中学生の時に公開されたアルパチーノ主演、ブライアンデパルマ監督、脚本オリバーストーンの映画です。

公開当時、血気盛んな同級生らと話題にしていました。


キューバ難民から麻薬王。からの滅亡。

無から有。からの無。

有から無。からの有。

優れた物語には無限ループがあります。

それを断ち切るところに感動がある。




結局、人は、変わらない。

変わるのは、死ぬ時だ。

成長は、死への道程。

苦しい、からのサトリ。

ならば、今、どう生きるか。

そんなことが、名作の骨子になっているのではないか。

古今東西の名著オリジナルを読み流す秋の夜に思います。



今年も読書週間が始まりました。