宝石・時計 オギノ のつぶやきブログ

大田区西蒲田の老舗宝飾店 宝石・時計 オギノのブログです。趣味や日常にあったこと、仕事の内容などを紹介したいと思います。

タグ:時計

本日も差し入れを頂きました

ストロベリーショートケーキです
DSCF8141

K様、いつもありがとうございます
今度の抹茶入り新茶、楽しみにしていてくださいね


頂きものをすると、オギノが地元の方に愛されているんだなぁ~と嬉しく思います。

より皆様のお役に立てるようにがんばります

こんにちは

本日はバンドクリーニングをどうやっているかご紹介したいと思います


一、まずは時計とバンドを分解します。
DSCF8102


二、次にバンド部分をブラシで手洗いします。
DSCF8103


三、バンドと細かい部品を超音波洗浄機に数時間かけます。
DSCF8104


四、本体を手作業でキレイにします。
DSCF8105
細かい部分まで木の棒やブラシ、アルコールなどを使って掃除してます。


五、バンドを温めて水分を飛ばします。
DSCF8107

六、本体とバンドを組み立てて完成です
DSCF8109


腕時計が新品のようにスッキリキレイになるので、お客様にはご好評をいただいてます。
やはりお客様の喜ぶお顔をみると、こちらも嬉しくなっちゃいますよね


まだ腕時計を買って一度もバンドクリーニングしていない方はぜひ一度ご体験下さい
年に1度必ずクリーニングしたくなっちゃうこと請け合いです


そうそう、料金はクリーニングだけだと、¥1,575
電池交換とセットだと、電池代+¥1,050(¥525お得 オススメです)

になります

おはようございます
冬晴れで気持ちいいですね~
やっぱり青空はいいなぁ



本日は時計バンドのことについてお話しようと思います。


時計本体を気にはかけていても、バンドのことはメンテナンスをしてない方がほとんどだと思います。
でも、時計と腕を繋いでるバンドの役割って意外と重要なんです

では、バンドのメンテナンスって何?ってなると思いますが、要はクリーニングをしているかどうかなんです

ほとんどの方はバンドのクリーニングってしてないと思いますが、汚れてくると腕や袖口にその黒い汚れがついてしまったり、動きが悪くなったり、バネ棒(本体とバンドを繋いでる棒)や部品が錆びて折れてしまったり・・・といった不具合が多く出てきます。
パッと見の印象もくすんだ感じに見えるので、あまり見た目的にも良くないですよね


汚れ程度であれば洗えば済むだけなのでいいのですが、部品が腐食して折れてしまうと交換しなければいけない為、結構お値段がかかります。
また、古い時計の場合、部品の供給が終わっている可能性があるので、そうなると修理不可になり、特殊な付け口バンドの時計は最悪使い物にならなくなります


そうならない為にも1年に一回、定期的にバンドクリーニングをしましょう
うちではお預かりした時計をバラバラにして手洗い+超音波洗浄をかけるので細かい隙間までピッカピカになります。
(注 もしご自宅でクリーニングする場合は決して本体を超音波にかけないで下さい。浸水します。)

バンドクリーニングをすると見た目もスッキリキレイになりますし、気持ちがいいですよ~


バンドクリーニング前
bandduty4jpg


バンドクリーニング後
bandafterclean4


料金は、バンドクリーニングだけだと¥1,575
電池交換と一緒だと、セット価格で電池代+¥1,050です

ちなみに、当店でお買い上げの時計は無料です

今日は寒いですねぇ
どうやら夜半にかけて雪が降る模様なので、滑って転ばないように気をつけて下さいね

さて、先日の続きになりますが、電池交換の価格が違うワケvol.2にいきたいと思います

第1の理由は電池自体の価格と申し上げました。


第2の理由としては・・・

ズバリ技術料です


やはり¥1,000のおもちゃ時計の電池交換と¥100,000の高級時計とでは手間や気をつける点、リスクが大きく違います。

ましてや修理中の時計に万が一のことがあった場合は、こちらで責任持って保障しなければならない為、リスク分が代金に乗っかってくるのです。
ですので、安い時計は安く、高い時計は高い、といった料金体制になってると思います。

また、時計自体の値段関係なく、表面のガラスがカーブしていたり、RADOのような前面ガラス、開け方が特殊であったりと時計は様々なタイプがあるため、お値段が時計によってばらつくのも仕方がないと思います。

まぁこれがデパートやお店によって値段が違う大きな理由ともいえるでしょう。



しかぁ~し


「オギノ」は違います


うちは技術料を頂いておらず電池代だけの価格になっている為、先日お話したような¥1,050~の価格でできるのです。

ではなぜ技術料金を取らないのか?


それは、技術に自信があるからです


「オギノ」は先代の社長が時計修理から始めたお店のため、昔から時計の技術があります。
また、他店で断られた電池交換も出来る限り受けるようにしているので、様々なタイプの電池交換を経験してます。

ですので、出来るだけリーズナブルで良い電池を提供していきたいとの社長の想いから、技術料を取らずにやってます


電池交換の際は時計のためにも値段で判断するのではなく中身で判断して、大切にしてあげてくださいね

またまた最後に電池交換の際の店選びのポイントを教えてください
ぜひ投票をお願いします!


東京都大田区にある宝飾店を営んでいます。

何か面白い事や気になった事、業界のわかりにくいことなどを書いていければいいなぁ~と思っています。

どうぞよろしくお願いします。

このページのトップヘ