こんにちは~
だんだん春らしくなってきて気分も上がりますね


今日は昨晩観た「サブウェイ123」のことにでも触れようかな

予告がコチラ



話は単純。
地下鉄を乗っ取って身代金を要求する犯人(ジョントラボルタ)と、悲運にも犯人に気に入られて交渉役になってしまった男(デンゼルワシントン)の駆け引きを描いた映画です。

ネタばれになるので詳しくは書かないですけど、内容にもう一ひねりあってもよかったかな~
いろいろ気になるところも多かったです。

例えばもっと犯人役のことを深く掘り下げたほうがいいんじゃないかな~とか、途中のネット中継なんかも、犯人なら普通TVチェックして気付くでしょ!?って思ったり・・・


つっこみどころは多かったけど、さすがトニースコットと思うところもありました
映像や音楽、俳優の立ち回りとかはかっこよかったです


ただ、トニースコットの作品の中で、特に好きな映画の「クリムゾンタイド」や、「トゥルーロマンス」には到底及ばなかったな・・・


個人的には「クリムゾンタイド」のあの緊張感がもう一度味わいたかったです。。。

ついでに「クリムゾンタイド」の予告です。