなく退団へ…


20181104s00001173082000p_thum










優勝の余韻に浸ったのも束の間…。

ソフトバンク・ホークス、早くも来季を見据えた人員整理を開始。


そのリストの中には、なんと、あの元エースの名前も。



ソフトバンク・摂津正投手(36)が来季の戦力構想から外れていることが3日、分かった。今季は7試合の登板で2勝4敗、防御率5・16。  

  摂津は08年ドラフト5位でJR東日本東北からソフトバンクに入団。09年は新人王、12年には沢村賞を受賞し、エースとして活躍した。12年から5年連 続で開幕投手を務めたが、16年以降は思うような結果を残せなかった。今季は開幕2軍スタートとなったが、5月22日の西武戦ではベテランらしく緩急を駆使した投球で2年ぶりの勝利を挙げていた。

 2軍では若手投手にアドバイスを送り、10月にはフェニックス・リーグで登板していた。現役続行を希望しており、今後は他球団でのプレーを目指す。




スポニチアネックスより引用:
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/11/04/kiji/20181104s00001173118000c.html

総額12億円の3年契約が今季で終了。

過去の功績から、大幅減俸での再契約が予想されていましたが、まさかの戦力外通告。

そして、現役続行を模索するというのだから、さらに驚きです。


おそらくソフトバンク球団からのコーチ就任要請も断ったのでしょう。

これほどの投手の引退試合すらなかったのは、非常に残念ですね。



摂津投手、現在36歳なのですが、そもそもプロ入りが26歳と非常に遅かったため、プロ通算10年足らずという短いキャリアなんですね。

さらに言うと、その短いキャリアの間に、中継ぎで「最優秀中継ぎ投手&新人王」→先発で「沢村賞」といった具合に数々のタイトルを獲得。

独特の「ダーツ投げ」投法ということもあって、短い期間でしたが、かなりの存在感だったように思います。


確かによ〜く考えてみると、キャリアたったの10年。

「完全燃焼出来ていない」という気持ちも、分からなくもないです。

ただ、ただ、ホークスファンとしては、功労者として、他球団に移っても純粋に応援してあげたい気持ちで一杯です。







無料の託児所を完備しています。

<杉並区 荻窪駅徒歩3分 野田カイロプラクティックセンター荻窪院>





パドレス牧田が、まさかの1年でメジャーを戦力外に… 


20180329s00001007069000p_thum









https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/03/29/kiji/20180329s00001007074000c.html



パドレスの牧田和久投手がメジャー挑戦1年目にして戦力外に。

日本でのステータスを考えると、やはりメジャーというのは想像以上に厳しい世界なのでしょうか。


 【ロサンゼルス時事】米大リーグのパドレスは2日、牧田和久投手(33)をメジャー出場の前提となる40人枠から外し、事実上の戦力外とした。
 牧田は昨オフにポスティングシステムを利用して西武からパドレスへ移籍。マイナー落ちとメジャー昇格を繰り返し、大リーグでは27試合の登板で0勝1敗、防御率5.40の成績だった。 (2018/11/03-09:19)

時事ドットコムより引用;
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018110300286&g=spo 


いまや世界のみならず、日本球界でも、すっかり希少種となってしまったアンダースロー投手。

豪速球投手ひしめくメジャーにおいて、アンダースローの牧田投手の存在価値は、むしろ日本球界の時よりも高まるものと期待されたんですがね。

国際試合での実績もむなしく、あっさりとメジャーの強打者たちに慣れられてしまった訳です。


さすが修羅の世界ですね。

おそるべしメジャーリーグ。



でも、日本に帰ってきても、まだまだ牧田投手の需要は高いようです。

とくに古巣である西武は、投手陣の建て直しが急務。

むしろ、今季西武に在籍していたら、西武が日本シリーズで負けることもなかったように思いますけどね。





無料の託児所を完備しています。

<杉並区 荻窪駅徒歩3分 野田カイロプラクティックセンター荻窪院>


【託児所完備のカイロプラクティック整体院】の野田カイロプラクティックセンター荻窪院です。 院長が日々の何気ないことをつぶやいたりしています。 質問などがございましたら、お気軽にたずねてみてください。 野球、サッカー/ひと昔まえの洋楽、そこそこくわしい/ 内緒だけどミリタリーも詳しかったりする…
記事検索
トップページはこちらへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

ogikubojin

  • ライブドアブログ