司法書士・行政書士オギノの【旅は道連れ世は情け】

司法書士法人・行政書士法人 名南経営 代表 荻野恭弘 公式ブログ

それは睡眠。

睡眠の質の確保は、動物の生命に関わるテーマだと思います。

細胞の修復、免疫力の回復、
無用な事の忘却、記憶の定着。

自律神経がうまく働けば睡眠にはたいてい問題ありませんが、なかなかうまくいかないときもあります。

悩んだり、加齢で体調が狂ったり、飲みすぎたり。

睡眠導入の技術は、そんなときに威力を発揮します。

クスリやサプリメントもいいですが、自力で自律神経を整えてみると意外といいです。

簡単に言えば、身体の温度を上げて、頭の温度を下げる一連の自己暗示ですね。
頭寒足熱というやつです。
脳の大脳新皮質が暴走すると情動の辺縁系が視床下部に交感神経に活動指令を出して眠れませんが、この暴走を身体で受け止めてやる感じです。

人は眠ろうとアタマで考えれば考えるほど、眠りから遠ざかる。

人の集まりの組織も同じようなことがいえるかもしれませんね。

アタマは昼間は先頭で考え抜き、夜間はカラダが休まるように受け止めて温める。
そんな会社がうまくいっているような気がします。
仕組みがあるんですね。



日本人の同質性は、組織力を発揮するのに大変な威力を発揮しますね。

村八分にされないように、まわりに気をくばる。

お上は、絶対な存在。

下には厳しい規律を要求する。

そんな共同体が生存に必要不可欠。

書くとなんか、個人自由主義のアメリカなどに比べ、やな感じかもしれませんが。

弥生時代から3000年、実は人種の坩堝だったりする日本人の社会融和の知恵だと思います。

ただ行き過ぎると窮屈ですが。

今の時代に即した異端、異文化を取り入れる経験をして、あらたな時代へ乗り出すには、まず、自分にある壁を認識したいと思います。

インド出身の司法書士、行政書士が欲しいですね。

写真は当社とは関係ありません。

昨日

とある金融機関頭取からいただいた

大多数の地域金融機関の問題点。

できない理由をあげてやらない、、、。

まったくもって私たち士業に言われている感じでした。

守られている期間が長いとそうなる。

士業が変わり、地域金融機関も変わる。

この二つの柱が、

地域で時流をつかめば、日本は地域から変わる。

そんな確信を持って動かないと。


しかし仮想通貨はすごいな。

士業と銀行がはまるわけだわ。

今月緊急勉強会を実施しましょう。


このページのトップヘ