今日は比較的暖かでしたね~
日も伸びて、日に日に春が近づいてるみたいです。
明日は相当寒いみたいですが・・・


本日も新作の紹介です。

PT製0.15ctダイヤモンドピアスが出来上がって参りました

DSCF7571


よくみかける6本爪のシンプルなピアスですが、うちのは一味違います。
何が違うかというと・・・


ズバリ 輝き が違います


私がルース(裸石)の状態から選んで作ったものなので、品質は自信があります

詳しく書くと、カラーはG,Hクラス、クラリティ(透明度)VSクラス、カットはハート&キューピッドの品質です。


説明させていただきますが、カラーはダイヤモンドのDから始まり、Zにいくにつれて黄色味を帯びてきます。この石は黄色味を感じない色味になります。

次にクラリティですが、石内部の透明度を指します。
FL,IF,VVS1,VVS2,VS1,VS2,SI1,SI2,I1,I2,I3と右にいくにつれて内包物が多くなっていき、輝きが損なわれます。
基本的に、ご婚約指輪などに使われるグレードはVS以上です。
VS以上は肉眼では内包物がわかりづらく、SI2以下は肉眼で内包物がはっきり見えるようになります。
輝きが少なく白っぽくみえるダイヤの品質はIクラス程度で、小さいメレダイヤはこの品質が一般的なようです。

が、私自身、輝きが無いダイヤを販売することが我慢出来ない為、うちではIクラスを出来るだけ扱っておりません。
ましてや、ダイヤメインの小さい商材ほどこだわってお作りしております。


話が戻りますが、このピアスはご婚約指輪に使う品質に匹敵するクラリティであるVSクラスを使用しています。

ここで内部をズーーーム
DSCF7575



また、輝きを決めるもう一つの要素「カット」ですが、プロポーションが整っており、輝きの良い証明にもなるハート&キューピッドが出る素晴らしいカットになってます。

このハート&キューピッドですが、特殊なルーペでみると下記のように見え、表から見ると8本の天使の矢、ウラからみると8つのハートが見えることから「ハート&キューピッド」と呼称しています。
heart-cupid-image



話が長くなりましたが、うちでは特にこのメレダイヤにこだわりを持っているため、リフォームの際使うメレダイヤは基本VS以上、ハート&キューピッドを使用しています。

実際このメレダイヤを使用した商品をお客様にお渡しする際、キレイで皆様商品に目が釘付けになります

ぜひ宝石を買う際、あるいは加工をお願いする際はこのメレダイヤにも注目してあげて下さいね。


最後ですがお値段は¥55,650で販売しております。