こんにちは! 本日はデマントイドガーネットをご紹介いたします。 お客様からのご注文で石を何点か揃えたのですが、改めてデマントイドガーネットの綺麗さに驚かされたのでご紹介いたします。 そもそも、デマントイドガーネットとは? ガーネットというと赤茶色をイメージする方が多いと思いますが、実はいろいろな色があるんです。 パープル系からオレンジ、黄緑から濃いグリーン、エメラルドに似た青緑まで驚くほどの種類があります。 中でも、一番高価で綺麗とされているのがこのデマントイドガーネットなんです[:閃き:] 実物がこちら[:下:] 写真だとこの輝きが伝わらないのが悔しいです・・・[:あぅ:] このデマントイドガーネットという石は主にロシアとナミビアが産地になっています。 特徴として、 1、輝きがダイヤ並みにキレイ! 輝きとしての光には2種類ありまして、白色の輝きと虹色の輝きとに分かれています。 この虹色の輝き(ディスパージジョンもしくはファイヤーと呼ぶ)がダイヤモンドより優れているんです。 これを分散率というのですが、ダイヤは0.044に対してデマントイドガーネットは0.057と高いのです。 2、デマントイドといえば特殊なインクルージョン(内包物)! ロシア産にのみに入っているインクルージョンなのですが、ホーステール(馬の尻尾)といわれる繊維状のものが入っています。 これが輝き以上にデマントイドの希少性・特異性を上げる役割を担っています。 ただ、あまりにも多くホーステールが入っていると輝きが損なわれるので、バランスが重要です。 デマントイドを選ぶ際には、多少薄くても虹色の輝き(ナミビア産)を取るか、色が濃くて虹色の輝きが多少少なくなりますがホーステールインクルージョンの入ったもの(ロシア産)を取るか、どちらかになります。 はっきりいってここはお好みで選ぶべきだと思います。 ちなみに、私はインクルージョンが好きなので後者(ロシア産)を選びますが、女性にプレゼントするのであれば前者(ナミビア産)ですね[:ソレダ:] ちなみに、ナミビア産はこちら[:下:] 実物は虹色光が凄いのでキレイなのですが、写真だと微かに写るだけですね・・・ 馬にまつわる石なので幸運のお守りとして身に着ける方も多いと聞きます。 店頭にてご覧頂くことが可能ですので、ご興味のある方はぜひ一度この輝きに触れてみてください[:にぱ:]