宝石・時計 オギノ のつぶやきブログ

大田区西蒲田の老舗宝飾店 宝石・時計 オギノのブログです。趣味や日常にあったこと、仕事の内容などを紹介したいと思います。

タグ:電波時計

こんばんは。

本日はこの時期によくあるご相談で、時計修理 シチズン ソーラー電波 時間合わせをご紹介致します。
DSC_2183

今回のこの時計は、どうやら衝撃で基準位置がずれて時間が合わなくなったようでした。
バンドもピンが折れてしまっていたため、最初に調整したバンドのコマのパーツを使用して取り付けました。
ただ、パイプだけが合わなかったのでコチラでご用意させていただきました。

次いで基準位置合わせを施して、まずは手動で時刻を合わせます。
その後、強制受信をさせて電波をとるようにしたら完成です。

最初にこの時期によくあると申し上げたのですが、ソーラーで可動している時計は冬から春にかけて止まってしまって基準位置がずれるというご相談が凄く増えます。
今週だけでも10人以上のお客様から同じご相談を受けています。
1番の原因として、光不足が考えられます。
長袖を着る時期になると袖で隠れてしまい、十分に充電が出来ません。
時計によってではあるのですが、夏に蓄電していた分の電力をこの時期になると使い果たしてしまうため止まるようです。
解決方法としては、月に2日ほどは太陽光に直接当ててもらって充電することですが、販売する際にその説明をされていなかったりすることが多いようです。
もちろん衝撃や磁気によっても基準位置がずれてしまうことも多いので、もしずれてしまった際はぜひご相談下さいませ。


気になる料金は・・・

電波時計 時刻合わせ(基準位置合わせ) ¥1,000(税抜)
専用パイプ ¥600(税抜)
合計 ¥1,600

となります。

充電が十分な状態で基準位置合わせだけであれば1時間程度となります。
充電が必要な場合は¥1,500で納期は10日程度となります。

お見積もりまでは無料です。
お気軽にご相談下さいませ。

こんにちは~


今日は朝から時計の修理が多いんですが、中でも電波時計の時間が合わないって方がいらっしゃいました。


そう、電波時計でも狂うんです。。。


イメージでは10万年に1秒程度の誤差とうたってますが、実際は月に2件~3件は時刻が合わないっていうお客様が来店されます。


じゃあ狂わないってウソなの!?って思いますが、ウソではないんです。


が、


あくまで完璧に電波を受信する状態の話であって、日常生活では様々な障害があるので全部が全部完璧に狂わないかというと、それは違います。


ではどんなとき狂うのか。


それは大きな衝撃を受けたときや強い磁気を受けたときです。

特に最近多いのは後者の強い磁気を受けることですね。
磁気を受けると基準位置というのがずれます。

要は基本が0時でないといけないのが2時にずれてしまう。
そうなるといくら電波を受けて時刻を自動修正かけても、基本が2時ずれているので、正確な時間+2時ということになり、狂うのです。


こうなると基本位置合わせというのをしなくてはいけなくなり、すっごく面倒です。
大抵の人は出来ずに時計屋さんに持ち込むことになると思います。



じゃあ磁気ってどこでうけるの??


ってなると思いますが、磁力は至る所にあります。
例えば、バッグに付いてるマグネットタイプのボタン、パソコン、携帯電話、ドアのマグネット、スピーカー、電子レンジ、磁気ネックレス・・・etc

数えればキリがないのですが、安心してください。
20cm程度離せばほとんど磁気の影響はなくなるらしいので、置く場所にさえ気をつければ大丈夫です



電波に限らず、時計に強い磁気を帯びていることが多いので、皆さんも時計の天敵である、磁気にはお気をつけ下さいね

このページのトップヘ