yjimage-70








ちょっと前のニュースとなってしまいましたが…。


日本将棋連盟は21日、コンピューター将棋ソフトの不正使用疑惑で三浦弘行九段 (42)を出場停止処分とした問題について、棋士に対しての説明会を開催した。羽生善治三冠(46)、森内俊之九段(46)、佐藤康光九段(47)、郷田 真隆王将(45)ら約140人の棋士が出席した。


 出席者によると、約2時間に及んだ会合では連盟幹部からの経緯説明の他、棋士が意見や提案を述べる時間も設けられ、連盟の対応については賛否両論だったが、批判の声も複数上がったという。


  一部の棋士が問題視したのは、三浦九段が不正を行ったとする明確な証拠を示さないまま、連盟が処分を下したこと。反対に、三浦九段の指し手とコンピュー ターソフトの指し手の一致率が高いという事実を現状では根拠としていることについて、名人経験者の丸山忠久九段(46)らから疑問の声が上がったという。


  丸山九段は、もともと三浦九段が挑戦者に決まっていた竜王戦7番勝負(15日に開幕)に、代わりに出場している棋士。終了後、取材に応じ「発端から経緯に 至るまで(連盟の対応は)疑問だらけです」とし、一致率を処分の根拠としていることについても触れ「僕はコンピューターに支配される世界なんてまっぴらごめんです」と強い口調で言っていた。


※ヤフーニュースより抜粋…




どうなんですかね。

一部報道によると、そもそもあからさまに疑わしい行動があったんだとか。


対局中、一手ごとに席を外し、スマホを使って最善手を探っていた疑いがかけられています…。




でも、そもそも現代将棋においては、プロの棋士って普段からパソコンを使って研究しているんですよね。


指し手ごとに、その局面での最善手があるわけ。



将棋で、昔から研究されてきて最善とされる、きまった指し方」


これを定跡(じょうせき)といいます。


この定跡をパソコンでシミュレーションするわけです。




要するにパソコンで研究した定跡に従って、棋士たちは指すはずなので結局は、同じ「手」を打つことになりそうなものです。


でも、スマホは人間と違って計算ミスや記憶違いなんてことはないはずだから有利なのかな。




まさかコンピュータが人間に勝ってしまう時代が来るだなんて。


そもそもPCが人間に勝ってしまうようになったから、こんな事件が起こるわけなんですね。




そういえば、かなり前に羽生善治氏がいずれ人間がコンピュータに太刀打ち出来なくなるって予言していたそうですね。


将棋の未来を予測してた羽生三冠




…僕もコンピュータに支配される世の中なんて嫌です。




QzxNP5b1O0EMTAP1476843078_1476843476



   



   無料の託児所を完備しています。

<杉並区 荻窪駅徒歩3分 野田カイロプラクティックセンター荻窪院>