荻野恭弘の【幸福と安心の追求権】応援ブログ

司法書士法人・行政書士法人 名南経営 代表 荻野恭弘 公式ブログ                                                                21世紀の法律家のドメインは人々に自信を与え、より高度な幸福に向けて行動を起させることだと思います。法律家が自信を失ってどうする。

第2節 受託者

 

第24条 受託者は、民事訴訟に十分な能力を有する自然人または法人でなければならない。

法律または行政規定に定められた受託者の資格に関する他の規定がある場合は、それらの規定が優先する。

 

第25条 受託者は、信託文書の規定を遵守し、受益者の最善の利益のために信託業務を行うものとする。

信託財産の管理において、受託者は、誠実、誠意、慎重さ、効率性で義務を履行し、義務を果たすことに注意しなければならない。

 

第26条 この法律の規定により報酬を受けることを除いて、受託者は、当該信託財産を使用することにより、自己の利益を捜すことができない。

受託者は、前項の規定に違反して、信託財産を使用して自己の利益を追求する場合は、その利益を信託財産に統合する。

 

第27条 受託者は、信託財産を自己の財産に転換することはできない。

受託者が信託財産を自己の財産に変換する場合、その者は信託財産を元の状態に戻す。

信託財産に損失が生じた場合は、補償金を支払う責任を負うものとしる。

 

第28条 受託者は、信託書類に別段の定めがある場合又は委託者又は受益者が同意し、かつその取引が公正で行われている場合を除き、自己の財産と信託財産との間の相互取引、又は異なる委託者の信託財産間の取引をすることができない市場価格。

 受託者が前項の規定に違反して信託財産に損害を生じたときは、補償金を支払う義務を負う。

 

第29条 受託者は、自己の財産とは別に信託財産を管理し、別の会計帳簿を保持しなければならず、異なる委託者の信託財産についても同様のことを行うものとする。

 

第30条 受託者は、信託業務そのものを取扱うものとするが、信用文書が別段の定めがある場合には、委任することができる。

受託者は、法律に従い、他人が代わって信託業務を委託する場合、その者の業務執行行為について責任を負うものとする。

 

第31条 同一信託内に複数の受託者がいる場合、それらは共同受託者である。

共同運営者は共同して信託業務を行うものとするが、信託財産が別個に特定の業務を取り扱うことが規定されている場合は、そのような規定が優先される。

信託業務を共同で行う場合、共同理事会が互いに意見を異にした場合は、信託文書の規定に従って処理しなければならない。書類にこの点に関する条項がない場合には、委託者、受益者または関係当事者は決定を下すものとする。

 

第32条 信託業務の取扱いにおいて第三者に債務を負った共同受託者は、債務を清算す

るための共同責任といくつかの責任を負うものとする。いずれかの共同受託者に対する第三者の意向は、他の共同 受託者にも同様に有効である 。

共同運営者の1人が、その行為から逸脱した又は信託業務の不適切な取り扱いにより、信託財産を信託の目的に照らして処分した場合、又は信託財産に損失を生じた場合は、補償のための責任を負う。

 

第33条 受託者は、取扱う信託業務の完全な記録を保管しなければならない。

受託者は、毎年一定の間隔で定期的に、信託財産の運営および処分ならびにその財産に関連する収入および費用に関する委託者および受益者に報告するものとする。

受託者は、法律に従い、委託者、受益者および信託業務に関連する秘密の議事録を保管する義務を負うものとする。

 

第34条 受託者は、信託財産の限度額で信託受益者給付金を信託財産から払う義務を負う。

 

第35条 受託者は、信託文書で合意された報酬を受ける権利を有するものとする。文書にそのような合意がない場合は、協議の上、関連当事者が同意した補足的合意を行うことができる。事前または補足的な合意がない場合、報酬は求められない。

合意された報酬は、相談後に当事者によって与えられた同意を得て、増減することができる。

 

第36条 受託者が職務放棄をなし又は信託業務の不適切な取扱いにより、信託財産を信託目的に照らして処分又は信託財産に損失を生じたときは、財産を元の状態に戻すか、または補償をする。

 

第37条 信託業務の取扱いにおいて、受託者が支払った費用及び第三者に支払われた債務は、信託財産が負担するものとする。

受託者が自己の財産で事前にその支払を行う場合、受託者は信託財産を支払う 優先権 を有するものとする。

第三者に支払われた債務または行政上の任務の逸脱または信託業務の不適切な取り扱いの結果として被った損失は、その者自身の財産をもって負担される。

 

第38条 信託の設定後、受託者と受益者の同意を得て、受託者は辞任することができる。 

公共の福祉信託の受託者の辞任を定めるこの法律に他の規定があるときは、それらの規定が優先する。

受託者が辞任する場合、その者は、別の受託者が任命される前に、受託業務を管理する職務を引き続き行うものとする。

 

第39条 次のいずれかの状況において、受託者の任命は終了する。

 1)受託者の死亡。擬制死亡を含む。

 2)民事訴訟のための能力がないまたは制限されていると宣言されている場合。

 3)信託契約が解除されたか、破産宣告された。

 4)法律に従って解任されるか、または法的資格を失う。

 5)辞任するか、または解任される。

 6)法令または行政規定に定められたその他の事情。

受託者の任命が終了すると、後継者、遺産管理者、保護者または清算人は、信託財産を保持し、新受託者が信託業務を引き継ぐのを手助けしなければならない。

 

第40条 受託者の任命が終了した場合、新受託者は、信託文書の規定に従って任命されるものとする。

書類にそのような規定がない場合、委託者はその任命をしなければならない。

委託者が任命をしなかった場合、またはこれを行うことができない場合、受益者は1人を指定しなければならない。受益者が民事訴訟のための能力を持たないまたは制限された者である場合、その者の保護者は、法に従って、その者のために任命をしなければならない。

新受託者は、受託事業の取扱いにおいて前の受託者の権利義務を負う。

第41条本法第39条第3項から第6項のいずれかに該当すると判断され、その任命が終了したときは、委託業務に関する報告を作成し、新受託者への信託財産の引き渡し手続きをする。

前項の報告を受託者又は受益者が受理したときは、元受託者は、その者が犯した違法行為を除き、報告書に記載された問題の免除を受けるものとする。

 

第42条 共同信託会社の1人の任命が終了した場合、信託財産は残りの受託者により管理され処分されるものとする。






















遺言執行に引き続く、死後事務執行のため東本願寺を訪れたのですが、

やはり本廟は立派です。

御影堂でお経もあげていただき、一般門徒の方々から、なぜか御礼まで

いただきました。

無事完了して感無量です。


第4章 信託関係人

 

第1節 委託者

 

第19条 委託者は、民事訴訟のための完全な能力を有する自然人、法人又は法に従って設立された組織でなければならない。

 

第20条 委託者は、その信託財産に関する行政、使用及び処分並びに所得及び費用を知る権利並びにこれに関して受託者に説明を求める権利を有する。

委託者は、信託財産に関連する信託口座および信託業務を取り扱う過程で作成されたその他の書類を確認、転記または複製する権利を有する。

 

第21条 信託が作成された時点で予期せぬ特別の理由により、信託財産の管理方法が信託目的の実現に有利でない場合や受益者の利益に適合しない場合は、そのような方法を変更するよう受託者に依頼する。

 

第22条 受託者は、行財政上の逸失又は信託業務の不適切な取扱いにより、信託財産を信託目的に違反して処分したとき、又は信託財産に損失を生じたときは、そのような処分を解消し、その財産を元の状態に戻すか、または補償をするように受託者に求める権利を有する。

信託の目的の違反を知りながら行った信託財産の譲渡は、財産を受け入れる場合は、相手方は財産を返すか、補償をしなければなりない。

委託者が知りえた日から起算して一年以内に前項の申請権を行使しないときはその権利は消滅する。

 

第23条 受託者は、信託財産の処分、使用又は処分に際し、信託財産を信託目的に照らて処分又は重大な過失を行う場合には、信託財産又は信託財産の規定に基づき受託者を解任する権利を有する。

このページのトップヘ