宝石・時計 オギノ のつぶやきブログ

大田区西蒲田の老舗宝飾店 宝石・時計 オギノのブログです。趣味や日常にあったこと、仕事の内容などを紹介したいと思います。

カテゴリ: 映画

そういえば・・・

昨夜話題沸騰!?の『エスター』をDVDでレンタルして観ました
(あくまで自分の中での話題だけですが・・・)


予告編





観終わったあとの感想は・・・



なんて素晴らしい出来栄えですかっ



久しぶりに上等のサイコサスペンスを観ました

なんていうか・・・
無駄が無いというか・・・

いろいろなところに伏線が張ってあって、最後に全てを理解できます。
ワーナーのロゴにまでそんな意味があるなんて・・・


昔観たサイコ映画の名作『ミザリー』を彷彿とさせる映画です。


なんでこれがアカデミー候補にあがらなかったんだ?って思うくらい、背筋がゾクゾクして楽しめました

さすがダークキャッスル
さすがジョエルシルバー



これはブルーレイディスクを買って保存しておきたいですなぁ

早くも今年一番のオススメになりそうです。

おはようございます
今日からやっと春らしくなるみたいで良かったですね~
昨日までが寒すぎでしたからねぇ


さて、先日『ハートロッカー』を観てきました

感想を一言でいうと・・・


これ、映画っていうよりドキュメンタリーに近いんじゃ・・・


って感じでした。

いかんせんストーリーうんぬんではなく、とにかく現実をつきつけられました

まぁ現実のイラク戦争の爆弾処理の方はもっと壮絶なんでしょうけど・・・


今現在爆弾テロのニュースが連日報道されますが、いったいその影で何個の爆弾が無事に処理されているのか・・・

そう考えると戦争の恐ろしさをより感じます。。。


映画の中で米軍のハンヴィーに子供が石を投げつけるシーンがありましたが、実際に反米はどのくらい広がっているのか・・・

負の連鎖はいったいいつ治まるのでしょう・・・

考えさせられる映画でした

とうとうアカデミー賞が発表されましたね~

大注目の「アバター」VS「ハートロッカー」


結果は・・・



「ハートロッカー」の圧勝でした


確かに、アバターは3Dの技術や映像は凄かったですけど内容はよくあるストーリーでしたからね・・・
まぁ視覚効果賞、美術賞、撮影賞は予想通り「アバター」でした。


でも、「ハートロッカー」は6個受賞って凄いですね
脚本賞、編集賞、音響賞、音響編集賞、監督賞、作品賞
これって内容が良かったってことだから・・・


絶対劇場で観なきゃ

ってことで今夜観に行ってきます



ただ、個人的に気になってるのはピータージャクソンが絡んでる「第9地区」と、日本のイルカ漁を批判的に撮った「The Cove」ですね。

「第9地区」は確かG.Wからだったと思うので、これも観にいこ~っと。




■第82回アカデミー賞受賞一覧

 作品賞[Best Picture]
●The Hurt Locker/ハート・ロッカー
[ノミネート]
●Avatar/アバター
●The Blind Side/しあわせの隠れ場所
●District 9/第9地区
●An Education/17歳の肖像
●Inglourious Basterds/イングロリアス・バスターズ
●Precious/プレシャス
●A Serious Man/ア・シリアス・マン(原題)
●Up/カールじいさんの空飛ぶ家
●Up in the Air/マイレージ、マイライフ


 主演男優賞[Actor in a leading role]
●ジェフ・ブリッジス『Crazy Heart/クレイジー・ハート(原題)』
[ノミネート]
●ジョージ・クルーニー『Up In The Air/マイレージ、マイライフ』
●コリン・ファース『A Single Man/シングル・マン(原題)』
●モーガン・フリーマン『Invictus/インビクタス/負けざる者たち』
●ジェレミー・レナー『The Hurt Locker/ハート・ロッカー』


 主演女優賞[Actress in a leading role]
●サンドラ・ブロック『The Blind Side/しあわせの隠れ場所』
[ノミネート]
●ヘレン・ミレン『The Last Station/ザ・ラスト・ステーション(原題)』
●キャリー・マリガン『An Education/17歳の肖像』
●ガボレイ・シディベ『Precious/プレシャス』
●メリル・ストリープ『Julie & Julia/ジュリー&ジュリア』


 助演男優賞[Actor in a supporting role]
●クリストフ・ヴァルツ『Inglourious Basterds/イングロリアス・バスターズ』
[ノミネート]
●マット・デイモン『Invictus/インビクタス/負けざる者たち』
●ウディ・ハレルソン『The Messenger/ザ・メッセンジャー(原題)』
●クリストファー・プラマー『The Last Station/ザ・ラスト・ステーション(原題)』
●スタンリー・トゥッチ『The Lovely Bones/ラブリーボーン』


 助演女優賞[Actress in a supporting role]
●モニーク『Precious/プレシャス』
[ノミネート]
●ペネロペ・クルス『Nine/NINE/ナイン』
●ヴェラ・ファーミガ『Up In The Air/マイレージ、マイライフ』
●マギー・ギレンホール『Crazy Heart/クレイジー・ハート(原題)』
●アナ・ケンドリック『Up In The Air/マイレージ、マイライフ』


 監督賞[Directing]
●キャスリン・ビグロー『The Hurt Locker/ハート・ロッカー』
[ノミネート]
●ジェームズ・キャメロン『Avatar/アバター』
●クエンティン・タランティーノ『Inglourious Basterds/イングロリアス・バスターズ』
●リー・ダニエルズ『Precious/プレシャス』
●ジェイソン・ライトマン『Up In The Air/マイレージ、マイライフ』


 長編アニメ賞[Animated Feature Film]
●Up/カールじいさんの空飛ぶ家
[ノミネート]
●Coraline/コララインとボタンの魔女 3D
●Fantastic Mr. Fox
●The Princess and the Frog/プリンセスと魔法のキス
●The Secret of Kells/ブレンダンとケルズの秘密


 外国語映画賞[Foreign Language Film]
●El Secreto de Sus Ojos/瞳の奥の秘密(アルゼンチン)
[ノミネート]
●Ajami(イスラエル)
●The Milk of Sorrow(ペルー)
●Un Prophete(仏)
●The White Ribbon/白いリボン(独)


脚本賞[Original Screenplay]
●The Hurt Locker/ハート・ロッカー
[ノミネート]
●Inglourious Basterds/イングロリアス・バスターズ
●The Messenger/ザ・メッセンジャー(原題)
●A Serious Man/ア・シリアス・マン(原題)
●Up/カールじいさんの空飛ぶ家


 脚色賞[Adapted Screenplay]
●Precious/プレシャス
[ノミネート]
●District 9/第9地区
●An Education/17歳の肖像
●In the Loop/イン・ザ・ループ(原題)
●Up in the Air/マイレージ、マイライフ


 美術賞[Art Direction]
●Avatar/アバター
[ノミネート]
●The Imaginarium of Doctor Parnassus/Dr.パルナサスの鏡
●Nine/NINE/ナイン
●Sherlock Holmes/シャーロック・ホームズ
●The Young Victoria/ヴィクトリア女王 世紀の愛


 撮影賞[Cinematography]
●Avatar/アバター
[ノミネート]
●Harry Potter and the Half-Blood Prince/ハリー・ポッターと謎のプリンス
●The Hurt Locker/ハート・ロッカー
●Inglourious Basterds/イングロリアス・バスターズ
●The White Ribbon/白いリボン


 衣装デザイン賞[Costume Design]
●The Young Victoria/ヴィクトリア女王 世紀の愛
[ノミネート]
●Bright Star/ブライト・スター(原題)
●Coco Before Chanel/ココ・アヴァン・シャネル
●The Imaginarium of Doctor Parnassus/Dr.パルナサスの鏡
●Nine/NINE/ナイン


 編集賞[Film Editing]
●The Hurt Locker/ハート・ロッカー
[ノミネート]
●Avatar/アバター
●District 9/第9地区
●Inglourious Basterds/イングロリアス・バスターズ
●Precious/プレシャス


 メイクアップ賞[Makeup]
●Star Trek/スター・トレック
[ノミネート]
●Il Divo/イル・ディーヴォ
●The Young Victoria/ヴィクトリア女王 世紀の愛


 作曲賞[Music (original score)]
●Up/カールじいさんと空飛ぶ家
[ノミネート]
●Avatar/アバター
●Fantastic Mr. Fox
●The Hurt Locker/ハート・ロッカー
●Sherlock Holmes/シャーロック・ホームズ


 オリジナル歌曲賞[Music (original song)]
●"The Weary Kind"『Crazy Heart/クレイジー・ハート(原題)』
[ノミネート]
●"Almost There"『The Princess and the Frog/プリンセスと魔法のキス』
●"Down in New Orleans"『The Princess and the Frog/プリンセスと魔法のキス』
●"Loin de Paname"『Paris 36/幸せはシャンソニア劇場から』
●"Take It All"『Nine/NINE/ナイン』


 音響賞(録音賞)[Sound Mixing]
●The Hurt Locker/ハート・ロッカー
[ノミネート]
●Avatar/アバター
●Inglourious Basterds/イングロリアス・バスターズ
●Star Trek/スター・トレック
●Transformers: Revenge of the Fallen/トランスフォーマー リベンジ


 音響編集賞[Sound Editing]
●The Hurt Locker/ハート・ロッカー
[ノミネート]
●Avatar/アバター
●Inglourious Basterds/イングロリアス・バスターズ
●Star Trek/スター・トレック
●Up/カールじいさんの空飛ぶ家


 視覚効果賞[Visual Effects]
●Avatar/アバター
[ノミネート]
●District 9/第9地区
●Star Trek/スター・トレック


 ドキュメンタリー賞[Documentary Feature]
●The Cove
[ノミネート]
●Burma VJ
●Food, Inc.
●The Most Dangerous Man in America: Daniel Ellsberg and the Pentagon Papers
●Which Way Home


 ドキュメンタリー短編賞[Documentary Short Subject]
●Music by Prudence
[ノミネート]
●China's Unnatural Disaster: The Tears of Sichuan Province
●The Last Campaign of Governor Booth Gardner
●The Last Truck: Closing of a GM Plant
●Rabbit a la Berlin


 実写短編賞[Live Action Short Film]
●The New Tenants
[ノミネート]
●The Door
●Instead of Abracadabra
●Kavi
●Miracle Fish


 アニメーション短編賞[Animated Short Film]
●Logorama
[ノミネート]
●French Roast
●Granny O'Grimm's Sleeping Beauty
●The Lady and the Reaper
●A Matter of Loaf and Death/ウォレスとグルミット/ベーカリー街の悪夢

こんにちは~
だんだん春らしくなってきて気分も上がりますね


今日は昨晩観た「サブウェイ123」のことにでも触れようかな

予告がコチラ



話は単純。
地下鉄を乗っ取って身代金を要求する犯人(ジョントラボルタ)と、悲運にも犯人に気に入られて交渉役になってしまった男(デンゼルワシントン)の駆け引きを描いた映画です。

ネタばれになるので詳しくは書かないですけど、内容にもう一ひねりあってもよかったかな~
いろいろ気になるところも多かったです。

例えばもっと犯人役のことを深く掘り下げたほうがいいんじゃないかな~とか、途中のネット中継なんかも、犯人なら普通TVチェックして気付くでしょ!?って思ったり・・・


つっこみどころは多かったけど、さすがトニースコットと思うところもありました
映像や音楽、俳優の立ち回りとかはかっこよかったです


ただ、トニースコットの作品の中で、特に好きな映画の「クリムゾンタイド」や、「トゥルーロマンス」には到底及ばなかったな・・・


個人的には「クリムゾンタイド」のあの緊張感がもう一度味わいたかったです。。。

ついでに「クリムゾンタイド」の予告です。

このページのトップヘ