宝石・時計 オギノ のつぶやきブログ

大田区西蒲田の老舗宝飾店 宝石・時計 オギノのブログです。趣味や日常にあったこと、仕事の内容などを紹介したいと思います。

2011年11月

こんばんは! 本日は時計修理 カルティエ 電池交換をご紹介致します。 お持込み頂いた時計はこちら[:下:] クロノグラフモデルです。 裏蓋はネジで留まっています。 慎重にネジを外し、開けます。 ここまでくれば後はいつものようにセイコー純正電池に入れ替え、パッキンにグリスを塗って完成です。 もちろん時刻合わせのついでにクロノグラフの基準位置も合わせます。 気になる電池交換代は・・・ セイコー純正電池 ¥1,050 となります。 お預かり時間は15分程度です。 どうぞお気軽にご相談下さいませ[:にぱ:]

こんばんは! 本日はジュエリー修理 プラチナリング レーザー文字消し修理をご紹介いたします。 ご婚約指輪なのですが、急遽転勤の関係で式の日が変更になったらしく、日付だけ消して欲しいとのご依頼でした。 元はこのように入っていました。 レーザーで綺麗に入っていますね。。。 それをまたレーザーで埋めていきます。 削って消すほうが費用はかからないのですが薄くなってしまうため、今回は元の厚みと変わらないよう、レーザーを使用しました。 出来上がりがこちら[:下:] 綺麗に消えました[:オッケ:] 気になる修理代は・・・ レーザー文字消し ¥2,730 となります。 お預かり日数は7日程度です。 ただし、今回はオギノでお買い上げ頂いたものでしたので無料にて承りました[:にひ:] お見積もりまでは無料です。 どうぞお気軽にご相談下さいませ。

こんばんは! 先週で1ヶ月続いた決算大セールも終わり、ホッと一息ついたところです。。。 おかげ様で沢山のお客様にご来店頂き、誠にありがとうございます[:にぱ:] 来月はクリスマスのイベントですが、またお得な商品が出ますのでぜひチェックしてみて下さいね[:閃き:] さて、本日は電池交換 セイコー アルバ ソーラー電池入れ修理をご紹介致します。 セイコーアルバのソーラータイプ腕時計です。 日本に住んでらっしゃる中国の方がお母様にプレゼントしたところ、ソーラーをいうのを忘れてタンスに仕舞ってしまい、止まっているものだから電池が切れたのかと思って中国の時計屋さんに電池交換を依頼したそうです。 そうしたら電池を抜かれた状態でこの電池は無いと返され、どうしようもなく日本に送ってこられたんだそうです。 実は以前にもソーラータイプの電池を中国で抜かれたという話を聞いており、このソーラーバッテリーは値段も高いため、きっと確信犯なのでしょう。。。 気をつけていただきたいものです[:汗:] 話を戻して・・・ 今回はその抜かれたソーラーバッテリーを入れる修理です。 まずはメーカーに問い合わせてみたところ、なんと電池を入れるだけの修理に¥9,000以上かかると言われ、あまりにも高いため、当方の材料屋さんをあたって電池のみご用意致しました。 組み込み方はいたって簡単。 通常の電池交換と同じく、まずは裏蓋を開けます。 次にソーラーバッテリーを用意します。 通常の電池と違って金具が電池についています。 組み込む位置や向きなどに気をつけて電池を入れ、動きを確認して完成です[:閃き:] その後、数日かけてしっかりと充電をしてお客様にお渡し致しました[:グッド:] 気になる修理代は・・・ ソーラーバッテリー ¥2,520 となります。 お預かり日数は10日前後です。 今回は内部に問題が無かったため、安く上がって良かったです[:オッケ:] お見積もりまでは無料です。 どうぞお気軽にご相談くださいませ[:にぱ:]

こんばんは! 本日はジュエリー修理 プラチナリング 型直し・仕上げ修理をご紹介致します。 インターネットで当方をお探し頂いた、遠方のお客様です。 お送り頂いたお品物がこちら[:下:] 男性用、女性用共に歪んでしまってます。。。 併せて仕上げもご依頼いただきました。 職人による仕上げと歪み直しなので費用はかかりますが、新品同様にピカピカになるんです[:グッド:] 出来上がりがこちら[:下:] ピッカピカです[:閃き:] 出来上がってすぐにご郵送したところ仕上がりにご満足いただけたようで、私どもも安心しました。 メールでのやりとりはお顔が見えない分不備がないよう細かい部分まで気を遣いますが、ご満足いただけたときは本当に嬉しいです[:にひ:] 気になる修理代は・・・ 型直し・仕上げ2本 ¥6,300 となります。 お預かり日数は4日程度です。 今回はご郵送なので上記の価格に送料がプラスとなりました。 お見積もりまでは無料です。 どうぞお気軽にご相談下さいませ[:にぱ:]

こんばんは! 最近またお問い合わせが多いのがバンドクリーニングについて。。。 夏が終わって汚れが気になる方が多いのでしょうか? そこで、本日は2回続けて時計についてになりますが、時計バンドクリーニングについて載せようと思います。 ご依頼頂いたのはロレックス DATEJUST SS/K18コンビモデル レディース タイプです。 この時計、パッと見はそんなに汚れていないのですが、留め金具の部分はこんな状態です。。。[:あぅ:] バンドを本体から外してみると、汚れの塊が出てきました[:汗:] さっそく綺麗にしていきます。 まずはブラシを使って手洗いで大まかなバンドの汚れを取っていきます。 次に、洗剤を入れた熱湯を用意して、10秒くらいバンドを入れてグルグル回します。 こうすると固まった汚れがほぐれてくるので、後々取れやすくなります。 ちなみに、熱湯に入れちゃダメなものもあるので要注意です[:ソレダ:] あとは目視しながら汚れを手で細かくとっていき、見える汚れが無くなったら超音波洗浄機の出番です。 数時間入れておきます。 その間、時計本体もこれまた手で汚れを取っていきます。 本体には水を使えないので、ルーペを使用しながら細かく取ります。 そうしてバンドも汚れを取りきったら乾燥させて、ネジなどをチェックして組み立てて完成です[:閃き:] こんなに綺麗になりますよ! なんかスッキリします[:にぱ:] ここまでやって料金は・・・ バンドクリーニング ¥1,575 です。 お預かり日数は1日程度です。 バンドの寿命も違ってくるので、年に一度はぜひご利用下さいませ[:にぱ:]

このページのトップヘ