こんにちは。

本日は時計修理 オメガ スピードマスター バンド金具修理をご紹介致します。
時計がこちら
DSC_2190

バンド留め金具が留まらなくなってしまったようです。
よく見ると板が中に入ってしまっていて、それが原因で爪にひっかからずに留まらなくなったようです。
DSC_2192

まずはこの部分を分解します。
DSC_2193

サビも出ていたのでクリーニングした後、試しに板を入れてみたのですが動きが良くありません。
中に入っているバネもダメになっているようですが、どうやら金具全体にも歪みが出ており、バネを新しくしても動きが悪くなっておりました。
そこで金具の調整もさせて頂き、試してみたらバッチリ留まるようになりました。

完成品がこちら
DSC_2194
板がしっかりと外に突き出ているのがわかると思います。

結果として今回はバネのサビと歪みが原因で板の動きが悪くなり、留まらなくなっていました。
半年に一度ほどはバンドのクリーニングをするとこういったことも防げますので、ぜひご相談下さいませ。


気になる料金は

オメガ 留め金具修理・歪み直し ¥3,000(税抜)

となります。

今回はバネの在庫があったので1時間ほどで出来ましたが、通常であればバンドのクリーニングも含め3日程度となります。


分解掃除やジュエリー修理、リフォームも承っております。
お見積もりまでは無料ですのでお気軽にご相談下さいませ。