司法書士・行政書士オギノの【旅は道連れ世は情け】

司法書士法人・行政書士法人 名南経営 代表 荻野恭弘 公式ブログ

ユーザーエクスペリエンスにこだわってきた法律や会計の専門家はいるでしょうか

ボスがユーザーエクスペリエンスに関するレベルが高いのは当たり前。
それがトップセールスというものです。

そこに属するメンバーが、どうかという話です。

士業に限らず、永続している企業が共通してもつ文化、価値観、規律。

今流行りの、機械に代替されることを恐れているのは、顧客を見ていない人工知能未満の人材になりさがっている、成長していない証拠です。

こと専門家業における絶対的な顧客志向とは、ユーザーエクスペリエンスを磨くこと。士業では独占業務が100点満点で提供できるのは当たり前です。
プラスαが必要です。

それをしないで、ただ恐れるだけでは寂しい限りです。

仕事がなくなる・・・ありえません。
プラスαの創造力を機械に取って代わられるか。
ないでしょう。
人間の第六感ないし暗黙知による認識と判断すら、コンピューターはやりだすでしょうが、人が戦い、究極的に棲み分ける場所はそこにあると思います。




社会が明るくなると、いいことが多いと思います。

人が明るくなるには、エネルギーが必要だと思います。

エネルギーには、中学でやったレベルでは運動エネルギーと位置エネルギーがありましたね。

一つの世界にいる以上、物理で言えることは、心理でも当てはまるはず。

現世、この瞬間に、元気な人が未元気な人を持ち上げる。運動エネルギーによって。

そうすると未元気な人は高い場所に行き、位置エネルギーによる、おおきな力を手に入れ、またよく動き出す。

保存法則により、これが拡散しながら、繰り返される。

家族、会社、あらゆるチームに、朝のエネルギー開放は大事だと思います。

力持ち/ピクトグラム/3D/イラスト



2年前に出たP・ティールのゼロトゥワンは、刺激的でわかり難くて何回も読みました。

それでもわからないのでオーディオブックで何度も聞いたものです。


何事もわかりやすいのを求める原理主義が隆盛です。

原理主義では、子どもでもわかる主張と神の奇跡の二分法ですべて割り切られます。

それでは進化しない気がします。


異端はその真ん中に身をおき、真実を探します。だれも真実だとおもっていない真実を。

攻撃的で知的です。



さて、世界を掌握する。

インターネットにおいて、人の意図を推定して望む世界を見せることは日常茶飯事のように行われています。
 
この活動を通じて世界を手中に収めることができるようです。

おそらくこの活動以外にはないかなと。


キリスト教は20億人、イスラム教は16億人という信者がいるようですが、

インターネットのない時代には、2000年、あるいは1500年かかって意図と行動を同じくするこれだけの信者を獲得しました。

それもたいしたものです。

やはり神業です。

しかし、いまは12年前にできた友達SNSがあっという間に16億人を獲得し、彼らの意図と行動を制御しようと
しています。


人の意図と行動を支配する機械の圧倒的な活躍に直面した今年。

来年は、日本人でさえ、その恩恵の享受と代償の支払いを余儀なくされるでしょう。

「メキシコ国境に壁」

「イスラム教徒入国禁止」

【誰も賛成しないけど大事な真実】かどうかをすぐ検証できる仕掛けをもつところが

覇者になる時代

あいつバカじゃないのと言っている人間がバカを見る時代 

033-earth_free_image





 

このページのトップヘ