司法書士・行政書士オギノの【旅は道連れ世は情け】

司法書士法人・行政書士法人 名南経営 代表 荻野恭弘 公式ブログ

椅子を3つ繋げて眠る | 会社 | 残業 / フリー素材 / イラスト / ピープル


できる人になるために、磨くべき力の一つに、【洞察】があると思います。

これは、脳の働き方を知ると、わりと簡単にできるようになるようです。


あるチンパンジーを檻に入れ、手の届かないところにバナナをおき、その手前の手が届くところに短い棒きれをおき、真反対のこれまた手の届かないところに長い棒きれを置きます。

バナナに目がないそのチンパンジーは、最初は目の前の短い棒きれで、バナナを自分のほうへ引き寄せようとしますが、短い棒切れではバナナに届きません。

チンパンジーは、暴れだし、疲れ果てて、一旦休みます。

しかし、バナナから目を離しても、好きなバナナと使えない短い棒きれのことばかり考えています。

バナナを手にしたときのことおもってウキウキ・ワクワクです。

一休みして、檻の中をうろうろ回り始めると、「長い棒きれ」が目に入ってきました。

あ!

短い棒きれで長い棒きれをゲットし、長い棒きれでバナナを取れるじゃん。

ウッキー。めでたしめでたし。


このように、目当てがあり、その目当てを達成することを実現している自分にウキウキ・ワクワクしていると

脳は無意識にあらゆる情報を集め出し、あるとき突然、解決方法が現れるようです。

これが洞察というものだとおもいます。

このチンパンジーもうろうろ回って、長い棒きれがあると認知しただけではだめでした。

「短い棒きれで手繰り寄せることができるバナナに届くヤツ」

そうやって認知できたからこそ、つまり「関係に気づいた」からこそ、問題解決にいたったわけです。


このような賢い「脳の働かせ方」を意図的におこなうテクニックを、私は洞察力といっています。

非常に深いですが、だれでも使えるテクニックだとおもいます。


うまい脳の働かせ方のポイントは、目当てと達成を絞り込んで鮮明にイメージした後、しっかり休むこと。

つまり、夜は寝ること、週に一度は完全に休むこと。

そして、その取り組んでいる自分に惚れ惚れすること。ウキウキ、ワクワク。

目当てが壮大であればあるほど、長丁場になり、意識的に意欲を維持するのは疲れますから、勝手に脳が働くようにもって行かないと絶対に持続できず、そんな壮大な目当ての達成には至りませんよ。
いつか、自分さえ見失い、おしまいでしょう。

絞って・休んで・ワクワク。

それこそ、簡単でワクワクするではないですか。


世の中、働き方改革真っ盛りですが、こういう人の生理・機能を知り、楽に凄い叡智、凄い賢さを発揮しながら、仕事のやりかたの質を変化していけたら、働くことは最高だとおもいませんか。

そんな職場を目当てにしています^_^







中高生がなりたい職業ベスト1は?

多感な年頃の中高生が何になりたいか。

荻野は、小学校では登山家、中学校では警備員経由小説家、高等学校では音楽家、大学では悪徳経営者、社会人初期では内閣総理大臣が夢でした。

(「悪徳経営者」は、会社法と証取法(今の金商法)の効果的学習のため経済小説(清水一行とか)読みすぎたからという理由。)


さて、ここで、弁護士は中高生の夢ではなくなった。

もとから夢ではなく、夢のまた夢という意味か。

いや夢に描くようなものでなく一般的になったという意味か。

大学より前は存在をしらないという意味か。

どういう意味なのか分析はしません。

が、法律家が入ってないのは寂しいですね。


やはり、人気はエンジニアリング・・・。


法律分野だって、エンジニアリングしてシステムに載せて動かし、世界をより良い方向へ変えられますよ

といいたいです。


増えすぎて、うろたえて、少なくなっている法律の需要を、界内や業際とかで自分中心の議論をしているような
ことでは、変化ができませんし、何も発信できません。

若者に無視されてしまいます。

ほんとうに、近い将来、機械が「新人法律家」として登場するでしょうし。

老いも若きも、法律でも医療でもビジネスでもプロボノ活動でも、人間に残される仕事は、若い非常識な情熱ある超優秀な人間が、常識を真っ向から否定し、まったく今までにない視点で仮説を立て、日夜分析して、その結果、「世界中でこれに気づいたのは僕だけ・・・イヒヒ」などとほくそ笑み、世に出して、社会を変えていくようなことでしょう。

だれも考えていない=言語(数式を含む)化されていない。機械には知りえません。勝てます。


そんなことをしてくれる若者にどうしたら魅力ある世界を見せられるか。

夢にみてもらえるような明確なビジョンをもちたいですね。

http://biglife21.com/companies/11469/

昨日開催された名古屋ブロックチェーンセミナーにゲスト参加された清水社長。

京大、リーマン、MA、フィンテックスタートアップ

大変な経験しても、明るく明確で楽観的な世界観を描く若い優れた方々が増えてきました。

そこは自由なIT業界だから、われわれとは違う、といって、何もせず、現状維持し、そして優秀な若い人が減るに任せる士業界でも、明確で楽観的な世界観を描くことはできるはずできるはずです。

やるか、やらないか、強い想い次第ですね。

このページのトップヘ