ひさびさに、信託の基本に立ち返りました。

場所は、大手法律事務所。

税務弁護士の先生から、あるスキームの説明。

法律では受託者は存在しますが、税制では受託者は存在しません。

と。

口で言うと簡単ですが、実務は大変です。

受託者は責任が重くて、権限も大きい。

受益者は責任ゼロだが、権限は大きい。

受託者が、本当に存在しないようにするために実態作りと証拠作りが大変ということです。

これら二人の権限を機能させる実態作りと証拠作りに勤しむプロに惚れ惚れします。

研鑽してまいります。