(11)ラカンはla réalité現実性はfantasme幻想でありle réel現実とは別ものであるときっぱりと言っている。

(12)ラカンの性差の量子式において、男性という普遍性は去勢の法に従っているのだが、これは例外的な存在である、去勢を受けることのない原父を前提としている。J. Lacan, Le Séminaire, livre XX : Encore, Paris, Le Seuil, 1975, p. 73,

(13)http://ja.wikipedia.org/wiki/アブグレイブ刑務所における捕虜虐待参照のこと。

(14)http://ja.wikipedia.org/wiki/グァンタナモ米軍基地参照のこと。

(15)Malcolm Gladwell, Blink - The power of thinking without Thinking, Copyrighted Material, 2005

(16)http://findarticles.com/p/articles/mi_kmtha/is_200301/ai_kepm377127参照のこと。

(17)登場人物Ravelsteinはアラン・ブルームをモデルとして描かれているが、ナレーターであるChick(ゲイを思わせる名前であるがベロウの分身ともとれる)の語りを通して物語は展開してゆく。

 

(引用したweb site200737日時点のものである)

 

 

ルビ : cognitionコグニション, thérapie cognitivo-compotementaleテラプィー・コグニティヴォ=コンポルトゥマンタル, science cognitiveシアンス・コグニティヴ, théorie sophistiquéeテオリー・ソフィスティケ, dédramatiserデドラマティゼ, dramatismeドラマティスム, demandeドゥマンドゥ, fantasme imaginaireファンタスム・イマジネール, conflitコンフリ, bibliothérapieビブリオテラピー, reconnaissanceルコネッサンス, la Grande politiqueラ・グランドゥ・ポリティーク, politiqueポリティーク